人間の限界と弱さ!

人間は強いと思う反面、実は非常に弱いというか、人間という存在としての限界を持っている。例えは、人間は何をすべきで、何をしてはならないという判断力は持っているが、しかしいざとなると、人間はすべきことはしないで、逆にやってはならないことをやってしまう存在てあることに気付く。ときには、絶対にやりたくないと決心をし、何回も近いを立ててもいざとなると、変なことをしてしまう。もがきをしても変らない。

聖書は、こういう人間の矛盾に対し明快な説明をしてくれる。それがきょうの聖句である。人間には、誰しもが抱えている罪というものがある。その罪の力は想像以上に強く、人間がまともに生きることがてまきないようにする。つまり、やるべき善なることではなく、やってはならない悪に支配されるようにする。

罪の強い力によって人間の中には、やりたいけどやれないという自己矛盾が生まれ、人間を苦しめる。その苦しみはときには深刻であり、最終的には人間を裁きに導き、永遠の滅びにまで連れて行く強力で破壊的である。

ところが、すべての人間は例外なくこういう罪を持っていると書かれている。聖書はまたこういう罪の問題だけてまはなく、その解決に対しも教えている。
1576105294475.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント