ダニエルと3人の友たちの信仰(ダニエル1:1-16)

1567321907838.jpgダニエル書は黙示録と一緒に難解な部分が多い。この部分の解釈が行き過ぎると、異端というレッテルが張られたりする。普遍的な解釈が必要である。
きょうからは、ダニエル書の歴史関連の学びをする。聖書のすばらしさを改めて考えることと思います。同時に、若いダニエルとその3人の友たちの信仰を考えてみたい。先週私が人間が神様に近づく道として、科学的接近、歴史的接近、個人的な感動と体験の三つを話した。私は、この3つが全部あったが、それは強烈だった。

ダニエル書には、イスラエルが歴史への予言だけではなく、世界歴史が予言されていてその通りになった。これについては来週学んでみたいと思う。

●5大帝国(ダニエル2章・10章・11章):アッシリア、バビロン、ペルシャ、マケドニア、ローマ

●ダニエルがなぜバビロンにいたのか。
南ユダの末期の悲劇 - 予言者エレミヤの寂しい戦い。

すでに北イスラエルがアッシリアに滅びて(BC722年)約120年が経ち、今度は南ユダがバビロンによって3回に分かれて捕虜として連れていかれる(BC605,597,586)。その一次捕虜期間にこのダニエルがバビロンに行くようになった。最終的には、大体の人は連れていかれた。そしてエルサレム城は破壊され、中の器具も全部持って行った。この時、エルサレム城が包囲され、食べ物がなく、子供を食べるところまで行った(哀歌4:10)。

●ダニエル書の全体的内容:①神様の統治、②信仰の戦いと力、③イスラエル民に希望を与え、ダニエルが自分よりも先の予言書を用いてクロス王を諭す

●ダニエルの役割:自分より先に予言者として活動していたイザヤやエレミヤの予言書をもって王を諭すことに務めた。
イザヤ44:28わたしはクロスに向かっては、『わたしの牧者、わたしの望む事をみな成し遂げる。』と言う。エルサレムに向かっては、『再建される。神殿は、その基が据えられる。』と言う。」

イザヤ45:1 主は、油そそがれた者クロスに、こう仰せられた。「わたしは彼の右手を握り、彼の前に諸国を下らせ、王たちの腰の帯を解き、彼の前にとびらを開いて、その門を閉じさせないようにする。

エレミヤ25:6 ほかの神々に従い、それに仕え、それを拝んではならない。あなたがたが手で造った物によって、わたしの怒りを引き起こしてはならない。そうでないと、わたしもあなたがたにわざわいを与える。

エレミヤ25:12七十年の終わりに、わたしはバビロンの王とその民、―主の御告げ。―またカルデヤ人の地を、彼らの咎のゆえに罰し、これを永遠に荒れ果てた地とする。



●ダニエル一行の信仰からの教訓:1章、3章、6章。若いのに決断と自制が立派だった。しない、することを決め、それを貫いた。

ダニエル1:8 ダニエルは、王の食べるごちそうや王の飲むぶどう酒で身を汚すまいと心に定め、身を汚さないようにさせてくれ、と宦官の長に願った。

ダニエル3:16シャデラク、メシャク、アベデ・ネゴはネブカデネザル王に言った。「私たちはこのことについて、あなたにお答えする必要はありません。3:17もし、そうなれば、私たちの仕える神は、火の燃える炉から私たちを救い出すことができます。王よ。神は私たちをあなたの手から救い出します。3:18しかし、もしそうでなくても、王よ、ご承知ください。私たちはあなたの神々に仕えず、あなたが立てた金の像を拝むこともしません。」

ダニエル6:10ダニエルは、その文書の署名がされたことを知って自分の家に帰った。―彼の屋上の部屋の窓はエルサレムに向かってあいていた。―彼は、いつものように、日に三度、ひざまずき、彼の神の前に祈り、感謝していた。6:11すると、この者たちは申し合わせてやって来て、ダニエルが神に祈願し、哀願しているのを見た。


ダニエルは、信仰に対しては王と対立しましたが、しかし王は彼を好きになった。人の話を全部聞いてあげるから関係がよくなるわけではない。神様にしたがっていけば人間関係がよくなる。

今のこの時代にも信仰的に生きようとすると、そこには何らかの戦いがある。しかし、神様はそれ以上の力をもって私たちを守ってくださる。ダニエルとその3人の友たちのように、若い時から、早い時から自分なりの信仰的な原則を決めていけば、きっと成長する。もちろん、若い時の自制はなかなか難しいが、そういうことも備えると、きっと神様に大きく用いられるだろう。

結びの祈り
天の父なる神様! きょうはダニエル書を通して世界歴史を主管する神様の偉大さ、またそのダニエル一行の信仰を通して信仰の偉大さと力を知ることができました。この世のすべて、そして私個人の歴史一つ一つがこの神様の手にあることを認めます。この世で一番尊い、一番力強いのが、神様を知る真理であることも改めてか確認できました。どうぞ、私も若いダニエル一行がそこまで守ろうとした信仰のすばらしさに気づき、その信仰に見習って今のこの世をしっかり歩むことができますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント