偶然のように見える必然があるだけ! 우연처럼 보이는 필연이있을뿐!

"ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズの畑の部分にきた。ルツ記 2:3" モアブから帰ってきたルツは、食べ物もなく早速仕事に出るようにした。それは、社会の弱者のために行われる、刈り取りの時に落ちる穂を拾うことである。その仕事のために畑に出たルツは、偶然のようにボアズ(後に夫となる)の畑に行くようになった。そこで出会ったボアズから励ましと仕事の許可をもらった。このボアズという男は、自分の畑で働く人に神の祝福を祈る素晴らしい人であり、働く人たちからも祝福を祈ってもらえる信仰と人望のある人である。その彼の畑についたのは、偶然なのか、それとも神の導きなのか。もちろん、それは偶然のように思われる必然、つまり神の導きである。私達クリスチャンの人生に起こる様々なことはすべて、神の導きと認知の上で起こる。私達の髪の毛のことまで知っている神には当たり前のことである。この信仰がないと、人生にさまよい、苦しみ、信仰がいつもふらふらする。祈れば、必ずルツのように神様からの機会、答えが訪れる。それは、偶然のように思われるかもしれないが、神の導きの必然である。失望せずに信仰と祈りにしたがって歩めば、その時は来る。ボアズの畑のような神の恵みに出会う時が。  우연처럼 보이는 필연이있을뿐! "룻은 가서 깍는 사람들 뒤에 따라 밭에서 이삭을 주워했지만, 그녀는 뜻밖에도 엘리멜렉의 가문 인 보아스의 밭 부분에왔다.  룻기 …

続きを読む