わかりやすい信仰者として生きる(創世記26:1-6)

関連動画 → https://youtu.be/frcx25KIoQw 創世記の中の4大人物、その中のイサクには事実あまり大した記事がなかったりする。それで、イサクの説教は少ない。アブラハム、ヤコブ、ヨセフに比べると、地味だなと感じる。そしてアブラハムやヤコブ、ヨセフのように、とくにこれというのがあまりない。なぜだろうか。その理由を最後に理解できたらと思う。その解答は何なのかを考えながら聞いてほしい。 22章(7-9節):従順の人(少年の時期):神のみことばに素直に従う信仰 ■アブラハムがささげる時に素直に従う。普通ならば、従順しないために、もがきをする。しかし、彼はそうしなかった。ある意味、アブラハムより殺されるイサクが我慢したことこそ、もっと素晴らしい従順であるという。 ■人によっては、従うとはいえ、最後までもがきをし、そして完全に砕かれてやっと慕う。神様の声に暴れる人も多い。 ■イサクは反抗もない。まるで、イエス様の十字架での死と似ている。イサクはイエス様の模型、モデルである。 イザヤ53:7 彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く小羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。 ▶皆さんはどうですか。最近、神様に従順したという覚えがありますか。あるならば、その従順は皆さんの人生において大きな力となり、よい方向に導かれるはずでしょう。神様のあなたへの約束はそのままつながるようになったでしょう。もし、不…

続きを読む

●ライブ礼拝案内(2020.3.8)

ライブは10:50分から始まります。普段の礼拝のように準備をして望みましょう。録画は午後2時にアップロードします。 ●きょうの説教 わかりやすい信仰者として生きる(創世記26:1-6) ●動画 https://youtu.be/frcx25KIoQw

続きを読む