なぜ神は善悪の木を作り、人間を罪の罠にかかるようにしたのか(創世記2:16-17)

創世記2:16神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。17しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」 まずは、この善悪を知る木がなかったならば、人間は罪を犯さず、問題なく神とよい関係の中で今まで生きただろうか。 ①善悪の知識の木は、人間を制限する、拘束する、罪の罠にかけるためのもの…

続きを読む

人間創造と堕落から見えてくる神様の愛(なぜ神は人間を罪を犯さない存在にできなかったのか)(Ⅰペテロ3:15, 創世記1:26-27)

Ⅰペテロ3:15 むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。 1.なぜ、神は人間を罪を犯さない存在(ロボットのような)にできなかったのか。 もちろん、神は人間を罪を犯せないロボットのように作ることができたでしょう。しかし.なぜ? 最高の関係、真の価値ある関係を保つため…

続きを読む