感謝の告白か後悔の嘆きか

十字架上の七言
1: “そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。”(ルカ23:34).
2: “イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」”(ルカ23:43).
3: “26イエスは、母と、そばに立っている愛する弟子とを見て、母に「女の方。そこに、あなたの息子がいます。」と言われた。27それからその弟子に「そこに、あなたの母がいます。」と言われた。その時から、この弟子は彼女を自分の家に引き取った。”(ヨハネ19:26-27).
4: “三時ごろ、イエスは大声で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」と叫ばれた。これは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」という意味である。”(マタイ27:46).
5: “この後、イエスは、すべてのことが完了したのを知って、聖書が成就するために、「わたしは渇く。」と言われた。”(ヨハネ19:28).
6: “イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した。」と言われた。そして、頭を垂れて、霊をお渡しになった。”(ヨハネ19:30).
7: “イエスは大声で叫んで、言われた。「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。”(ルカ23:46).


<本論>

きょうは、このうち、4,5、6番目のことを考えてみる。

4: 「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」(マタイ27:46).


詩篇22:1わが神、わが神。どうして、私をお見捨てになったのですか。遠く離れて私をお救いにならないのですか。私のうめきのことばにも。

これはイエス様ご自身がが捨てられたという呻きです。イエス様は、弟子たちから捨てられました。そして多くの人々からも捨てられました。そして、十字架にかかる前に何とかこの杯を飲まなくてよいならばお願いしますと、神に祈りましたが、それも無視され、捨てられました。結局、救い主と言うくせに人々によって十字架にかけられ、凄惨な姿で死なせられたのです。最後の砦である神様からも、この愛する御父からも完全に捨てられました。

このイエス様が捨てられたのは、なぜですか。
それは私たちが救われるようにするためでした。キリストが十字架で捨てられ、そのおかげで私たちは救われるようになった。キリストが十字架の上で私たちの罪を背負って捨てられ、死ぬことで私たちの罪は赦されるようになった。

実は、このイエス様の嘆きのことばは、いつか死後私たちが同じ嘆きのセリフをしなくてもよいようにするためです。もし今あなたがこのイエス様の嘆きのことばを聞いてその方にすがることをしないならば、あなたは死後裁きの座に立った時に、そして滅びの国に行くようになったときに、”なぜわたしを捨てるのですか”という嘆きのセリフを、泣きながら繰り返すようになるかもしれない。

今このこのイエスを受け入れないと、いつか私たちはこのセリフを、何回も繰り返すようになるでしょう。その時は、本当に絶望です。そういう事態が起こらないように祈ります。

5: 「わたしは渇く。」”(ヨハネ19:28).

イエス様は、また渇くと、その苦しみを表現しました。これは、実はイエス様を信じないで滅びの地獄の火に投げられる人々のセリフです。あなたが将来滅びの国で、このセリフをしなくてもよいように、イエスは十字架の苦しみと渇きをもろもろ経験されたのです。

ルカの福音書16章に、金持ちと乞食のラザロの話が出ます。そこには、ラザロが天国に行き、金持ちが滅びの地獄に行った時の会話です。

24彼は叫んで言った。『父アブラハムさま。私をあわれんでください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすように、ラザロをよこしてください。私はこの炎の中で、苦しくてたまりません。』

そこで、金持ちが地獄に行って初めて発したセリフが何でしょう。”水一滴をくれ”でした。渇いて渇いて苦しむ金持ちのセリフ、最初のセリフです。イエス様がこういう苦しみを受けなくてもよいようにと、あなたのために前もって苦しみを受け、渇きながら字架を背負って死んでくれました。いつかあなたが、”渇いていられないから、水一滴でもくれ”というセリフを発することがないようにするためでした。このイエス様の十字架の渇きは、将来あなたが渇きの苦痛から解放されるようにするためのこととして信じて受け入れる必要があります。

6: 「完了した。」”(ヨハネ19:30).

完了したという単語は、ギリシャ語Tetevlestaiという。その意味は、負債を完済したという意味です。つまり、私たち罪人たちの罪を赦してもらうために必要な代価を全部支払ったという意味です。したがって、あなたの罪は全部キリストの十字架によってきれいに赦してもらえるようになったのです。キリストの十字架での死は、どんなに厳しい罪でも赦されるのに十分な代価です。いくらどんな罪でもです。このセリフは、実は信じる者が裁きの座に立った時に、言うセリフです。私の力や功績で救われたのではなく、ひたすらキリストが私の救いのために必要なことを全部してくれたということで、”イエス様が私の救いのことを完了してくださった”と告白するでしょう。

Ⅰペテロ2:24 そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

罪の赦しと救いのために必要なことを全部イエス様がしてくれたので、実は私たちが何かをする必要はありません。ただ、そのイエス様のされたことを感謝し、キリストを救い主として受け入れるだけでよいのです。

つまり、イエス様を救い主としてあなたが受け入れることさえすれば、あなたは救われます。それだけで十分です。それはイエス様が全部してくれたからです。これもしないならば、もうどうしようもないでしょう。このイエス様を受け入れるだけのこともしないで、神が人間を地獄に行くようにしたとか、なぜわたしがとかの不平はできません。ご飯とおかずまで用意して目の前に持ってきてくれたのに、それを食べないで、お腹がすいて死ぬということでは話になりません。

最後に
①この方の苦しみは、実はいつか自分が受けるべきことの再現ですので、この方の苦しみを心と体から感じ、感謝しよう。

②「渇いた」、「エリエリレマサバクタニ」というセリフを滅びの国に行って嘆きながら繰り返さないようにするためにも、この方の言われた「あなたの救いに必要なすべてを完了した」というセリフに甘えて、キリストを受け入れましょう。 

『イエス様、あなた様は私の罪を背負ってそこまで厳しい苦しみを受けました。実はその苦しみはいつか私が自分の罪のために受けるべきことでした。しかし、あなたさまが私の罪の赦しに必要なすべての代価を十字架での死をもって完済してくれたこと、感謝します。ありがとうございます。今私は自分の罪を認め、あなたの十字架での死のおかげで罪が赦されたことを喜びをもって受け入れます。私の罪の赦しと救いのために死ぬことさえ惜しまなかったイエス様を、私の救い主として、今私の心の中にお迎えしたいと思います。どうぞ、私の心の中にお入りください。そして私の人生をお導き下さい。イエス様のお名前によってお祈りします。アーメン』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック