こんな望みを私達にも! 이런 소망을 우리에게도 주소서!

QT

パウロのこういう願いは無謀であるかのように思える。でも彼は、ギリシャを超えて、イタリア、今度はそこを超えて未知の国、スペインまで行きたいと望んだのである。彼は旅行ではなく福音宣教のためのことである。今の私達の周りには福音を聞いていない人だらけである。未知の遠い国まで行かなくてもよい。毎日出会う人々の中に福音未知の人々が多すぎる。そんな彼らはキリストの名を聞いたことがない人々である。問題はパウロの…

続きを読む

人の行動を見てさばくことはやめる! 사람의 행동을보고 판단하는 것은 위험!

QT

人間は現れた行動を持ってさばくのが得意である。しかし、聖書はそれをやめなさいと注意している。というのは、神様は人の現れた外側の行動より、見えない内面の動機、中心を大事にするからである。つまり、神様のためだと、自分なりに下した結論であるならば、たとえ真反対の結果が生まれてもどちらもる尊重されるべきである。どちらも非難されてはならない。ですから、信仰によっては動機は神様のためであっても行動は違う場合…

続きを読む

人の行動を見てさばくことはやめる! 사람의 행동을보고 판단하는 것은 위험!

QT
人間は現れた行動を持ってさばくのが得意である。しかし、聖書はそれをやめなさいと注意している。というのは、神様は人の現れた外側の行動より、見えない内面の動機、中心を大事にするからである。つまり、神様のためだと、自分なりに下した結論であるならば、たとえ真反対の結果が生まれてもどちらもる尊重されるべきである。どちらも非難されてはならない。ですから、信仰によっては動機は神様のためであっても行動は違う場合…

続きを読む

訪れる境遇を拒まないで受け入れ学ぶ!나에게 다가온 모든 처지를 마다하지 않고 배우는 기회로 삼아라!

QT

パウロの素晴らしい告白の一つは、何でも自分に訪れる環境を通して学び、それを信仰と祈りを持って乗り越えたと話す。それで、彼はどんな境遇にも処する秘訣を体得したと大胆に告白する。 私達もパウロのようにあらゆる境遇を経験し、それらを信仰と祈りと希望を持って乗り越える経験をするのは、信仰に置いて大事である。 もちろん、わざと厳しい環境を好み、それに置かれる必要はないが、少なくとも自分に訪れる境遇に関…

続きを読む

信仰者の船出(人生を効果的かつ最大限に生きる秘訣)(1コリント9:24-27)

24競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 25また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。 26ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような…

続きを読む

2つの国籍の確保! 이중극적 획보!

QT

最近はグローバル社会だから2つの国籍は必要だという話ではない。もともと人間には2つの国籍が必要なんだけど、それを知らないだけである。一つで満足していてはならない。つまり、日本人だけでは足りない。 聖書には、2つの国籍の話か出る。一つは、この世に生きる間の国籍、それは日本人て充分である。しかし、もう一つは、死後に天国か地獄へのどちらかの国籍である。ただ、地獄への国籍獲得は悪魔によって既に配られて…

続きを読む

静かで強力な心の価値革命! 조용하고 강력한 마음의 가치 혁명!

QT

パウロは、世の知識も多くそれらに誇りを持っていた。誰よりも高い知識を持つエリートであった。その彼が、イエス・キリストに関する知識にふれてから自分革命が起こり、考え方、生き方が変わってしまった。今まで自分が誇りに思っていたすべては、ふん土のようになり、キリストがすべてとなってしまった。価値序列が完全に変わったのである。まともに聖書との出合いをした人は、例外なくこのような自己革命が内部から起こる。そ…

続きを読む