ファイナルアンサー(マルコ5:25-34)

この女は何歳なのかはわからないが、12年間も血が止まらない病気で苦しんでいた。当時はこういう血の病気は汚れた病気とされ、人からも遠ざけられていた。レビ記15章にはこういう人と接触すると、その人も汚れるとされる。またものもそれに触れると、汚れるとする時代であった。なので、人と接触してはいけない、本当にかわしそうな人だった。 レビ15:2「イスラエル人に告げて言え。だれでも、隠しどころに漏出がある場合、その漏出物は汚れている。4漏出を病む人の寝る床は、すべて汚れる。またその者がすわる物もみな汚れる。 彼女は自分の病気を治すために、よいとされる薬、よいとされる医者、ありとあらゆる方法を探して措置をしたはずである。しかし、それでも治らなかった。治るどころか、むしろ悪化していた。そのうえ、お金もなくなり、さらにその間の苦労で絶望も重なり、すべてを失い、死の寸前だったかもしれない。彼女はイエス様がくるという話を聞いて、本当は多くの人がいるところに行ってはならないにも関わらず、イエス様のところに出ていき、あえてイエス様の衣に触れた。衣に触れるだけでも治るという彼女の信仰があっての話であった。この信仰は、かなりの恐れを覚悟したうえでの決断だった。多分、多くの人も間違いなく、その場においてイエス様の衣に触れたはずである。でも治らなかった。この女だけが治った。 その結果、29節に見ると、血の元がすぐかわき、病気が治ったとする。これこそが根本的な治療である。人間は様々な問題で解決策を造るが、実はこ…

続きを読む