感動の伝染(?) 감동의 전염

"時にしゅうとめナオミは彼女に言った、「娘よ、わたしはあなたの落ち着き所を求めて、あなたをしあわせにすべきではないでしょうか。ルツ記 3:1"  ルツの感動は、次々と移っていく。ボアズに移った感動は、ルツに素晴らしい恵みをもたらした。たくさんの食べ物をもらえる恩恵であった。また、姑のナオミにも、何とかルツに安息、または幸せを作ってあげたい気持ちにさせ、きょうの話に展開した。もちろん、この話は日本とは違うので誤解しやしいが、実は当時のイスラエルでは、貧しい親族、または夫をなくした貧しい寡婦のために神様が命じた正式な制度(レビ25:25)に基づいて行われた。ナオミの畑を買いあげてくれる親族を探していた。また、男が全部亡くなって後継ぎがないナオミ家族のために、ルツと結婚し、そのナオミ家を繋いでくれる親族探しという正式な制度を利用して、ルツの新しい主人を探していた。ナオミは当然親族のボアズに意見をもとめる、積極的な方法として、このような行動を取るようになった。感動が感動を生み出したのである。それにルツは、素直にしたがった。なんと素晴らしい人だっただろう。実はこのボアズは、イエス様の象徴である。貧しく、頼れる人をなくし、自分の力では何もできない人のために、十字架にて自分を犠牲にして代価を払い、罪人を救い、幸せと安息を下さるイエス様の模型である。このボアズ、イエス様を通して真の安息、幸せを受けましょう。  감동의 감염 (?) "룻의 시모 나오미가 그에게 이르되 내 …

続きを読む