罪・悪魔・永遠の滅びの世界にとどまってはならない!

上にあげた罪・悪魔・永遠の滅びの3つは、繋がっている永遠の死と絶望をもたらす[死のセットもの]である。しかし、その反対は義・神とキリスト・永遠の天国で、永遠の希望をもたらす[いのちのセットもの]である。

人々は自然と死のセットのほうを好み、その力に縛られ生きていくしかない。この力はあまりにも強く自らは切ることができない。キリストの力なしには不可能である。暗闇を追い出せるのは他ではなく光である。

人の中に[いのちのセットもの]が入れば、自然と[死のセットもの]は消えていく。今日も多くの人は、この死の鎖から離れずその奴隷として生きる。しかしその結果は永遠の死である。そこから、キリストの神に仕え、永遠の救いのきよき実を結ぶようにしようではないか。
1575932203546.jpg