体の中の小さいモンスター(怪物)!

"舌は火である。不義の世界である。舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。ヤコブの手紙 3:6" 元々、モンスターとは、"神の警告"という意味がある。つまり、モンスターの出現を通して神を思い出すということである。きょうの聖書箇所には、人間の体の中の非常に小さいが、制しうることのできないモンスターがあり、それが'"舌👅"であると書かれている。このモンスターは、人の人生を一気に破壊したり、燃やしたりするものであり、まさにこの舌を制する者こそ、自分と世界を制することのできる、真の意味での偉大な人と言える。したがって、私達は、舌というモンスターを使う時はいつも神の警告を考え、謹んで使うように気を付けるべきである。舌のちょっとした使い方によって、人が生かされたり、殺されたりするからである。きょうは、私の舌がモンスターではなくエンジェルになり、自分と人を生かす働きができるように祈りたい。今まで舌によるたくさんの罪や破壊を悔い改めたい。 몸 속 작은 몬스터 (괴물) "혀는 곧 불이요 불의의 세계라 혀는 우리 지체 중에서 온 몸을 더럽히고 생의 바퀴를 불사르나니 그 사르는 것이 지옥불에서 나느니라. 야고보서 3:6" 원래 몬스터는 "하나님의 경고"라는 의미이다. 즉, 몬스터의 출현을 통해 하나님의 경고를 받고 하나님을 기억하라는 것 이다. 오늘의 성경 구절은 인간…

続きを読む