捨てられた舟の栄光に輝く人生(ルカ5:1-11)

(ルカ5:1-11)
1 群衆がイエスに押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、
2 岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。
3 イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟にのり、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。
4 話が終わると、シモンに、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」と言われた。
5 するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」
6 そして、そのとおりにすると、たくさんの魚がはいり、網は破れそうになった。
7 そこで別の舟にいた仲間の者たちに合図をして、助けに来てくれるように頼んだ。彼らがやって来て、そして魚を両方の舟いっぱいに上げたところ、二そうとも沈みそうになった。
8 これを見たシモン・ペテロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ。私のような者から離れてください。私は、罪深い人間ですから。」と言った。
9 それは、大漁のため、彼もいっしょにいたみなの者も、ひどく驚いたからである。
10 シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じであった。イエスはシモンにこう言われた。「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」
11 彼らは、舟を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。



1.ペテロのイエス様との出会い
ペテロには、ある日の朝、それも完全にしくじってしまった海辺で、イエス様に出会った。
彼は、以前弟のアンデレの紹介で、イエス様に出会ったものの、様々な理由で、この世のことにとどまっていた。最初会った時に、イエス様から今までにない感動を受け、これから頑張ろうと思っていたのに、それができずにいた。いつも、イエス様についていかなければならないと思いつつ、それができない自分との戦いで、時間を過ごしていた。そんなある日、彼はいつものように漁に出た。

ヨハネ1:42 彼はシモンをイエスのもとに連れて来た。イエスはシモンに目を留めて言われた。「あなたはヨハネの子シモンです。あなたをケパ(訳すとペテロ)と呼ぶことにします。」

2.不思議な日(1-5節)
その日も、ペテロは死ぬ気で、夜通しでがんばって漁をしていたのに、一匹も取れなかった。完全にベテラン漁師としてのメンツが壊れた。最後の最後まで、がんばっても結果は変わらなかった。これも奇跡であった。

●一匹も取れない奇跡:専門家でもできない。

やむえず、彼は万感が交差する複雑な思いで、家に帰る準備をするしかなかった。網を上げ、道具を洗い、漁を修了して、帰ろうとした。そのとき、どこからかわからないが、あのイエス様が現れた。前出会って以来、忙しさで、イエス様から離れて、漁に集中することにしていたどころであった。そういうときに限って、イエス様が自分の前に現れた。この場面は、ものすごい神の計画の予感がした。


3.ペテロの従順と結果(5-7節)
そんな中現れたイエス様は、すぐ舟に上って来た。そして群衆に向かって説教をされた。それから、ペテロに向かって深いところに行って、網をおろし、もう一度漁をしなさいと言われた。ペテロは、体も心も疲れ果てていたのに、その日は、拒否できる力がなかった。非専門家の非常識的な話にいつもならば拒否したはずであるが、この日だけは全然拒否できなかった。素直に従うした。自分を失てしくじった朝に現れたイエス様に、さすが抵抗できる力がなかった。何かの力に圧倒されていた朝であった。というのは、朝には浅いところに魚が集まることが常識だからである。普段でしたら、自分の経験や常識を主張し、従えなかったはずのペテロも、きょうは素直だった。その結果、2艘いっぱいの漁ができた。今まで見たことのない光景であった。もう一回、奇跡を見た。舟2艘いっぱいに漁ができた。もう一つの奇跡にみんな驚いた。一匹も取れない奇跡にびっくりし、今度は2艘いっぱいの奇跡にびっくりした。

「ZERO」の奇跡、「100、200」の奇跡を起きた。

●従順のすごさへの体験
私たちも、クリスチャンとして必ず味わってみなければならないのが、従順の体験と味である。この味は、従順していない人には、その味がわからない。この味が体に染みついて、クリスチャンは成長ができる。以下のみことばにもあるように、従順してみればそこから、このことばが本当に神から出た、すごいものと知るようになる。そうでないと、いつも頭だけのクリスチャンとなる。

ヨハネ7:17 だれでも神のみこころを行なおうと願うなら、その人には、この教えが神から出たものか、わたしが自分から語っているのかがわかります。

この従順を通して、ペテロは、物質的なことはもちろん、霊的な多くのことを得るようになった。それで、人々も成長する。真の成長は、この従順から起こる。従順を体で覚えたこの味は、絶対に忘れられない、強力なものであり、これで人は成長する。イエス様も、実は従順を通して完全になれた。同じく私たちもそうである。従順のない成長は真の成長ではない。

ヘブル5:8 キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、9 完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対して、とこしえの救いを与える者となり、

4.心の変化(8-10節)
●心の渦
漁の結果は、船2艘、いっぱいの漁だったが、ペテロは大きな漁に満足する気持ちにはなれなかった。
喜びや興奮も一瞬で終わり、ペテロの心には、大きな渦ができた。すごい強風が吹いた。今までの自分の心の葛藤、信仰的なためらい、自分の高慢、イエス様と出会ってから取った生ぬるい自分の姿なとで、彼の心は渦で混乱していた。
これは、心に神のみことなが入り、聖霊が働くときに現れることである。
9節で、ある人は驚いただけで終わっている。中には、これで何ができるかを計算する人もいたかも。
しかし、ペテロは、自分の罪深さを感じ、怖くなった。これを、私たちはコペルニクス的変革という。天動説から真逆の地動説に変わるような、人生の変革である。こういう経験をすると、人は大きく変わる。真の回心が起こる。

●回心と献身:8節(回心)、11節(献身)
そして、惨めな自分、こんなに素晴らしいイエス様を知らず、しばらく信仰から外れていた自分に失望し、そういうだめな自分、それこそが罪深い自分だと納得したペテロは、イエス様の前にいきなりひざまずき、自分は罪人ですと告白するようにになった。イエス様が、お前が罪人だと迫ったわけでもない。そんな雰囲気は全くない。みんな嬉しくて喜ぶ時間なのに、急にペテロは、自分が罪人だと告白し始めたから、その船は凍ってしまった。強要したわけでもなく、そういう話を一言も話していなかった。


 いきなり悔い改める:これが本当に神に出会った人の特徴

彼は、「先生」(5節)と話していたが、急に、「主よ」(8節)と呼んだ。呼び方から変わった。彼の心の変化を推測できる。奇跡に驚いただけではなく、ペテロは自分の罪深さを感じ、怖くなった。きよいイエス様との差を感じ、彼は私から離れてくださいと話す。

普通ならば、神に感謝の「ありがとう」になるはずである。でも、ペテロは神に目覚めた。天が開かれた。それほど、歯を食いしばって、骨を折りながら頑張っていた漁、そこで得られたこの結果に、彼は踊りながら、「ありがとう」を連発しなければならないのに、そうでなかった。

・一般の人ならば、このお金で家買って、舟新しもの買って、車買ってとなる。、また、明日の漁にもイエス様は来てくれないかなとか、この奇跡をビジネスにも活用して、ガリラヤ湖地域の有名人になろうとか。やっと家族が幸せに生きれるようになったとかになるはずである。

ある人は教会にくるのも、何か目に見えることを計算して、利益になりそうなときだけ来るが、それ以外は来ない。

・とにかく、ペテロはこのめでたい出来事から、逆に霊的な変化を経験するようになった。彼は、今までイエス様についていこうとして、また不信仰に戻っていた自分を思い、その場で回心し、その船を捨てて、イエス様についていった。彼は、心の回心と、イエス様についていくという真の献身までを同時に行った。そして彼は、真のイエス様の弟子となった。普通ならば、回心してから時間をかけて少しずつ成長して、やっと主のために献身するようになる。

ペテロは、あれほど大事にしていて、骨を折りながら得られた魚を捨てた。そして、使命や召しに応じた。

●即刻イエス様の召しに従った(献身):召しに従う。男らしい、ペテロらしい信仰ぶり。
イエス様は10節にて、彼に向って、「人間をとるようになる」と言われ、彼は舟を捨ててイエス様の召しについて行った。もう彼の眼には、何が大事であるかが分かったからである。

もちろん、私たちも全部パテロのように、職を捨ててイエス様についていくということではない。職を捨てることだけが献身ではない。むしろ、そういう人はいるかもしれないが、少ないだろう。今までは、職業やお金が人生の目標だったのに、その目標が変わったという意味である。職を金を稼ぎ、幸せのための、自分の世の成功や名を高める機会とするのではなく、その職を神のためのものとする。神に栄光のための手段とする変化が起こったのである。

5.捨てられた船の栄光(11節)
私は、彼が捨てた船のことが気になっていた。捨てられた舟、しかし私はそこからものすごい、神様からの褒めと栄光を見る。ペテロは捨てたが、神様にはこの上ない光栄を与えるというイメージが浮かぶ。神のために捨てたもの、それが栄光と喜びとなって、ペテロを最高の存在へと導いた。捨てられた空っぽの舟、主人を失った舟の輝く栄光や力は計り知れない。

捨てられたのは、決して捨てられるわけではない。
目に見えない天の宝石の漁で輝く。
汚いほこりを捨てて、宝石を撮った選択の偉大さ。

若い宣教師で殉教したジム・エリオットは、こう話す。

”永遠であることのために、永遠ではないことを捨てることは、決して愚かなことではない”

ペテロは、新しい宝を発見できた。同じ経験をパウロも以下で話す。

ピリピ3:7 しかし、私にとって得であったこのようなものをみな、私はキリストのゆえに、損と思うようになりました。8 それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。私はキリストのためにすべてのものを捨てて、それらをちりあくたと思っています。それは、私には、キリストを得、また、

きょうは、この船がなぜか限りなく輝いて見える。寂しいその船がなせが、深い感動を与え続ける。空っぽの船に、これから天から宝石が降り注がれるだろう。限りない恵みが、続くだろう。

あなたには、こんな船がありますか。いつも物質的にいっぱいになる舟、毎日きれいにし愛する舟、そして満杯の舟だけではなく、イエス様のために、自分の永遠のために、大胆にささげた、捨てられた舟はありますか。こういう船をもっている人は幸いであろう。あなたの人生の中にも、こういう、主のためにすてた舟や何らかのことが、あるべきではないか。それが真の信仰、真の信仰者ではないか。それがあなたの人生の真の財産ではないか。この世のことを、貪ってかき集めるばかりの舟でなく、それらを主のために与え、人間をとる舟、そんな人生の舟になるべきではないか。

<結びの祈り>
天の父なる神様! きょうペテロに起きた出来事を通して、多くのことを考え、学びました。この世の魚とりと成功が全部だと思って、生きてきたペテロに、もう一つの世界、霊的な神の世界が開かれた瞬間でした。彼は、イエス様のみことばに従う結果、心の変革、人生の大きなターニングポイントを迎えました。何が大事で、何が永遠に輝くものなのか、何を人生の目標として生きるべきか、自分が信じるべきは何なのかを悟りました。彼は最高の選択をしました。無くなるものの代わりに、永遠で無くならないものを手に入れました。どうか、私もこういう恵みにあずからせてください。人生の高慢が破れ、主に謙遜になり、人生の目標や生き方が変わりますように。そして新たな使命を受け、前進できますように。捨てられた空っぽの舟の栄光を、自分の人生でも再現できますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント