喜びに満たされた体験信仰(ヨハネ15:5-12)

これは今年の教会のテーマである。しばらくの前に一回、この主題で話したことがある。もう一度考えてみよう。信仰者にとって一番の喜びはどういう時なんだろうか。それは、神様が私に関わり、その方のよい働きをわたしに示してくださる時である。いくら苦しみがあっても、いくら大変なことがあっても神様が私のために働いてくださるしるしが現れると、人は喜べる。また苦しみも乗り越えられる。これを私は体験信仰と呼びたい。人間は反応を見ると、すごく喜べる。そしてそれは体で覚えることで忘れることができない。神様が私の小さい行動に反応を示してくれること、それを体験し喜ぶことは堅い信仰と土台である。以下の聖句にそれが書かれている。 ネヘミヤ8:10 そして彼らに言った、「あなたがたは去って、肥えたものを食べ、甘いものを飲みなさい。その備えのないものには分けてやりなさい。この日はわれわれの主の聖なる日です。憂えてはならない。主を喜ぶことはあなたがたの力です」。 神様によって与えられる喜びは、大きな力となる。喜びがないクリスチャンは弱い。主を喜べば喜ぶほど、強くなる。だからイエス様を受け入れて最初は、ENJOYすることが何よりも大事である。このENJOYを必ず経験することで、後に堅く望ましい成長ができる。喜びは力なり! 喜びで信仰生活をして、喜びで自分をささげ、喜びで伝道を行い、喜びで人に仕えることができる。生まれたばかりのクリスチャンにENJOYの時間を与えず、仕事ばかりを与えるのは、だめになる近道である。よく教会では、生…

続きを読む