わざわいの人と幸いな人 화 있을 사람, 복 있을 사람

わざわいの人、幸いの人 人が皆あなたがたをほめるときは、あなたがたはわざわいだ。彼らの祖先も、にせ預言者たちに対して同じことをしたのである。(ルカによる福音書 6:26 ) クリスチャンは、当然人々に褒められるように努力すべきである。つまり、行動や生活において、罪や悪によって人々に非難されてはならない。しかし、クリスチャンとして、主の教えに従って生きていこうとすると、周りの人々の生き方や方式…

続きを読む

捨てられた舟の栄光に輝く人生(ルカ5:1-11)

(ルカ5:1-11) 1 群衆がイエスに押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、 2 岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。 3 イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟にのり、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を教えられた。 4 話が終わると、シモンに、「深み…

続きを読む

「もういい」という態度は、信仰ではない "이정도로 끝내자, 됐어"라는 태도는 믿음이 아니다

QT
ルカ5:19 しかし、大ぜい人がいて、どうにも病人を運び込む方法が見つからないので、屋上に上って屋根の瓦をはがし、そこから彼の寝床を、ちょうど人々の真中のイエスの前に、つり降ろした。 重い、中風の病気を患う人の信仰的チャレンジの話である。彼は全く動けない人である。彼がイエス様に出会う、そして病気をいやしてもらうためには、数々の難関がある。自分を担いでくれる人が4人も要るとか、その上にイエス…

続きを読む

おことばのとおりに従った結果  예수님 말씀대로에 순종한 결과

ルカによる福音書 5:5 シモンは答えて言った、「先生、わたしたちは夜通し働きましたが、何も取れませんでした。しかし、お言葉ですから、網をおろしてみましょう」。 夜通しの漁でも、一匹も取れなかったペテロは、船に上ってくれたイエス様からの話を聞いて、深いところに行き、もう一度網を下ろし、漁を再開した。すると、とんでもない漁ができた。この出来事から彼は、イエス様の弟子として生きるようになった。この…

続きを読む

信仰者に起きる、驚くべき霊的な事実(ルカ3:21-23)

ルカ3:21 さて、民衆がみなバプテスマを受けていたころ、イエスもバプテスマをお受けになり、そして祈っておられると、天が開け、 22 聖霊が、鳩のような形をして、自分の上に下られるのをご覧になった。また、天から声がした。「あなたは、わたしの愛する子、わたしはあなたを喜ぶ。」 23 教えを始められたとき、イエスはおよそ三十歳で、人々からヨセフの子と思われていた。このヨセフは、ヘリの子、順次さか…

続きを読む

パンだけのために生きようとする人々へのイエス様の忠告 빵만을 위해 살아가려는 사람들에 대한 예수님의 충고

QT
ルカ4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない。』と書いてある。」 イエス様は公的な働きをする前に、悪魔から3つの誘惑へのテストを受けた。悪魔は40日間も食べていないイエス様に向かって、あなたが神の子であるならば、この石をパンに変えてみてはと、イエス様をあおった。イエス様を食欲をもってだめにしようと思った。もちろん。イエス様はそれに対し、上記の聖句を対応し、その提案に応…

続きを読む