最後の5分

1849年12月、ロシア
セミョニョプ広場に位置する
死刑場死刑台の上に
 
反体制の疑いで捕えられてきた
28歲の青年が立っていました。
 
執行官が叫びました。
「死刑前、最後の5分を与える。 "
 
わずか5分の死刑囚は絶望しました。
「私の人生が5分後に終わりだなんて、
私はこの5分の間に何ができるのだろうか?」
 
彼は最初、家族と
同僚を考えて祈りました。

「愛する私の家族と
友人が先に死んでいく
私を許し私のために
 あまりに多くの涙を流さないように。
そしてそこまで悲しまないように」
 
執行官は、2分経過を発表しました。
 
「後悔の時間もたりないな!
私は、なぜあんなに無駄な時間を生きたのか?
刹那の時間であっても欲しいな!"
 
ついに執行官は
最後の1分を知らせました。
  
死刑囚は恐怖に震えながら
周りを見てみました。
「鋭い激しい風も今感じることができないんだな、
 
私の裸足に伝わる
土地の冷気も感じ得ない、
見ることも、触ることもできないんだな、
すべてが惜しく残念だ!」
 
死刑囚は
世の大切さに
涙を流しました。
  
「さあ、執行が始まるでしょう。」
 
人の足音が聞こえ
射撃のために隊列を整える音が聞こえました。
 
「もっと生きたい。
もう少し少しでも...

「ガチャ」弾丸を装填する音が
彼の心に穴を開けました。
  
ところが、まさにその瞬間
「やめなさい。刑の執行を停止してください!」
兵士が白いタオルを振って
刑場に走ってきました。
 
死刑の代わりに流刑にするという
皇帝の急迫した命令でした。
 
かろうじて死刑から免れ
死刑囚は死の寸前
劇的に戻ってきました。
  
その死刑囚は誰でしょう。

ロシア大文豪
ドストエフスキーでした。
 
死の恐怖から帰ってきたその日の夜
ドストエフスキーは
弟に手紙を書いた。

「過去を振り返ってみて
ミスや怠惰に
無駄な日々を送っていたことを考えると
心臓が止まりそうだ!
  
人生は神の贈り物、すべての瞬間は
永遠の幸せであることを
少し若いときに知っていたら...
 
今私の人生は変わるだろう。
生まれ変わるということだ。」
 
以降シベリアで送った4年の
収容所流刑生活は彼の人生で
最も貴重な人生になりました。
  
酷寒の中で、なんと5kgもある
足かせをぶら下げたまま過ごしながらも
創作活動に没頭しました。
 
書き込みが許されなかった流刑生活だったが
時間を無駄にすることはできず、
紙の代わりに
頭の中で小説を書き始めた
すべてを覚えてしまうまでしました。
  
流刑生活を終えた後、
外の世界に出たドストエフスキーは
 
人生は5分の連続という覚悟で
小説を書くことに没頭した。

1881年目を閉じるまで
 数々の不朽の名作を発表しました。
 
「罪と罰」、
「カラマーゾフの兄弟たち "、
「永遠の出会い」など
  
今までも広く愛される作品を書いたドストエフスキーは
後日「白痴」という
長編小説でこう書きました。
 
「私に最後の5分が与えられたならば
2分は同志との別れており、
 
2分は人生を振り返ってみる、
そして最後の1分は
世界を眺めるのに使いたい。
  
いつもこの世界で
息をする時間はわずか5分だけだ。」
 
ドストエフスキーがその死刑で
死ななかったことはまだ神の定められた
時ではなかったことであり
 なにかの目的と計画が
あったからでしょう。
  
私たちはしばしば時間はお金と呼びます。
しかし、時間は命です。
私たちに与えられた命が時間です。
 
モンテーニュはこのような言葉をしました。
「誰があなたにお金を貸してほしいといえば
あなたは躊躇するだろう。
  
ところが、ここで遊ぼうとすれば、
あなたは快く応じるだろう。
人はお金より時間を貸すことが簡単だと思います。
 
もし人々がお金を節約するように
時間を節約するならば、その人は
他人のために、より大きなことをして
大きく成功する」
 
時間を管理することを知っている人は、
賢い人です。

時間と年齢はつかまえることができませんので、
よく管理する必要があります。
時間管理は、優先順位を
管理することです。
 
優先順位を適切に管理するためには、
最も重要なこと、
最も本質的なことが
何なのか見分ける必要があります。
 
時間管理は、人生の管理です。
人生の管理は、自己管理です。
時間をどこに使うかによって
私たちの未来は変わります。
  
時間を征服するためには、
自分を征服すること。
自分を征服するためには、
夜明けを征服することです。
 
私に与えられた貴重な日々
一日一日を「ドストエフスキー」が感じた
最後の5分のように大事にしよう。

今度、いつかといった言い訳
その言い訳に支配されない。

今日、私たちに許された
1日が幸せな日となるために
最善を尽くしますように。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック