信仰回復を優先しなさい[ハガイ書 2:1-9]

1 第七の月の二十一日に、預言者ハガイを通して、次のような主のことばがあった。 2 「シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアと、民の残りの者に次のように言え。 3 『あなたがたの中で、かつての栄光に輝くこの宮を見たことがある、生き残りの者はだれか。あなたがたは今、これをどう見ているのか。あなたがたの目には、まるで無いに等しいのではないか。 4 しかし…

続きを読む

忙しさの中でも優先すべきことはある 바쁨속에서도 우선해야 하는 것이 있다

QT
ハガイ1:7万軍の主はこう仰せられる。あなたがたの現状をよく考えよ。8山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる。10それゆえ、天はあなたがたのために露を降らすことをやめ、地は産物を差し止めた。 イスラエル民族は、自分達の神様への不従順により、70年間バビロンの捕虜となり、厳しい時代を過ごし、やっと彼らは解放され、自分の故郷…

続きを読む

不信仰との融合、それとも信仰の戦い(士師記3:1-9)

Ⅰ.信仰のリトマス試験紙:残された住民たち 1 次が、主が残しておかれた異邦の民である。主がそうされたのは、カナンでの戦いを全く知らないすべてのイスラエルを試みるためであり、 2 ただ、イスラエルの次世代の者、特にまだ戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためであった。 3 すなわち、ペリシテ人の五人の領主たち、またすべてのカナン人、シドン人、そしてヒビ人である。ヒビ人は、バアル…

続きを読む

高慢の毒薬 교만의 독약

ゼパニヤ2:10 これは、彼らの高慢のためだ。彼らが万軍の主の民をそしり、これに向かって高ぶったからだ。 きょうのこの話は、イスラエル民族を苦しめていて、また神様の話を聞かなかった国、BC7C時代のイスラエル近隣国である、モアブとアンモンに対する神様の警告である。神様は、9節にてモアブとアンモンがソドムとコモラのように、完全に滅びると予言していた。その滅びの原因を高慢だと指摘する。つまり、…

続きを読む

宣教の実は私のものではなく、私たちのものとなるべきである  선교의 열매는 내것이 아니라 우리 모두의 것이 되어야 한다

テトス3:14 私たちはみな、助けが必要な人々を進んで援助する習慣をもっと身につけなければなりません。そうすれば、実を結ぶ生活を送れるでしょう。テトスへの手紙 3:14 JCB パウロは、きょうクレタ島で牧会をしているテトスに対し、この話をしている。とくに、パウロはテトスに、主の働きのために旅をするアルテマスやテキコ、律法学者ゼナスとアポロなどへの援助にしっかり当たってもらうようにと、お願…

続きを読む

逆戻りの信仰、妥協信仰はない(士師記2:11-23)

1.偶像崇拝の最高の悪を行う 11それで、イスラエル人は主の目の前に悪を行ない、バアルに仕えた。 12彼らは、エジプトの地から自分たちを連れ出した父祖の神、主を捨てて、ほかの神々、彼らの回りにいる国々の民の神々に従い、それらを拝み、主を怒らせた。 ●捨てる:人間が神を捨てるって話がおかしい。あんなに荒野で神様の助けをもらってやっとここまで来た。本当に荒野で多くの文句、不平不満をを神にぶ…

続きを読む

信仰破壊の3種セット 신앙파괴의 3종 세트

QT
テトス1:12彼らと同国人であるひとりの預言者がこう言いました。「クレテ人は昔からのうそつき、悪いけだもの、なまけ者の食いしんぼう。」 クレテ島(今のクレタ)のクリスチャンたちの中にある、問題の人たちの特徴がここに書いている。彼らは、まずはうそつき、悪い獣、怠けの食いしん坊であると書かれている。 人を騙すことは悪魔の一番の特技である。つまり一番悪魔に利用される人たちであり、悪魔の子と…

続きを読む

ケーティ デービスの紹介動画

アメリカのテネシー州の金持ちの家で1989年生まれ た彼女(Katie Davis)は、2007年高校3年生の時、 ウガンダに短期宣教に行き、孤児院で奉仕をする経験 をしました。それから帰国した彼女は、大学進学を諦め、 再びウガンダに戻り、親のいない子供たちのための働き をし、イエス様を伝えています。今は、「アマジマ; キリストの真理」というNGOを立ち上げ、2015年に 結婚をし…

続きを読む

不信仰的妥協の結末(士師2:1-10)

(動画は https://youtu.be/XvpsA5gQeZ8)士師記は、BC1100ころ、イスラエルが400年余りのエジプトによる奴隷生活からかいほうされ、40年の厳しい荒野を通ってやっと到着した、カナンという夢の地での定着時代が背景である。約300年間続いたと思われる。 先に以下の聖句を二つ読んでから始めます。 出エジプト3:8 わたしが下って来たのは、彼らをエジプトの手から救い出し…

続きを読む

成功のための3つの武器 「성공을 위한 3가지 비결」

QT
伝道者の書 10:10 もし 斧が 鈍くなったとき, その 刃をとがないと, もっと 力がいる. しかし 知惠は 人を 成功させるのに 益になる. 11 もし 蛇がまじないにかからずにかみつくなら, それは 蛇使いに 何の 益にもならない. ソロモンはこの伝道者の書で、人間のすることがすべて空しいと話してきたが、ここにきてソロモンは、自分の知恵をつくし、人間がすることで空しくならないための…

続きを読む

人間は罠にかかる時があることだけは明確であるが、その時を知らない。

人間は罠にかかる時があることだけは明確であるが、その時を知らない。인간은 올무에 걸려들 때가 있는 것만은 명확하지만, 그 때를 모른다. 伝道者の書9:12 しかも、人は自分の時を知らない。悪い網にかかった魚のように、わなにかかった鳥のように、人の子らもまた、わざわいの時が突然彼らを襲うと、それにかかってしまう。 だからこそ、人間は謙遜であり、準備をする知恵が必要である。人間は…

続きを読む

苦しみとの向き合い方(詩編119:66-77)

「詩編119:66-77」 「色分けの意味」 ■苦しみに対する態度(①②③) ■みことばの役割や有益(④⑤⑥⑦)  ■みことばに対する態度(⑧⑨⑩⑪)  66 良い判断と知識(④)を私に教えてください。私はあなたの仰せを信じています。 67 苦しみにあう前には、私は迷い出ていました。しかし今は、あなたのみことばを守ります。(①) 68 あなたは、いつくしみ深く、良くしてくださるお方…

続きを読む