残念で貧しい信仰生活に導く三銃士! 답답하고 가난한 신앙 생활을 초래하는 삼총사!

"だから、なんら欠点のない、完全な、でき上がった人となるように、その忍耐力を十分に働かせるがよい。 あなたがたのうち、知恵に不足している者があれば、その人は、とがめもせずに惜しみなくすべての人に与える神に、願い求めるがよい。そうすれば、与えられるであろう。 ただ、疑わないで、信仰をもって願い求めなさい。疑う人は、風の吹くままに揺れ動く海の波に似ている。ヤコブの手紙 1:4‭-‬6" ヤコブ書1:1-8までの所には、信仰生活において大事な3つの要素を言及することから始まる。それは、忍耐、知恵、疑いの信仰である。最初は、忍耐のことである。神からの祝福や答えは、大体忍耐を持って試練や苦しみを乗り越える必要がある。多くの人は、山7分や8分のところまで来てはやめることを繰り返し、いつまでも頂上にはのぼることができず、信仰の喜びを味わったことのない、残念な信仰者である。2番目は、知恵が足りず、対人関係、仕事をわざとらしく こじらせ、本来ならしなくてもよい、余計な悩みの種を作り、苦しくなる、愚かな信仰者のことである。最後は、疑い深い信仰者である。つまり、両足を信仰と不信仰にかけているのでとちらも進めない、信仰や祈りの答えももらえない、もどかしい信仰者のことである。 この3つの要素の欠落は、信仰生活を、苦しくしたり、貧しくしたり、もどかしくする、残念な要素である。しかし、簡単に解決できないところがあるので、しつこく自分の弱さを知り、祈りながら変えていく必要がある。 답답하고 가난한 신앙 생활을 초래하는 …

続きを読む