JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡

アクセスカウンタ

zoom RSS 苦しみはなぜ?

<<   作成日時 : 2018/02/28 19:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、ご自分を死から救う力のあるかたに、祈と願いとをささげ、そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられたのである。 彼は御子であられたにもかかわらず、さまざまの苦しみによって従順を学び、」ヘブル人への手紙 5:7-8

4月1日のイースターに向け、今はそれまでの約40日のイエス様の苦しみの期間として、四旬節、またはレントと言います。なぜイエス様はそこまで苦しみを受けたのか、いや私たちクリスチャンはなぜ苦しみを受けなければならないのか、考えてみましょう。

1番目、苦しみは私たちの罪の体や心を浄化し、信仰を美味しく美しくします。苦しみは信仰においては、塩のようなものです。塩は量は少ないですが、その役割は絶対的です。腐敗を防ぎ、美味しくするのです。

確かに誰もが苦しみを願わないかもしれないが、誰も苦しみなしには信仰を確立させることができないからです。苦しみの入ってない信仰は、まるでイーストのないパン、塩味のしない料理であり、中途半端な信仰になります。私たちの信仰の中に苦しみが骨のように入り、筋のように張ることで真の美しく硬い信仰が生まれるのです。なぜ苦難なしに信仰が成り立たないのか、理解できなかったり、認めたくなかったりする気持ちがありますが、大事なことは、多くの祝福の所々にそこそこの苦難が混ざって人間は美しくなるということです。祝福が外面的な成長のように見えることに対し、苦しみは内面的な成長をもっと強めるようになるからでしょう。

2番目は、信仰によって私たちは、真剣に、真実になり、神に出会えます。イエス様も苦しみの中で、真剣に涙を持って神に求めることができたのです。わたしたちの信仰もそうです。苦しみがあって初めて人々は、心から神を求め、その方と深く交感できるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
苦しみはなぜ? JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる