世で一番胸が温まる感動のドラマの女主人公! 세상에서 가장 가슴이 따뜻해지는 감동의 드라마의 여주인공!

ナオミに言った、「いいえ、わたしたちは一緒にあなたの民のところへ帰ります」。ルツ記 1:10 彼女は、当時においては一番の弱者であった。イスラエルが一番嫌うモアブの民族、それも夫が亡くなった若い寡婦、また嫁いた夫の家の男は3人全員が何かの呪いを受けたように、全員死んでしまった。完璧な母子家庭(?)である。またイスラエルから飢饉を逃れるために来たこの家は、イスラエル人であってもそれほど信仰も尊敬ももらえなかったはずである。なのに、ルツは今自分も全く知らないイスラエルについていくことを決めた。彼女のこの決断は、信仰的な決断とも言える。ここから感動のドラマは始まる。皆が助けてあげたくなる女であった。のちに、この決断は想像できない、素晴らしい展開に発展する。一番の弱者の一人が巻き起こすこの話には、これからいくつもの逆転のドラマが生まれる。 今日、完璧な環境や条件だけを待って、動き出せない、または少しの問題や足りないところがあると、不平不満したり、前に進むことを恐れる人が多いのではないか。しかし、この若い、しかも弱そうな女の決断はけっして乱暴な衝動ではなかった。信仰的な全身全霊を尽くした決断であった。彼女のことを考えると、いつも心が温まり、力をもらう。私達が進むべきことはなんだろうか。 세상에서 가장 가슴이 따뜻해지는 감동의 드라마의 여주인공!  "나오미에게 말 하였다. "아니, 우리는 함께 당신의 백성에게로 돌아갑니다 룻기 1:10"  그녀는 당시…

続きを読む