信仰回復を優先しなさい[ハガイ書 2:1-9]

1 第七の月の二十一日に、預言者ハガイを通して、次のような主のことばがあった。
2 「シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアと、民の残りの者に次のように言え。
3 『あなたがたの中で、かつての栄光に輝くこの宮を見たことがある、生き残りの者はだれか。あなたがたは今、これをどう見ているのか。あなたがたの目には、まるで無いに等しいのではないか。
4 しかし今、ゼルバベルよ、強くあれ。──主のことば── エホツァダクの子、大祭司ヨシュアよ、強くあれ。この国のすべての民よ、強くあれ。 ──主のことば── 仕事に取りかかれ。 わたしがあなたがたとともにいるからだ。──万軍の主のことば──
5 あなたがたがエジプトから出て来たとき、わたしがあなたがたと結んだ約束により、わたしの霊はあなたがたの間にとどまっている。恐れるな。』
6 まことに、万軍の主はこう言われる。『間もなく、もう一度、わたしは天と地、海と陸を揺り動かす。
7 わたしはすべての国々を揺り動かす。すべての国々の宝物がもたらされ、わたしはこの宮を栄光で満たす。──万軍の主は言われる──
8 銀はわたしのもの。金もわたしのもの。──万軍の主のことば──
9 この宮のこれから後の栄光は、先のものにまさる。──万軍の主は言われる──この場所にわたしは平和を与える。──万軍の主のことば。』」


<説教>
⑴神殿を立て直す:礼拝による信仰回復(1章)
・BC605年からバビロンの攻撃を受け、神殿の破壊され、中の大事なものが略奪された。3回にわたって有名人や技術者、職人等が捕虜となり、バビロンに連れていかれた。その時に神の契約の箱もなくなり、いままで見つかっていない。それから70年経ってBC536年に一次帰還者約5万人がかえってきた。それから、すぐ神殿修復に取り掛かるものの、妨害によって14、5年、神殿修復工事が中断した。その時にハガイという予言者に与えられた話が、きょうの内容です。再び神殿修復を始めなさいという内容である。

・旧約の神殿の意味:神様がおられ、礼拝する。いけにえを捧げる。その中には、至聖所があり、そこには神の契約の箱がある。そこには、十戒の板、マナ、杖がある。まさに、神の契約の箱は、神の臨在の印として考えられた。それがなくなってしまった。神殿が壊された。

・信仰者の人生のライフラインは何だろうか。普通は、ガスや電気、水道何だが、私たちには信仰というもっと大事ないのちに関わるライフラインがある。それは信仰である。

・メチャクチャな人生からの回復、新しい人生の出発は、信仰からである。信仰が人生の基準としてちゃんと、席を占めると、他の問題は自然と整列する。仕事が落ち着いたら、心が落ち着いたら、ではなく先に信仰から始めると、他は落ち着く。

・イスラエル民族も全世界に散らかったが、彼らはどこに行ってもまず会堂を造り、そこで礼拝を始める。信仰が継承される。こいう姿勢である。

・アブラハム、イサク、ヤコブも、カナンに定着するときに、彼らはいつも祭壇を造り、神に礼拝をすることから始まった。

●今日も神殿修復しないで、壊れたまま生活している人々が多い。しかし、至急信仰回復することこそ大事なことである。

※「旧約時代と新約時代の神殿の意味の変化」
①ヨハネ2:19 イエスは彼らに答えて言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」

②Ⅰコリント3:16 あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。

③エペソ4:16 キリストによって、からだ全体は、一つ一つの部分がその力量にふさわしく働く力により、また、備えられたあらゆる結び目によって、しっかりと組み合わされ、結び合わされ、成長して、愛のうちに建てられるのです。

①では、イエス様はご自身が神殿だと言われた。自分の体が壊される(十字架で死ぬ)と三日目に再建する(復活する)と言われた。

②新約時代の今では、私たち一人ひとりが神殿だという。というのは、その心に聖霊がおられるからである。

③それでは、今の教会というのはいったいどういう意味があるのか。エペソ416には、教会の意味を話している。新約では教会は建物ではなく、私たち一人ひとりであり、その一人一人が集まる場所が教会堂であり、便利上教会ともいう。

・教会(エクレシア):キリストを中心に集められた会衆。教会は、イエス様の体である。私たち一人一人はその体の部分である。イエス様はその体の頭である。こういう体の部分部分が集まり、つながって、体(教会)は成長する。それが、エペソ4:16の話である。

・だから、礼拝は神殿中心ではなく、イエス様中心にして真心をもってすべきである。

・では、形としての教会は要らないのか。それはない。
教会は必要である。個々の人(イエス様の体の部分)が集まり、全体の体をなす、その役割として集まる場が必要である。形を無視してはならない。中身も形も必要である。形は中身を入れる容器のようなものである。容器を置けばそこには恵みや祝福が溜まるからである。形を無視する人は大きな間違いである。形だけにこだわるから問題であって、両方は大事である。

・旧約では、神殿では、契約の箱やいけにえがあった。
 今の神殿(信仰者)には、イエス様・みことばがあるべきである。

「公的礼拝の大切さ」
①個人主義から守るため(現代版潜伏クリスチャン):公的礼拝に出なくなると、個人主義により信仰がゆがんでしまう。他のイエス様の体である仲間と出会って、信仰を確認しあう。そこで、つながって何かをする。しかし、それらをしなくなると、信仰は変形する。

②バランスの崩れた知識中心の怪物信仰から守る
 偏った知識、自分が好きなところだけにこだわり、たとえネットでの礼拝やみことばを聞くとしても、それが長期化するのは望ましくない。ネットの中には間違いも多い。自分が選んで好きなこと、テーマだけを聞くのではまく、あれこれバランスの取れた内容に触れるべきである。もちろん、何らかの理由がある場合は例外である。

③訓練と成長をする場を失う(愛・謙遜・仕え・賜物等):一人になってしまうと、信仰訓練が全くできない。会って仕える、つながる、奉仕することができるので、こういうことが全くないということはよくない。楽な信仰生活にはよいかもしれないが、長期的にはよくない。たしかに、一時的には公的礼拝をしないこもあり得る。今のような時期にはそうである。しかし、延々とするのは疑問である。

⑵神様の肢体として堂々と神の働きをする。(3,4節)
・ハガイは、神殿での修復仕事をする人々に言う。昔のソロモン神殿に比べると、水ぼらしいかもしれないが、しかしその華麗さ、大きさは大事ではない。信仰は中身がもっと大事である。だから、今の小さい神殿のための私の仕事が、小さいと考え、おろそかにしてはならないという意味である。

・というのは、そこに神の霊が共にいる(5節)からである。しっかりしなさいと言う。

●神の国において、すべきことであるならば、それは小さい、大きい関係なく、大事である。大きなこと、格好良いことにとらわれてはならない。大きいから、格好良いから神が共にするわけではない。

・小さい教会、大きい教会、あまり関係ない。私は小さいと考える必要もない。

・大事なことは、神様のために必要ならば、大きいこと、小さいこと関係ない。

・牧師もたまに誘惑を受ける。もっと大きくできないのか。また、もっと格好良くできないのかなど。

※サムエル ジョンソンという人は話す:地獄への道は善意で包装されている。悪いから地獄ではない。地獄への道にはむしろ、善意や格好良いのが多い。華麗なることが多い。そういうことにとらわれてはならない。
 
⑶万国の宝(イエス・キリスト)を中心にし、栄光を帰する(7)
・契約の箱や神殿は壊された。修復した。多分、イスラエルは神殿や契約の箱を偶像崇拝する傾向もあり、ある意味神様が両方を壊した可能性がある。また契約の箱は今も見つかっていないかもしれない。それで、真の神殿、イエス様、真の宝、大事にされるべきイエス様が、現れたのである。

・今の新約時代の私たちにとってもっと大事なことは、中身であるイエス様がしっかり私の真ん中におられるかである。7節に、万国の宝という話が出る。新約時代の神殿の中心には、万国の宝であるイエス様がおらえるべきである。それで、信仰は完全に回復したことになる。

・イエス様が私たちの真ん中にいる時に、神の栄光が現れ、そこが揺り動くようになる。救いも真の平和も、また8節にある金銀や収穫の祝福も与えらえる。

●完全な信仰は、キリストを世の何よりもの「宝」とする生活である。そうすると、神様もあなたを「宝」とするだろう。

 「結びの祈り」
天の父なる神様! きょうはイスラエル民族が捕虜となり、神殿や礼拝を失ったことによる苦しみを覚え、帰国後神殿修復や信仰回復のために努力する姿を学びました。信仰者における、一番大事なライフラインである、信仰を回復することは、すべてに優先して行うべきです。自分の個人的なこと、家、仕事より優先することが必要です。また、教会の一員として、神様から与えられた働きに大小はなく、神様に必要なこととして、大事にすることができますように。何よりも、形や外形にとらわれず、真の心からの中身のある信仰、礼拝を目指していけますように。私たちの信仰が、もっとも健全で神に喜ばれる信仰となりますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント