アクセスカウンタ

<<  2018年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
苦しみはなぜ?
「キリストは、その肉の生活の時には、激しい叫びと涙とをもって、ご自分を死から救う力のあるかたに、祈と願いとをささげ、そして、その深い信仰のゆえに聞きいれられたのである。 彼は御子であられたにもかかわらず、さまざまの苦しみによって従順を学び、」ヘブル人への手紙 5:7-8 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/28 19:21
福音の力に生きる(ルカ4:16−19)
「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油を注がれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕われ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、(ルカ4:18) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/25 18:49
この時代にもギデオンのような人が必要である(士師7:2,7)
7:2 そのとき、主はギデオンに仰せられた。「あなたといっしょにいる民は多すぎるから、わたしはミデヤン人を彼らの手に渡さない。イスラエルが『自分の手で自分を救った。』と言って、わたしに向かって誇るといけないから。 7:7そこで主はギデオンに仰せられた。「手で水をなめた三百人で、わたしはあなたがたを救い、ミデヤン人をあなたの手に渡す。残りの民はみな、それぞれ自分の家に帰らせよ。」(士師7:2,7) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/21 20:37
信仰の腐敗から自分を守る(Uコリント11:1-5)
クリスチャンとなって、死ぬほどまで堕落しないで生きるとは、素晴らしい。純粋な信仰を保つのはそう簡単ではない。何よりも人間の心の根は罪や欲、利己的な姿なので、つまり心を入れるの袋の材質は罪と欲なので信仰を放置すると、必ず堕落するようになる。私たちの心の中で神様が働きますが、同時に悪魔やサタンも働くので、ある意味私たちの心は戦争の場とも言える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/18 15:46
あなたの中で働く神様の業(ピリピ2:13)
神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/11 12:16
信仰者の財産目録
この前、ある牧師の話しを見たことがあります。ある会計士が貧しいが とても真面目な信者の税金報告書を 代わりに作成してあげようと尋ねました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/07 21:30
聖書的な物質管理(ルカ12:16-22)
1.金持ちの物質に対する考え方 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/06 15:56

<<  2018年2月のブログ記事  >> 

トップへ

JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡 2018年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる