神の声に共鳴する人生(ルカ10:38-42)

ルカ10:38 さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村にはいられると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。
39 彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。
40 ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするように、妹におっしゃってください。」
41 主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。
42 しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」

1.現代人
現代人は、このマルタのように忙しくて、神のみことばを聞く時間も、祈る時間もない。
マルタのようなもてなしも必要であるが、今何がもっと大事なのか、それを選び取る必要がある。
私たちには重要な事、緊急な事、よいことなどが絶えず押し寄せてくる。大体は、重要でよいことより、緊急なことに覆われて生きることが多い。だから選択が大事である。もちろん、マルタのようなもてなしが必要な時もあり、大事であるが、今のこの瞬間、何が必要であるかを考えて、選択して生きるべきである。

私たちはすべてをすることはできない。そうすろと、焦点がぼやけて最後には一番中途半端な人生となる。また焦点が合わず、信仰の火がつかない。神はいい加減に生きることを願っていない。

申命記6:5 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。

今のこのこの時代は、まるで市場のようである。それぞれ、欲、主張をし、利益を求めて叫んでいる。それで、神の声は全く耳に入らない。以下のみ言葉のようである。

マタイ11:16 この時代は何にたとえたらよいでしょう。市場にすわっている子どもたちのようです。彼らは、ほかの子どもたちに呼びかけて、11:17 こう言うのです。『笛を吹いてやっても、君たちは踊らなかった。弔いの歌を歌ってやっても、悲しまなかった。』

ここには、神のみことばや声に全く共鳴しない現代の人々の様子を描いている。

申命記29:4 しかし、主は今日に至るまで、あなたがたに、悟る心と、見る目と、聞く耳を、下さらなかった。

多くの人は、耳があっても、目があっても、心があっても、その機能を果たせない。悟りがない心は、動物と同じであり、聞こえない耳、見えない目は、まさに霊的な障碍者である。

Ⅱテモテ4:3 というのは、人々が健全な教えに耳を貸そうとせず、自分につごうの良いことを言ってもらうために、気ままな願いをもって、次々に教師たちを自分たちのために寄せ集め、4真理から耳をそむけ、空想話にそれて行くような時代になるからです。

このみことばのように、今の時代は、SNS、ユーチューブの時代である。それぞれ自分が好きなチャンネルを登録して、自分の好きなことだけを聞く。健全なみことばには、耳を傾ける時間がなくなる。もちろん、私たちはこれらを有意義に用いる知恵が必要であるが、それができないと可笑しくなることも予想される。この聖書の預言が実現している。

2.神の声、みことばに対する態度

①選ぶ
何をするかを選択することである。つまり、みことば、神の声を聴くことを選択する必要がある。マリアがイエス様の話を聴くことを選択したように。
信仰者は絶えず選択していく必要があり、それは神の声、みことばを聞く選択である。というのは、神の声、みことばこそが、信仰者の始まりだからである。これがないと、信仰は始まらない。ここからすべてが始まる。

②沈黙
この選択は、神の声を聴くためのことである。つまり、この世に対し沈黙を保ち、神に心を開く時間である。以下の聖句には、神やイエス様の声は、小さいと書かれている。近づかないと聞けない。神は大声で、あなたのことを言わない。あなたへの一番大事なこと、秘密のことを大声で叫ぶようなことはしない。ささやくのである。だからあなたは近づかないと、実に大事なことは聴けないはずである。ある意味、神は私たちに近づいてくるように願っているかもしれない。それは、神との親しい交わりの時間でもある。

イザヤ42:2 彼は叫ばず、声をあげず、ちまたにその声を聞かせない。

この沈黙の時間、神のためにこの世のことをシャットアウトする沈黙のためには、普段の日常から離れて、祈りの部屋を作るか、あるいは公園で散策をするなどもよい。また断食もその一つである。私は毎週、土曜日は朝と昼の2食断食をする。そうすることにより、もっと説教準備、神のみことばに集中することができる。方法いろいろである。この世のことから離れて、新しい沈黙、神と向き合う静かな時間をもつようになると、いろんな神からの声を聴いたり、アイデアをもらったりする。つまり、Good ideaも与えられるが、それより神からのGod ideaを多くもらえる。私も教会内でも祈るが、一日できるだけ、公園で神を思い、祈りながらゆっくり散策をする。すると、そこで神はいろんなアイデア、思い、メッセージを思い起こしてくださる。

③神の声とみことばの力
神のみことばには力があり、エネレギーがある。それだけではなく、創造の知恵、全知全能の技もある。私たちの前にある全て、これからのあなたのために、神は新たなことを造ってくださる。というのは、神はご自分のことばで、世界を造り、すべてを創造されたからである。

ヘブル11:3 信仰によって、私たちは、この世界が神のことばで造られたことを悟り、したがって、見えるものが目に見えるものからできたのではないことを悟るのです。

以下のみことばには、神のことばは、神の口から出て、人の心に流れていくと、新しい技を起こし、素晴らしい実を結べると約束されてある。絶対に無駄にはならない。

イザヤ55:11 そのように、わたしの口から出るわたしのことばも、むなしく、わたしのところに帰っては来ない。必ず、わたしの望む事を成し遂げ、わたしの言い送った事を成功させる。

紙の上に書かれた神のみことばが、そのままではなく、あなたの心に映され、刻まれるときに、そのみことばは働き始める。

マルチン、ルーターも似たような話をした。みことばを掴みなさい。そうすれば、そのみことばがあなたが寝ているときも、覚めえているときも、あなたを追ってきて、あなたを助け、導き、教え、あなたを掴んでくれると話している。

④神の声、みことばへの共鳴
この神の声、みことばに共感し、それに人生のピントを合わせると、すごい奇跡が起こる。
つまり、あるみことばに共鳴し、そこにフォーカスが合うと、どんでもない奇跡が起こる。
頭で、心で共感、生き方で、祈りで共感・共鳴する必要がある。

共鳴とは、ある振動しない物体が、隣のものが振動して出すと、自然と一緒に鳴り始めることである。
私たちも、神様の声、みことばに共感していけば、いつか自分も知らずのうち、共鳴し始める。以下のみ言葉には、最後のところで、神のみことばが、信じている者のなかで働くとなっている。つまり、神のみことばに共鳴し、そこに自分の信仰を加えることにより、新しいみことばの働きが始まる。あなたが寝ても、覚めても、働くときも、いつもそのみことばは働くようになる。

Ⅰテサロニケ2:13 こういうわけで、私たちとしてもまた、絶えず神に感謝しています。あなたがたは、私たちから神の使信のことばを受けたとき、それを人間のことばとしてではなく、事実どおりに神のことばとして受け入れてくれたからです。この神のことばは、信じているあなたがたのうちに働いているのです。

今世紀もっとも有名な世界的な伝道師、アメリカのビリー・グラハムはつい最近亡くなったが、その方は若い時にイギリスのジョン・ウェスレーの記念館を訪れたことがあった。そこには、ジョン・ウェスレーの信仰の私物が多くあり、その中にはジョン・ウェスレーがいつもひざまずいて祈っていて、膝の跡ができた場所があったようである。ビリー・グラハムは、そこにひざまずいて祈ったという。ジョン・ウェスレーに起こった奇跡が、自分にも「もう一度」起こるようにしてくださいと。実際、その祈りが答えられ、彼は大きく用いられるようになった。
 
これが「もう一度」の信仰である。聖書の中にあるすべての約束は、あなたのためにあり、あなたにも「もう一度」の奇跡を起こすことができる。聖書の中の奇跡、他人の素晴らしい働きは、あなたにもいくらでも起こり得る。

聖書を読んでいくうちに、あなたが共感するみことばが出てくる。それらを簡単に捨てないで、じっくり考え、場合によっては、この聖書の奇跡や働きがそのまま自分にも起こるようにと、あなたも祈ることができる。以下の聖句には、いくらでも、神のことばがあなたにも実現し、「しかり」となると書かれている。聖書のみことばは、ある人だけのために存在するわけではない。そのみことばに共感、共鳴する人には、同じ奇跡や働きが何回でも起こるのである。

Ⅱコリント1:20神の約束はことごとく、この方において「しかり。」となりました。それで私たちは、この方によって「アーメン。」と言い、神に栄光を帰するのです。

2 Corinthians 1:20 For all the promises of God in him are yea, and in him Amen, unto the glory of God by us.



「What is my promise?」

つまり、聖書のすべてのことばは、全部私のためのものとして受け取ることができる。それらの中には、ある聖句は、短期的なものとして、あるものは中期的に、あるものは長期的または一生をかけて、求め祈れる、私のための約束「My promise」として受けとることができる。とくに、一生かけての自分の約束があれば、それを毎日祈っていくことである。そのみことば、約束に水をやり、祈りをし、その約束が実現するように祈ること。そうすれば、ちょうどよい時に、そのみことばが実を結べてくれる。

以下の人物たちも、自分に与えられた神からの約束を信じて、神に用いられ、大きな働きをするようになった。ここに彼らの約束を以下に紹介する。

アブラハム
創世記12:11 その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。2 そうすれば、わたしはあなたを大いなる国民とし、あなたを祝福し、あなたの名を大いなるものとしよう。あなたの名は祝福とな

ヤコブ
創世記28:13 そして、見よ。主が彼のかたわらに立っておられた。そして仰せられた。「わたしはあなたの父アブラハムの神、イサクの神、主である。わたしはあなたが横たわっているこの地を、あなたとあなたの子孫とに与える。14 あなたの子孫は地のちりのように多くなり、あなたは、西、東、北、南へと広がり、地上のすべての民族は、あなたとあなたの子孫によって祝福される。15 見よ。わたしはあなたとともにあり、あなたがどこへ行っても、あなたを守り、あなたをこの地に連れ戻そう。わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」

ヨセフ
創世記37:7 見ると、私たちは畑で束をたばねていました。すると突然、私の束が立ち上がり、しかもまっすぐに立っているのです。見ると、あなたがたの束が回りに来て、私の束におじぎをしました。」9 ヨセフはまた、ほかの夢を見て、それを兄たちに話した。彼は、「また、私は夢を見ましたよ。見ると、太陽と月と十一の星が私を伏し拝んでいるのです。」と言った。

パウロ
イザヤ49:6は仰せられる。「ただ、あなたがわたしのしもべとなって、ヤコブの諸部族を立たせ、イスラエルのとどめられている者たちを帰らせるだけではない。わたしはあなたを諸国の民の光とし、地の果てにまでわたしの救いをもたらす者とする。」

私の証し
私も、日本に来る時に、ヘブル11:8-12節の約束が自分に与えられた。私は、日本について翌日からこの約束をもって毎日祈り、黙想し、考え、これにゆだねて、基づいて生活してきた。ほぼ毎日、1-2時間祈るときに、この約束をもって祈った。とくに10節がもっとも祈っていたことばである。霊的な都を設計から建築まで主がなさるという約束である。このみことばを黙想すると、いつも希望に満ちる。”その都を設計し建設されたのは神です。”というのが、あまりにも大きな慰め、力となってきた。

8 信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの召しを受けたとき、これに従い、どこに行くのかを知らないで、出て行きました。
9 信仰によって、彼は約束された地に他国人のようにして住み、同じ約束をともに相続するイサクやヤコブとともに天幕生活をしました。
10 彼は、堅い基礎の上に建てられた都を待ち望んでいたからです。その都を設計し建設されたのは神です。
11 信仰によって、サラも、すでにその年を過ぎた身であるのに、子を宿す力を与えられました。彼女は約束してくださった方を真実な方と考えたからです。
12 そこで、ひとりの、しかも死んだも同様のアブラハムから、天に星のように、また海べの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。


私はこの神様のみことばに共鳴し、それが自分にも、「もう一度」再現できるようにと願った。これから神はどんどんそれをなしてくださると信じる。終わりではなく、新しいことをなさる神にゆだねる。

私たちは、人生をもっと豊かに、もっと有意義に、もっと最高に生きるためにも、こういう神の声、みことばに触れることが大事である。私たちは、神のみことばを聞く、そしてあるみことばに共鳴し、そのみことばを「My promise」とし、心も、生活も、祈りも共鳴し、生きる必要がある。人生の確信をもって、揺れることなく、わくわくした信仰生活を送るためにも、神のみことばに共鳴し、ときにはそのことばを、自分への神の約束(MY PROMISE BY GOD)とし、生きることを勧める。

神のことば、声は、私がそれに反応しない限り、意味がない。紙の上に書かれた聖書のことばや声が、私の心に映され、刻まれる時に、わたしも変わる。これからは、神の声を聴く時間、またその声をもって祈れる時間、そういう神と対面する時間を儲けることによって、皆さんの人生が特別な人生へと変わることを祈りたい。

<結びの祈り>
天の父なる神様! きょうも主の恵みを感謝します。まず、定期的に神の声のみことばに触れ、それに共鳴し、そのため祈る時間などが少なかったこと、それで神のみことばが私の中で生きることができず、30、60、100倍の実を結べなかったことを、悔い改めます。どうか、これからは、あなたのみことばにもっと真摯に向きあえますように。そして、私個人の人生に対する神からの約束のことばも与えられ、もっと生き生きとした信仰の人生へとなりますように。聖書のみことばが私の心に映され、刻まれ、神が私を通して力強く働けますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント