クリスマスの喜び

きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。(ルカ2:11)

 人々はクリスマスを楽しい日だと思う。たまに聖書がわかる人は、キリストの誕生と言う。もっと聖書が分かる人は、クリスマスは神が人間となった日と話す。それは人間を神に導くための唯一の方法とも理解する。つまり、神が人間となることで人間が神に行くことができるからである。人間が神に行くという救いは最高の祝福であるが、神が人間となるのは苦痛の極みである。


 人々はクリスマスはプレゼントをもらう日だと思う。それは正しい。しかし、イエスは見えるものではなく、目に見えない永遠のプレゼントを与えるために人間となった。それは死んでもなお生きることのできる永遠のいのちである。ものより体の命、さらに永遠のいのちこそ究極のプレゼントだからである。

人々はクリスマスはわたしと関係ないと思う。しかし、聖書はクリスマスは、すべての人間のための出来事と書く。一人でも滅びることは神の喜びではないからである。ある人は、クリスマスのことを通して、キリストを迎え入れ、永遠のいのちという真のプレゼントを受け取る。そして最高の喜びと幸せの救いを手にして人生を毎日クリスマスのように生きる。

🔵クリスマス賛美とキャロル

🔵クリスマスメッセージ
DSC_0219.JPG1577019852861.jpg1577019843600.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント