世の終わりの時代に信仰の2つの大きな敵 말세에 믿음의 두가지 큰 적

QT
"その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、
テモテヘの第二の手紙 3:2"

世の終わりの時代の特徴として一番最初出る2つが、自分を愛する利己主義であり、二番目がお金を愛する拝金主義である。二千年前のパウロの恐ろしい予言である。つまり、自分の快楽のためにお金に没頭する時代である。ここから、他人をかえりみる愛の共同体が壊れ、またお金が神となる偶像崇拝により、数々の悪や副作用が現れ、信仰が脅かされる時代を迎える。信仰に生きることが難しい時代になる。

しかし、真の信仰はこういうのに打勝たなければならない。教会がこのような傾向のなかでも萎縮されることなく信仰を守るために、もっと力を発揮する必要がある。私達も、拝金主義、個人利己主義という偶像崇拝に転落してはならない。これこそ、信仰の一番の敵だからである。信仰に生きるのが益々難しい時代である。下手すると、信仰から脱落するしかない時代である。


말세에서의 믿음의 두가지 큰 적

 "사람들은 자기를 사랑하며 돈을 사랑하며 자긍하며 교만하며 훼방하며 부모를 거역하며 감사 치 아니하며 거룩하지 아니하며
 디모데 후서 3 : 2"

 말세 시대의 특징으로 가장 먼저 나오는 두 가지가 자신을 사랑하는 이기주의와,  돈을 사랑하는 배금주의이다.  이천 년 전 바울의 무서운 예언이다.  즉, 자신의 쾌락을 위해 돈에 몰두하는 시대이다.  여기에서는 다른 사람을 되돌아 보는 사랑의 공동체가 깨지고 또한 돈이 하나님이 되는 우상 숭배에 의해 수많은 악이나 부작용이 나타나 신앙을 위협하는 시대를 맞이한다.  믿음으로 사는 것이 어려운 시대가된다.

 그러나 진정한 믿음은 이런것에 승리하지 않으면 안된다.  교회가 이런 추세 속에서도 위축되지 않고 신앙을 지키기 위해 더 힘을 발휘할 필요가있다.  우리도 배금주의와 개인 이기주의라는 우상 숭배로 전락해서는 안된다.  이것이 바로 믿음의 가장 큰 적이기 때문이다.  믿음으로 사는 것이 더욱 어려운 시대가 되었다. 자칫하면 신앙에서 떨어질 수 밖에 없는 시대이다.  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント