祈りこそ根性が必要だ(ルカ18:1-8)

画像

きれいなお花も礼拝に用いられています。久木田さんの奉仕に感謝です。美しい花を通して神の素晴らしい創造の御わざを考えます。何がここまできれいにすることができるでしょう。ましてこれに勝る人間ならば、それはなんと素晴らしく美しいでしょう。


<聖書本文>
18:1 いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。
18:2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。
18:3 その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください。』と言っていた。
18:4 彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、
18:5 どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない。』と言った。」
18:6 主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。
18:7 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。
18:8 あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」

<説教>
きょうの新聞にはノアの箱舟という津波用の船がかなりに注文を受けているとニュースに出た。
地震や飢饉、部族戦争が頻発している。そしてリビアの独裁者が死んだ。様々な世界の動きがあったが、結論的には、地球は聖書のとおり週末に向けて走っていると思われる。

この女はもっているのが何もない。お金もこねもない。一番弱い立場の人である。裁判官は男であり高い職位の人である。したがって、一般に話すだけでは通じない。その上、この裁判官は悪い人であり、他人の話を聞かない存在である。ここでは、もう話は無理であり、勝負は決まっているように見える。しかし彼女はしつこく祈って結局裁判官から助けをもらうようになった。この話から、イエス様は祈りについて私たちに何を教えているのか? どういう姿勢で祈るべきだと教えているのか考えて見よう。

神様は人間に一番大事な特権を平等に与えた。つまりみんなに幸福への鍵を一個ずつ与えてくださった。それは何でも祈りによってすべてを手に入れることができるということで、この鍵はすべてのクリスチャンの特権である。しかしなぜ多くの人は祈りという鍵を使わず、神から答えをもらっていないだろうか?もちろん、一番の問題は祈らないことである。そして祈ってもすぐ失望して祈りを止めることである。これが一番の問題ではないだろうか?

飛行機の翼の1つが壊れてしまったらどうなるだろうか?
自転車のタイヤの1つが壊れたらどうなるか?
間違いなく飛行機は墜落し、自転車は倒れてしまう。

私たちクリスチャンがこの世を飛ぶために必要な2つの翼は、みことばと祈りである。どちらかが故障してしまうと、大変な問題が起こる。つまり、多くのクリスチャンが翼を失ったままソラを危険な状態で飛んでいる。故障したタイヤの自転車にのっているようである。みことばがなければ、祈りがなければ、両翼がないことであり、それは大変なことである。みことばと祈りがなければクリスチャンの生活は成り立たない。翼が故障した飛行機を見て皆さんはどう思うんだろうか?今皆さんの信仰生活は翼が壊れている故障した飛行機ではないですか?ソラを飛べない飛行機、つまりクリスチャンとして動くことのできない信仰者ではないでしょうか? 救われたとはいえ、飛行機であるとはいえ、飛べない飛行機、元気よく動けない信仰者ではないだろうか?翼を失った高のように人生の大きな夢を広げることもできないまま、もがいてはいないだろうか?

私たちはクリスチャンとして、必ずこの2つの翼を正常にするか、故障した翼を修理しなければならない。祈らない人は神の祝福は期待しないでください。神からの成功は期待しないほうがよいでしょう。たとえ祈りなくて成功したその成功は、あなたの毒になるかもしれない。祈りに失敗した人はすべてに失敗した人である。

1.いつもなんでも祈りの習慣
祈りの紐を逃してはならない。祈りの癖が必要である。祈りの習慣が大事である。何でも祈りによって問題を解決しましょう。ノンクリスチャンや祈り、神を知らない人のように、なんでも力や人に頼って問題を解決するのではなく、神様に祈って解決してもらうことが大事である。たしかに私たちは何でも、自分の力や他人の力、またはお金ですべてを解決しようとする傾向がある。決してそれでは、完全な解決にはならない。完璧で自分の他人も皆が葉Happyになるのは、祈りによって神様が答えてくださったときである。

1テサロニケ5:17絶えず祈りなさい。

私たちはどんなときにも祈りをする姿勢が必要である。小さいこと、大きいこと、自分でできないこと、自分でできること、何でも祈りから始める姿勢が必要である。感謝の祈り、お願いの祈り、反省の祈りなど、祈りから始まって祈りによって終わる。祈りは呼吸である。呼吸がなくなると、死んでしまう。今皆さんは生きていますか? あるいは死に掛かっていますか? 心臓が止まっているならば、酸素をつけるか、心肺蘇生のために心臓マッサージをする必要があるかもしれない。それで何とかしてもう一度呼吸を始めよう。自分の力で呼吸できる人は幸いである。呼吸が苦しくなると、酸素装置をつける。呼吸はいつもしなければならない。良いときも、悪いときも呼吸だけは続けるべきである。寝るときに、無呼吸の病気を持っている人がいる。これは重い病気である。いのちと直結するものである。私たちが祈らないのは無呼吸と同じ病気で危ない。

詩30:2 私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。
30:3 主よ。あなたは私のたましいをよみから引き上げ、私が穴に下って行かないように、私を生かしておかれました。詩30:2-3


他の人が祈ってくれるのもいいが、もっと大事なことは自分で祈ることが何よりも大事である。そうすると、初めて成長するようになる。祈りも代理でお願いしようとする人が多い。自分は祈らないで他人にお願いするだけで自分が祈らないのはよくない。祈りには自分ですること、他人ではできない。

祈りがなければ、すべてが絡む。祈ればすべてが解かれる。今はいくら環境がよくても祈らない人の人生は益々絡んでいく。したがって祈りに負けた人はすべてに負けた人である。祈りに失敗した人はすべてに失敗した人になる。

ダニエルの祈りを知っているだろう。彼は異国のバビロンに捕虜となり、そこで王の下で仕える仕事をした。またそこは偶像を拝んでいたので他の神に祈るか、拝むことが発覚すると殺される地であった。それでも彼は忙しい国事の合間を縫っていつも毎日3回自分の家に戻っては窓を開けて祈った。いくら忙しくても祈った。死を覚悟して彼は祈った。彼は祈ったら獅子の穴に投げ込まれるといわれても、彼は簡単に止めることはなかった。パウロは昼も夜も祈った。ダビデでもいつも涙をもって主に祈っていた。祈りなしに皆さんが仕事をするならば、それは高慢であり、真の信仰者ではない。祈りをしなくても何の抵抗もなく一日を過ごせるならば、皆さんは真の信仰者の姿ではないと思われる。

サムエルは、祈りを止めることが罪であると話している。罪に繋がるということであり、それを知りながら祈らないことはそれは罪である。

Ⅰサムエル12:23 私もまた、あなたがたのために祈るのをやめて主に罪を犯すことなど、とてもできない。私はあなたがたに、よい正しい道を教えよう。

皆さん、きょう朝は祈りましたか? きのうの朝、いや必ず朝ではなくてもいいですが、いつでもいいから、きのうは祈りましたか? 一昨日は祈りましたか? その前はどうでしたか? 皆さんの中で私はほぼ毎日祈らなくても元気に平気で生活していますよという方がいるでしょうか? これは大変なことです。本当にこういう生活は困ります。祈りましょう。誇りではありません。はずかいいことです。


2.しつこく祈る姿勢
この世で本当に偉大な人は大体しつこい人である。頭のいい人は少ない。それよりも大事なことはしつこいことである。しつこく仕事をする人は必ず成功する。100回断れてもくじけることなく続ける人は成功するしかない。トルストイは、「多くの人が世界を変えることは考えても自分を変えることはしない」と言う。大体の人は少し試練がきたり、苦しみがきたり、祈りが答えられなかったりするとすぐ絶望してしまう。きょうの彼女は何の力も、コネも、弁護士もいない。何一つこれというのはもっていない。しかし1つ、彼女が持っているのがある。それはしつこさであった。私はしつこさこそ一番重要な財産であり、能力や学歴、才能より優れたものだと思う。エジソンは、1つの発明をするのに、あるときは何万回の失敗を重ねた。ケネディ大統領は何回も落選しました。この前、韓国新聞に紹介されたおばあちゃんの話をしたが、あるおばあちゃんが運転免許に合格するまでなんと969回のチャレンジをしたという話をしたことがある。

ジョージミューラーの伝記を読んでみると、彼のしつこい祈りが目立つ。彼は約2000人の孤児を養った。彼の原則は絶対に人に頼らない。どんなことがあっても無理に人にお願いしない。徹底的に神様に祈って孤児院を経営することであった。しかし彼は最後に告白した。あんなに多い孤児たちに一回もご飯を与えないのはなかったと。2000人の孤児でしたら、また誰か定期的にお金をもらってするわけではないので、多分大変だったと思う。彼は毎日祈りによって子供たちを養った。祈っていれば、ある人が来て、1パウンドを寄付して帰ったり、また手紙が来てその中にお金が入っていたりしました。あるときは、人から大量の献金がもってきたりした。毎日こういう状況が続いたというが、しかし彼は揺らぐことがなかったと話している。絶対神様は導き、与えてくださるという確信を持っていたからである。彼は祈りが自分の仕事だった。彼は1,2回ではなく、何十回、何百回、あることは何千回祈りをした。ある友人の救いのためには52年間も祈ったという。そして彼がやっと救われた。つまり彼は、絶対神様は自分の祈りにこたえてくださる方だという確信と信仰をもっていた。

伝記のなかで彼と彼の妻は、一生恵むことをしようと決めていたとかかれていた。彼らは、「私が神様からもらったお金や財産を外部に注ぎ出したら、神様はもっと多くのことを私の中に注いで下さった」と話している。それで彼は貧しくても2分の1の献金をすることができたと話している。私もいつも皆さんに話している。お金は使うために与えられたということだと。使うところが明確でそれが神の御心であるならば、神様は必ずその必要を満たしてくださるはずである。使うところが明確ではないのに、お金くださいというのは、あまり説得力がないかと思う。皆さん、与えられた財産を神の御心にそって注いで見てはどうだろう。神の御心のために、あるいは神の御心にしたがって使って見てください。お金に対する信仰が大きくなります。だんだん、多く祝福される。絶対守られるという確信ができる。お金の奴隷からお金の真の支配者になる。私たちもそうである。多くの人は不思議な生き方だという。

3.恨みをもつ(切実で明確な祈りリスト)
いい加減な祈りではだめだ。つまり、今私が祈ることに対して必ず答えてもらえなければならないという切なる願いがあるか? 彼女は絶体絶命の祈りリストがあった。絶対これをしてもらわなければならないといった祈りがあった。それがあったから彼女はしつこく祈ることができた。してもしなくてもいいようなことは、なかなか力が入らない。皆さんも何でも祈りによって答えられるという生活を送りたいと強い願いが必要でしょう。


4.信仰をもって祈る
信仰はしつこさでもある。本当に信仰の強い人は、しつこい人である。信仰のない人はすぐ絶望する。少し問題や試練、苦しみがあれば止めてしまう。それは信仰ではない。ジョージ・ミューラーの話で言いましたが、彼の祈りには余裕がある。確信がある。それは絶対神様は私の祈りに答えてくださるという確信である。だから彼はどんな状況でも慌てない、どういうときにも感情的に揺らぐことがない。今まで導いてくださった方は、明日も私を一番よい方向に答え、導いてくださるという確信である。

ヘブル13:8 イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。

昨日あなたを導いてくださった神は、きょうも明日もあなたを同じく導いてくださるでしょう。方法は違うかもしれないけど。


皆さんの人生にかなえて生きたい、神の御心に沿った目標は何ですか?そういう目的をもってこつこつ祈りましょう。祈りの貯金をしましょう。祈りは絶対むだがありありません。もし、今何らかの理由で祈りの呼吸が止まっている方は、再び自力で呼吸をしましょう。祈りの翼が壊れた方はその翼を修復しましょう。祈りは趣味程度ではできません。仕事のように、いや仕事以上に祈りましょう。時間があるときだけで十分ではありません。食事を毎日3回くらいするならば、祈りも1日3回くらいは時間を出して呼吸しましょう。きょうも明日も無呼吸で時間を過ごすような危ない生活をやめ、今すぐ祈りの呼吸をすることをお勧めします。そのために、自分の祈りのところ、公園でも、家のある部屋でもよいでしょう。そこにけば祈りたくなる祈りの部屋を決めておくこと、また祈りも1日3回であるならば祈りの時間もある程度決めておきましょう。それを通して習慣を身に付けましょう。また、しつこく祈ることを試みましょう。今投げかけた祈りがいますか? 1ヶ月もなってないうちに、2ヶ月もなっていないうちに、あるいは6ヶ月祈ったのに、もう絶望してしまった祈りはありませんか? 再びその祈りに取り掛かりましょう。今年の最初に立てた目標や祈りリストは今どうなっていますか? きょうは皆さんの祈りの翼を修復する時間となることを祈ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とんぼ
2017年06月08日 14:13
祈りたいのですが、祈り方が分かりません。
教えて下さい。
paulkan
2017年06月08日 17:45
JOY CHURCHの牧師かんです。まず記事を読んでくれたんですね。とくに祈りに興味があるというのは素晴らしいです。ただ、あなた様がクリスチャンなのかどうかわからなく的確に説明が難しいかなとは思います。したがって普通の話しかできませんが、もしイエス様を信じた方であるならば、祈りは人生を生きていくための特別で最高の武器であります。ヨハネ福音書16:24にあるように、必ずイエス様の名前によって祈ることです。それで祈りの最後に”イエス様のお名前によって祈ります”という内容をつけるのです。イエス様が十字架で死なれたことによって私たちは神の子供となり、また神様に何でも祈ることができる特権が与えられたからです。したがって、あなたの必要をありのまま、神様に語ることです。形式はあまり大事ではありません。もしイエス様を受け入れていない方ならば、まずはイエス様との関係を作ってからがよいかと思います。また祈りたいことがあれば、クリスチャンの友たちにも祈ってくれるように要請してみてください。もっと強力な答えがあると思います。もっといろいろと話したいですが、ここではなかなかできずすいません。もっと詳細なことに対する質問がある場合は、以下の牧師メールまでどうぞ。kan@joychurch.jp
とんぼ
2017年06月09日 12:10
かん様、わざわざ長文のご返答ありがとうございます。
私は聖書には30年以上接しており、創造主の存在も確信していますが、23年前から中国に住んでおり教会には属しておらず正式な洗礼は受けていません。
祈りの重要さはわかるのですが、今までの自分の祈り方は本当に正しいのか? ただ、自分ひとりで「独り言」をつぶやいているだけではないのか? という不安があります。 正しい祈りと独り言とでは、何かハッキリとした違いがあるのでしょうか?

この記事へのトラックバック