厳しい時が来るのを忘れてはならない! 고통의 때가 온다는 것을 잊지 말라!

”1 聞きなさい。金持ちたち。あなたがたの上に迫って来る悲惨を思って泣き叫びなさい。2 あなたがたの富は腐っており、あなたがたの着物は虫に食われており、5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らし、快楽にふけり、殺される日にあたって自分の心を太らせました。”ヤコブ5:1,2,5 終わりの日に、ぜいたく、快楽に溺れ、自分の心や肉体を太らせていた人々への神様の警告である。彼らは魂や霊のマヒになり、神の声や警告も聞かず、自分の霊的無知と貧しさをもたらしていた。しかし、しばらくすると、その全ても終わるようになり、その富や贅沢もサビに変わり、肥えた心も一瞬にして泣き叫びと変わるという厳しい警告である。その時には、サビの痕跡が自分の愚かさを証言することに過ぎない。聖書はうそをつくことがなく、今までの様々な予言が実現したのである。私たちは終わりがあるという終点を考え今を生きる必要がある。 現代は、聞くべき、見るべきことより、見たいこと、聞きたいことへ心を奪われ、混乱と混沌が人々を破滅に向かわせている。こういう時代を賢く生きていかないと、私たちは自分も知らずのうち、心も霊も衰退してしまう。もう一度、神を考え、世の終わりを考え、今を賢く生きる必要がある。 통곡의 때가 온다는 것을 잊지 말라! ”1들으라 부한 자들아 너희에게 임할 고생을 인하여 울고 통곡하라 2너희 재물은 썩었고 너희 옷은 좀먹었으며 5너희가 땅에서 사치하고 연락하여 도살의 날에 너희 마음을 살지게 하였…

続きを読む