JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡

アクセスカウンタ

zoom RSS 魂のオアシス、十字架(ヨハネ19:25)

<<   作成日時 : 2018/03/04 15:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヨハネ19:25 兵士たちはこのようなことをしたが、イエスの十字架のそばには、イエスの母と母の姉妹と、クロパの妻のマリヤとマグダラのマリヤが立っていた。

マタイ26:58 しかし、ペテロも遠くからイエスのあとをつけながら、大祭司の中庭まではいって行き、成り行きを見ようと役人たちといっしょにすわった。


きょうから3月いっぱいまで、4月1日イースターまでは、レントと言ってイエス様が受けた十字架での厳しい苦しみを記念する時期である。それで、これからはそれにそってキリストの苦しみ等を主題とした説教をしたいと思います。
ここには、二部類の人がいる。一人は十字架のイエス様にしっかりくっついていた人、もう一人は十字架から遠ざかっていた人が登場する。つまり十字架との距離であるが、それはあなたの信仰をあらわすバロメーターである。今あなたは十字架とどのような位置関係にあるのか?

砂漠が少しは美しく見える理由はオアシスがあるためで砂漠は渇きだけではなく絶望の場所である。終わりのないような苦しみが続くと、人間は絶望する。この世も悪や罪、苦しみだけが続くと絶望するしかない。そして死後も地獄というもっと厳しい砂漠が続くのはもう耐えられない。しかしそこに存在するオアシスのため、真の安息・休みがある。

1.十字架は愛と恵みのオアシス
このオアシスに行けば、あなたを愛する人に出会える。あなたがどんな人、どんな罪人、とんな弱い人であれ、関係なくあなたのありのままを受け入れてくれる。お金を出すとか、条件があるとか、なにもない。誰でも差別を受けることない。何回でもいつでも拒否されることがないのがこの十字架のオアシスである。

ヨハネ4:14しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」

イザヤ55:1ああ。渇いている者はみな、水を求めて出て来い。金のない者も。さあ、穀物を買って食べよ。さあ、金を払わないで、穀物を買い、代価を払わないで、ぶどう酒と乳を買え。
2なぜ、あなたがたは、食糧にもならない物のために金を払い、腹を満たさない物のために労するのか。わたしに聞き従い、良い物を食べよ。そうすれば、あなたがたは脂肪で元気づこう。
3耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。わたしはあなたがたととこしえの契約、ダビデへの変わらない愛の契約を結ぶ。

あなたを罪の呪いや罰から、あなたを救うためにご自身のいのちを捨てた愛の痕がなまなましく残っているところが十字架である。病者、罪人、弱者、誰でもきなさいとイエス様は話す。

その十字架のところには、愛の反対、差別、刑罰、恐れ、さばきがなくなる。恐れが消え、苦しみや絶望が消え、空しさや迷いが消え、新しいいのちと平安、恵み、喜び、大胆さが与えられる。このオアシスは、深くて渇くことがない。このオアシスに行く人は、その十字架から流れる恵み、いのちの水をただでもらえる。

あなたの魂を生かし、今までとは違う人生を与える。この水を飲むものは永遠に乾かない。この水は、永遠に湧き続ける。一回も渇くことがない。いつでも行けばいのちの水がそこにある。

キリストご自身の最高のいのちを、最低の罪人のために、惜しむことなく与えてくださる。最高の天国の祝福がそこにある。

あの見すぼらしい、冷たい十字架から、あの痛々しい苦しみとその血から、最高の熱い愛と恵みがあふれ出る。そこに行った人は救われ、新しなり、人生が変えられた。

2.全ての罪を清める洗い場  
十字架のオアシスは、ただの水ではなくイエス様の血によってできたので、飲むだけではなく、数々の汚い、恥ずかしい、恐ろしい罪を洗うことができるところである。罪の種類、軽重、長さ、酷さに関係なく完全に綺麗にすることができる。今日、あなたのすべての罪はオアシスの十字架に行かないので問題となっているだけである。

エレミヤ2:22たとい、あなたがソーダで身を洗い、たくさんの灰汁を使っても、あなたの咎は、わたしの前では汚れている。―神である主の御告げ。―

イザヤ1:18 「さあ、来たれ。論じ合おう。」と主は仰せられる。「たとい、あなたがたの罪が緋のように赤くても、雪のように白くなる。たとい、紅のように赤くても、羊の毛のようになる。

3.全ての苦しみや苦痛を耐えるようにする力
ここに行けば、力と勇気、大胆さをもらえる。生きる力、生きる価値、生きる目的、生きる方向、生きる喜び、などをそこで発見できる。他のところでは、見つける方法がない。この世でいくら探し回ってもそれは見つからない。永遠の神様、天国とつながっているこの十字架のオアシス以外では、それは見つからない。パウロも、そうだった、サマリヤの女もそうだった。弟子たちもそうだった。私もそうだった。この世には、価値混乱で、価値のないことが最高に価値あるとダマしている。本当に価値ある永遠なることには、あまり価値ないとする。この世の教育だけにすると、必ずこういう歪曲された価値観によって騙された人生を送り、無駄な人生を生きる可能性が高い。それで聖書的な教育が必要である。

ヨハネ14:27 わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

Uテモテ1:7 神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。

ペテロは十字架から遠く離れて生きていましたが、それで彼は誘惑に陥り、キリストを否認した。しかしマリヤらのようにしっかり十字架についていた。

地球や恒星の中心は、太陽である。太陽を中心に回るときは、問題ない。私たちも、キリスト、その十字架を中心に生きる人は問題ないが、この軌道から離脱すると、その人生はもうどうなるか分からない。この女性たちはいつもイエス様を中心に生活していた。いつでもイエス様が必要な時には使える準備をしていた。彼女たちはその十字架から様々な祝福を受けて生きた。惑わされることなく人生を生きることができた。

皆さん、毎日水汲み、恵みくみにこの十儒家に出ていこうではありませんか。飲む水、洗う水、毎日私たちは水が必要である。同じく私たち、クリスチャンはもう一つこの十字架のオアシスの水を飲む必要がある。

毎日十字架を黙想する、毎日祈りをもって、みことばをもって十字架のイエス様に近づいていこうではありませんか。もちろん、その前にこの十字架のイエス様をしっかり救い主として心に受け入れることが前提である。

実践
@十字架やイエス様に関する本読み(無理な方は福音書どれでも一つ、または関連説教) A断食(期間中合わせて3食)Bキリスト関連映画観る C祈り会参加 Dギャンブル・賭博・お酒から離れる

祈り
天の父なる神様、きょうも主の御手に守られ感謝します。きょう、十字架という魂のオアシスと共に生きることについて考えてみました。その十字架こそ私たちに必要なすべて、恵み、愛、罪の赦し、恐れのない平安、安息、喜び、感謝、生きる意味や価値を与えてくれるところです。私たちすべてがこの十字架に毎日近づき、恵み豊かな信仰生活を送ることができますように。このイエス様を中心としてその周りをしっかり回る人生となりますように。この世の乱れた価値観に巻き込まれることがないように願います。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魂のオアシス、十字架(ヨハネ19:25) JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる