「神様に知られているという恵み」ルカ福音書19:1〜10

今日の話しはクリスチャンになって長い人にとっては何度も何度も聴いた事のあるはなしです。

それはザアカイと呼ばれる人がイエス様に出会って人生が180度変わってしまった話しです。

ザアカイは取税人の頭と書いてますね。
取税人とは税をとりたてる仕事です。
当時ユダヤの国は、ローマ帝国の支配下でした。

ローマ帝国は、支配下のユダヤ人から税金をとっていました。

取税人自身もユダヤ人だったので、
同じユダヤ人から非常に嫌われる仕事でした。

更に取税人たちは、ローマ帝国が決めた額より多くの金額をとって、それを自分の物にするという事をしていました。

取税人たちはそういう意味で、当時は、遊女や罪人たち同様に神様の祝福を受けるのに値しない人としてされていました。

ザアカイという名前の意味は、
「清い人」と意味らしいです。

ザアカイの気持ちをイメージするとどうでしょうか。

お金は非常に沢山もっています。

しかし、いくらお金を集めても埋まらない心の虚しさ。

金銭を愛する者は金銭に満足しない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、空しい。」(伝道者の書5:10)

と書いてある通りです。

そういう意味でザアカイはきっとコンプレックスの塊だったと思うんです。

だからこそザアカイは思ったのでしょう。

イエスキリストに出会えると人生変わるかも知れない!と。

自分みたいな嫌われていて悪いことばかりしている自分にも何か、何かを変えてくれるんじゃないか?

そんな期待をしてイエス様に会いに行ったのではないでしょうか?

人が神様を求める時の様子です。

なんかかわれるかもしれない、

一目みるだけで

ザアカイは群衆をかき分けてイエス様を見ようとした。

しかし、背が低くて見えない、

木があった!

もうのぼるしかない!

大の大人が木に登りますか?

絶対に登りませんよね。

それどころじゃなかったのです。

必死に登ってイエス様を見つめた瞬間、

ザアカイ早く降りてきなさい!

このイエス様の一言ですね。

何で自分の事知ってるの?
って思ったでしょうね。

嫌われもので、神様の祝福からもっとも遠いとされてた自分みたいな人間の名前を、イエス様は既に知っていた。

しかも、今日泊まりに来ることにしてると。

この瞬間、イエス様に出会ったザアカイは、救われた、そして変えられました。

そして悔い改めて、貧しい人にお金をほどこして、騙しとった人には4倍にしてかえします。と全く別の人間になってしまった。

救われた人間が結果として180度違う人間になってしまったいう話しです。

これは救われた結果、価値観が変わり行動が変わったとい意味があります。

決して人に施す事が救いの条件では無いという意味があります。



全ての人がザアカイみたいにコンプレックスに悩み、

自分は価値が無いと思っているのでは無いでしょうか?

私も人生の中で特に思春期の頃に、
そういうものを強く感じる時期がありました。


自分が秀でたと思っていたものが
周りと比べると大した事が無いと気づいてしまったのですね。

人と比べることで得る自信って非常に脆いんですよね。

状況によってすぐ変わる。

ザアカイと状況は違いますが、

本質的に変わらないと思うんです。

そんなコンプレックスを強く感じた高校生を過ごしてきた自分が、


大学生になって、イエス様に出会って、救われて、

本当に正しく自分の価値観を持つことができるようになりました。

それは、私という存在そのものに価値があると言うことを知ることです。

そして「私は神様に知られている」という価値。

この世界は、多くの人に知られているということが価値があるとされてますね。

有名人は沢山の人に知られているほど価値があると思います。


それよりも神様が自分を知ってくれているという事の方がどれだけ価値がある事では無いでしょうか?

全てを作られた存在ですからね。

僕が聖書を読んで、神様を知った、出会ったと思ってました。

神様は私を知っていて、そして導びかれたということが正しいんです。


神様に知られてるっていうこと自体が恵みなんだと感じて今日の説教に繋がりました。

その後ザアカイはパウロの伝道を助けて、カイサリアの主教となり平安に永眠したと伝えられています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント