孔子の悟り

孔子は誰よりも悟りをたくさん得て、弟子たち3千人も養成していた知恵であった。  しかし 孔子も自分の見て聞くことがすべてではないことを悟った事件があった。  孔子が弟子たちと一緒に秦に向かう途中だった。 家を出て一週間何も食べなかった。  それを最も惜しんだ顔回が米をもらってきてご飯を作っていた。  孔子はご飯ができたかどうか調…

続きを読む

信仰者であるあなたも聞く聞くべき声 신앙인인 당신도 들어야 할 음성

QT
ルカ3:22 聖霊が、鳩のような形をして、自分の上に下られるのをご覧になった。また、天から声がした。「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」 イエス様が公的な働きを始めようとするときに、天が開かれ、そこから聖霊が下り、同時に天から声が聞こえてきた。「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」という声である。これが霊的な正体性の確認である。子供が親に対し、このような確…

続きを読む

信仰は選択である(クロノス世界からカイロスの世界へ)

(ヘブル11:23-27) 11:23 信仰によって、モーセは生まれてから、両親によって三か月の間隠されていました。彼らはその子の美しいのを見たからです。彼らは王の命令をも恐れませんでした。 24 信仰によって、モーセは成人したとき、パロの娘の子と呼ばれることを拒み、 25 はかない罪の楽しみを受けるよりは、むしろ神の民とともに苦しむことを選び取りました。 26 彼は、キリストのゆえに受…

続きを読む

♡世の中、価値のない仕事はない♡   세상에 하찮은 일은 없습니다♡

英国ロンドンカンタベリー大聖堂に「ニコライ」という執事がいました。彼は若い年齢の17歳から大聖堂の執事になって一生を大聖堂の掃除と雑務をしました。しかし、自分の仕事が価値ないと思っていなかったのです。引き受けた仕事に専念して最善を尽くしています。彼は時間に合わせて大聖堂の鐘楼(しょうろう)の鐘を鳴らすことをしていました。彼は大聖堂の鐘をあまりにも正確に鳴らしていたので、ロンドン市民は、自分の時計…

続きを読む

質を求め続ける人生(士師記7:1-7)

1.ギデオンの勝利の力 イスラエルに攻めてきては、農産物や家畜などを奪っていくミディアンの人たち、135000人の軍隊が攻めてきた。しかし、相手のイスラエルは3万2千人しかなかった。もっと兵力を増やすべきなのに、神様はもっと兵力を減らせと言われた。それで、恐れる人、信仰のない人、または疑いで戦争に専念できない人は、みんな帰ってもらった。結果、1万人が残った。それでもまた多いので減らしなさいと言…

続きを読む

残りの者(The remnant)として生きる 남은자 (The remnant)로 살아가기

残りの者(The remnant)として生きる ミカ2:6 「たわごとを言うな。」と言って、彼らはたわごとを言っている。そんなたわごとを言ってはならない。恥を避けることはできない。 社会が堕落し、罪が横行するようになると、神様は多くの預言者をこの世に送り、彼らの間違いを指摘する。しかし、必ずその時は偽預言者も出てくる。それで混乱するようになる。偽預言者は、人間の罪や悪に目をつぶって、…

続きを読む

計り知れる愛、計り知れない愛(ヨナ4:1-11)

(ヨナ4:1-11) 1 ところが、このことはヨナを非常に不愉快にさせた。ヨナは怒って、 2 主に祈って言った。「ああ、主よ。私がまだ国にいたときに、このことを申し上げたではありませんか。それで、私は初めタルシシュへのがれようとしたのです。私は、あなたが情け深くあわれみ深い神であり、怒るのにおそく、恵み豊かであり、わざわいを思い直されることを知っていたからです。 3 主よ。今、どうぞ、私の…

続きを読む

神様が一番嫌うのは罪であるが、一番喜ばれるのは悔い改めである 하나님이 제일 싫어하는 것은 죄이지만, 참으로 기뻐하시는 것은 회개이다

QT
神様が一番嫌うのは罪であるが、一番喜ばれるのは悔い改めである ヨナ3:8人も、家畜も、荒布を身にまとい、ひたすら神にお願いし、おのおの悪の道と、暴虐な行ないとを悔い改めよ。10神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。 ヨナは自分の民族をいつも苦しめたアッシリアの国、その象徴である首…

続きを読む

不従順したヨナの偉大性と、彼に対する神様の愛 불순종한 요나의 위대성과 그에 대한 하나님의 사랑

QT
不従順したヨナの偉大性と、彼に対する神様の愛 ヨナ1:12 ヨナは彼らに言った。「私を捕えて、海に投げ込みなさい。そうすれば、海はあなたがたのために静かになるでしょう。わかっています。この激しい暴風は、私のためにあなたがたを襲ったのです。」 17 主は大きな魚を備えて、ヨナをのみこませた。ヨナは三日三晩、魚の腹の中にいた。 ヨナの神の使命への不従順により、彼が乗っていた船が難破した。…

続きを読む

ニネベへ向かわなかった代価は大きかった 니느웨로 가지 않은 대가는 너무도 컷다

QT
ヨナ1:9 ヨナは彼らに言った。「私はヘブル人です。私は海と陸を造られた天の神、主を礼拝しています。」 10 それで人々は非常に恐れて、彼に言った。「何でそんなことをしたのか。」人々は、彼が主の御顔を避けてのがれようとしていることを知っていた。ヨナが先に、これを彼らに告げていたからである。 ヨナは神から与えられた使命、堕落した巨大都市、ニネベに行き、裁きの警告を伝えるようにと命じられた。…

続きを読む

神に仕えるのはむなしいのではないか

<関連聖書箇所> マラキ3:13「あなたがたはわたしにかたくななことを言う。」と主は仰せられる。あなたがたは言う。「私たちはあなたに対して、何を言いましたか。」 14あなたがたは言う。「神に仕えるのはむなしいことだ。神の戒めを守っても、万軍の主の前で悲しんで歩いても、何の益になろう。 15今、私たちは、高ぶる者をしあわせ者と言おう。悪を行なっても栄え、神を試みても罰を免れる。」と。 …

続きを読む

わたしのところに帰れ 내게로 돌아오라

QT
マラキ3:7 あなたがたの先祖の時代から、あなたがたは、わたしのおきてを離れ、それを守らなかった。わたしのところに帰れ。そうすれば、わたしもあなたがたのところに帰ろう。―万軍の主は仰せられる。―しかし、あなたがたは、『どのようにして、私たちは帰ろうか。』と言う。 長い間、バビロン捕虜生活から故郷へ帰ってきたイスラエルは、完全に壊された神殿を修復したり、住宅や街を整備したりして、大忙しい生活…

続きを読む