見える世界、見えない世界のどちらを追求すべきですか(Ⅱコリント4:7-9, 16-18)

7 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。
8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。
9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。

16 ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。
17 今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。
18 私たちは、見えるものにではなく、見えないものにこそ目を留めます。見えるものは一時的であり、見えないものはいつまでも続くからです。


1.対照的なことばの登場
きょうのこの箇所には、多くの対照的なことばが登場する。7節に、土の器と宝、16節に外なる人と内なる人、17節に今の時の軽い艱難と重たい永遠の栄光、18節に見えるものは一時的で、見えないものがいつまでも続くとなっている。

ここで見えるものとはこの世のことであり、見えないものとは神様、キリストが働く世界である。もちろんいずれかこの世は終わって神が支配する世界に変わるけれども、その国が今は見えない。けど存在するし、将来現れる国である。見える今の世界はみんなが知っている。もう一つ、見えない神様の世界があることを教えている。それは天と地の違いをもたらすのである。この2つの世界に起因する2つの観点、そしてそれらの意味について考えてみよう。

2.2つの世界観
当然、聖書を知らない時、いや神様を知らなかった時に、私たちには一つの世界しかなかった。つまり、私たちの頭の中には、この世という世界観しかなかったのである。しかし、神様を知ってから、私たちはもう一つの世界、見えない世界があることを知り、2つの世界観ができるようになった。そして時々、この二つの世界観が衝突したりする。

★海の世界:大体海は外側しか見えないが、実際海の下にも美しい世界が存在する。同じく今までの見える世界に比べると、見えない世界ははるかに広い世界であり、私たちの視野が大きく広がる。

★氷河の動きは実は海の下の潮流によって左右される。見える表面によって動いてはいない。同じくこの見える世界も見えない世界、神様によって動かされている。ヘブル11:3節に書かれている。つまり、この見える世界は見えない神様によって作られ、動かされているということである。

信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。

★今まではこの見えない世界については盲目であったかもしれない。みなさん、目が見えない方を考えてみてください。どれほど、もう一つの見える世界を憧れているだろうか。もし、見えるようになったら、すごい世界を見てどれほど感動するようになるだろう。その方たちも、見える世界、見えない世界の2つを持っている。

★見えない世界に対し盲目である私たちも、もう一つの世界が見えるようになったら、どれほど感動するだろう。もちろん、この見えない世界は今もわかるが、私たちが死んでから本格的に入るところで、それまでは肉眼で見ることはできない。しかし、その国は永遠である。

★この見えない世界は、イエスキリストの神様が支配し、見えるこの世は実は悪魔が強く働き、人間を惑わし、人間が神を知ることができないように働いている。下の聖句には、悪魔は人間が神様の光に当たらないようにと、それぞれの心をくるませる働きに専念していると書かれている。

Ⅱコリント4:4そのばあい、この世の神が不信者の思いをくらませて、神のかたちであるキリストの栄光にかかわる福音の光を輝かせないようにしているのです。

実は見える世界は、トリックによっていくらでも簡単に騙される。見えるというのは決して強くなくもろい。だからマジックの世界が存在する。簡単に人の目をだますのである。そういう見える世界だけを頼って生きるとは、ある意味怖いし、正しいとは言えない。見えるって、そこまで確かなことではないという意味である。あまり目に見えるこの世を信じすぎても困るし、危ない。

★アメージンググレイスを作詞したジョンニュートンは、この見えない、神の世界を今までは知らなくて、自分は盲人だったと話し、しかし今は見えると話す。

Amazing grace! (how sweet the sound)
That savd a wretch like me!
I once was lost, but now am found.
Was blind, but now I see.

何と素晴らしい恵みだろう。(何と素晴らしい響きだろう)
私のような哀れな者までも救ってくださるとは。
私は道から迷ってしまったが、今やっとその道を見つけた。
今までは自分は(神に対して)盲目だったが、やっと(神のことを)見ることができた。

★見える世界は、私たちが生きている間だけ存在するが、見えない神の国は今はもちろん、私たちが死んでからも永遠に存在する国である。(18節)

3.見えない世界の始まり
この見えない世界、神の国は、私たちの心に神様、イエス・キリストが入ってくる時から始まる。それを7節にはこう表現している。そして私たちの中に、このキリストという宝が入ってくるときに、私たちの人生にどんな変化が生まれるかが書かれている。

★変化①:強められると書かれている
7 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。

私たちは、ここには土の器と書いてある。土の器は簡単に壊れ、ひびが入り、すぐだめになるのである。そんな土の器に、この宝である、キリストが入るようになると、そこには全く違う変化を遂げるようになる。土が、素晴らしい陶器に変わることに似ている。

Ⅱコリント4:8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。7節に、私たちの体や心は土の器と書かれている。よく壊れる、よく故障する体である。しかし、イエス様を救い主として私たちの中に入ってくるときに、どうなると書かれていますか。8-9節にあるので四あみましょう。

なんと素晴らしい祝福であろう。いくら苦しみ、艱難、避難、迷いがあっても決してそれでつぶれることはない。というのは、上からの神様による道はふさがることがないからである。心配しないでください。どんあことがあっても大丈夫!!

★変化②:日々新しくされる
Ⅱコリント4:16 ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。

外なる人は、土の器の体、内なる人はイエス様が共にする魂のことである。普通ならば、内なる人も、外なる人も徐々に年齢と共に衰えるのが当たり前なんだけど、ここには外なる器は衰えても、内なる魂や心は新しくなると書かれている。なぜだろうか。内なる人が新しくなる理由はその中に永遠の命であるイエス様がいるから、新しい命によってどんどん新しくなるのである。

4.人たちへの警告
★世に対してはすごい賢い人で神様に対し愚かな人であっては困る
詩編14:1愚か者は心の中で、「神はいない。」と言っている。彼らは腐っており、忌まわしい事を行なっている。善を行なう者はいない。


こういう神がいないという愚かな人たちは、この世が終わって初めて神の国があることに気づく。そして、後悔の嘆きと歯ぎしりをするようになるだろう。愚かな人生の結末である。

★世に対し愚かな人で神様に対しては賢い人であってほしい


ピリピ3:8 それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、

上記の聖句でパウロは、今までそこまで愛していたこの世のことをもうちりあくたのように思うようになった話す。というのは、神の国のすばらしさを知ってしまったからである。それで、神様は以下のように私たちに警告している。

Ⅰヨハネ2:15世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もしだれでも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。16すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。17世と世の欲は滅び去ります。

この世にあまり執着しすぎて、それを愛してはならない。いずれかなくなるそれにすべての希望をおいて生きては後悔しか残らない。永遠に存在する見えない、神の国を求め、それに執着して生きるべきだと話す。

マタイ6:33 だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

順番が大事である。この世のことと、神の国のこと、2つが衝突したときには、まず神の国を第一に求めるべきだと話す。そうすれば、神の国を求めるゆえにできなかったこの世のこと、マタイ6:33では最後の部分に「これらのこと」となっているが、それを神様が与えてくださると約束している。しかし、この世のことを先に求めてしまうと、両方を失う。そんな愚かな選択をするようになってはならない。

最後に、いまだにキリストに対し、さまよっている方は、このキリストを受け入れ、新しい、素晴らしい人生、もっと広く深い視野をもって、永遠なる世界のために、この世を生きるように祈ります

5.結びの祈り
天の父なる神様! きょうも見える世界だけではなく見えない世界について強く気づかせてくださりありがとうございます。いつも目に見えるこの世に夢中になっており、永遠なる神の国のことをついつい忘れてしまう、私を憐れんでください。世のことに夢中になっている自分の目を神様やイエス様に固定することができるようにしてください。この世の快楽に流されないでしっかり中心を取り、キリスト者として恥のない生活を送ることができますように。見えない世界を見据えて今のこの短い人生を歩むことができますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント