わざわいの人と幸いな人 화 있을 사람, 복 있을 사람

わざわいの人、幸いの人

人が皆あなたがたをほめるときは、あなたがたはわざわいだ。彼らの祖先も、にせ預言者たちに対して同じことをしたのである。(ルカによる福音書 6:26 )

クリスチャンは、当然人々に褒められるように努力すべきである。つまり、行動や生活において、罪や悪によって人々に非難されてはならない。しかし、クリスチャンとして、主の教えに従って生きていこうとすると、周りの人々の生き方や方式に全部同調できない時が必ず出てくる。それによって、人々から憎まれるようになることが決まっている。つまり、主の弟子として生きていこうとすると、多くの人に褒められるが、一部の人には憎まれることになり、これが健全なクリスチャンとして生きる人の証拠である。もし、私がすべての人に褒められるばかりの人となっている場合、またはそれを目指して生きていこうとするならば、問題があるかもしれない。どこかで真理を曲げ、不信仰に合わせようとしている可能性が高い。主のためには、一部の人に憎まれることを覚悟しないといけない。すべての人に合わせ、褒められる道は、主の道ではない。従って、主の教えに従うため、一部の人に憎まれることは、22節に幸いだと書いてある。

화 있을 사람, 복 있을 사람

모든 사람이 너희를 칭찬하면 화가 있도다 저희 조상들이 거짓 선지자들에게 이와 같이 하였느니라 (누가 복음 6:26)

 그리스도인들은 당연히 사람들에게 칭찬 받도록 노력해야한다.  즉, 행동과 생활에서 죄와 악으로 인하여 사람들에게 비난받아서는 안된다.  그러나 기독교인으로, 말씀에 따라 살아 가려고하면 주위 사람들의 삶과 방식에 모두 동조하지 못하는 경우가 반드시 나타난다.  그로 인해 사람들로부터는  미움을 받기도 한다.  즉, 주님의 좋은 제자로 살다보면 많은 사람들이 칭찬 받게 되지만, 때때로 어떤 사람으로부터 미움을 받는 것, 이것이 건전한 기독교인으로 내가 살고 있다는 증거이다.  만약 내가 모든 사람에게 칭찬만 받거나 또는 그것을 목표로 살아 가려고 한다면 문제가 있다는 것이다.  어디 선가 진리를 행하지 않고 불신앙에 맞추려 하고 있을 가능성이 높다.  주님을 위해 일부 사람에게 미움을 각오하지 않으면 안된다.  모든 사람에 맞추어, 칭찬 받는 길은 주님의 길이 아니다.  예수님의 가르침에 순종함으로 일부의 사람에게 미움 받을 때 22 절에는 복이 있다고 말씀하고 있다.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント