祈りによって完成していく信仰者の人生(ルカ11:1-13)

<聖句>
1 さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」
2 そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。
3 私たちの日ごとの糧を毎日お与えください。
4 私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負いめのある者をみな赦します。私たちを試みに会わせないでください。』」
5 また、イエスはこう言われた。「あなたがたのうち、だれかに友だちがいるとして、真夜中にその人のところに行き、『君。パンを三つ貸してくれ。
6 友人が旅の途中、私のうちへ来たのだが、出してやるものがないのだ。』と言ったとします。
7 すると、彼は家の中からこう答えます。『めんどうをかけないでくれ。もう戸締まりもしてしまったし、子どもたちも私も寝ている。起きて、何かをやることはできない。』
8 あなたがたに言いますが、彼は友だちだからということで起きて何かを与えることはしないにしても、あくまで頼み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう。
9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。
10 だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。
11 あなたがたの中で、子どもが魚を下さいと言うときに、魚の代わりに蛇を与えるような父親が、いったいいるでしょうか。
12 卵を下さいと言うのに、だれが、さそりを与えるでしょう。
13 してみると、あなたがたも、悪い者ではあっても、自分の子どもには良い物を与えることを知っているのです。とすれば、なおのこと、天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。」



<説教>

1.祈りの内容
1)神様のことを祈る(2節:御名があがめられますように)

●普通直すべき祈り:利己的な祈り、偏狭な祈り、どうでもよい祈り、抽象的な祈り

(1)み名があがめられますように(2節:御名があがめられますように)
これは受動態となっている。私たち人間があがめないと、神様のみ名があがめられることはない。神のみ名があがめられる時に、私の人生も一番輝く。神の栄光と私の喜びはつながっている。

①生活を通して神の栄光をあがめる 
私たちには神の栄光のためとなる生活や生き方が必要である。世にはクリスチャンでありながら、神の栄光のどころか、神の名を汚す人が多い。ノンクリスチャンは、クリスチャンの話や行動を見て神を判断し、教会に来るか来ないかを考える。

②タラントを用いて神に栄光をあがめるべき
神様はそれぞれの人にタラント、賜物を与えてくださった。それを用いて神に栄光をあがめるためのことである。

マタイ25:15 彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには五タラント、ひとりには二タラント、もうひとりには一タラントを渡し、それから旅に出かけた。16 五タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに五タラントもうけた。17 同様に、二タラント預かった者も、さらに二タラントもうけた。18 ところが、一タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した。

●上記の3人のうち、なぜ最後の人は怒られたのか
彼は成功できるか(損するかもしれないという不安)に対する心配があったと思われる。もう一つは犠牲したくない心もあったと思われる。それでタラントをそのまま埋めておいた。

・ここでは確かにビジネス的な観点のようになっているが、タラントには成功も失敗もない。使えば使うほど輝く。使わないのが問題。使う分、成功である。そしてタラントを用いて働くのは、確かに面倒くさい。それで埋めておく。

・なぜ祈らないのか:自己満足で終わる祈りでは祈れない。もっと神からのビジョンや使命がないと、本当の祈りはできない。

・大きな祈りにチャレンジしない人は、大体自分でできる範囲内で努力するだけでよいと思う。
善なる欲がない。祈らないので、その人の人生は、大体そこそこのことをする。大したことはしようともしない。挑戦的な祈りがないので、祈りに熱が入らない。すぐやめるようになる。

・信仰のない祈りは、これがないからできない、あれがないからできないという弁明ばかりである。しかし、お金や人は、実は神様が用意してくださるので、まずは祈りから始める。すべてがそろってからは祈らなくてもよい。

・本当に善なる働き、ビジョン、使命の事で旗をあげれば、お金も人は付いてくる。神様からも人からも助けもくる。

・まずは祈りの旗を揚げるべきである。

・韓国のある方の献金の話を聞いた。50億の献金(メディア宣教)を一人がしたと聞いた。
つまり、今も主人を探しているお金が多い。また、主のためにささげたい人もかなりいる。それらは祈る人が主人となる。

(2)み国が来ますように。(2節:御国が広がります)
・伝道を通して、信仰を通してその御国が早くなる。これは省くようにする。

2)自分のため(3節:私たちの日ごとの糧を毎日お与えください)
(1)毎日の私の必要や祈り
①生活に必要な祈り(ルカ11章9,10節)

9わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。10だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。

・この前のQTでも描いていますが、求める、捜す、たたくとは、「ほしい」・「困った」・「迷う」ときの祈りである。私たちは毎日のこういう必要をもって祈るべきである。

(2)人間関係(4節:私たちの罪をお赦しください。私たちも私たちに負いめのある者をみな赦します。私たちを試みに会わせないでください。)

●人との間で多くの問題がこの赦しのないことから生まれる。
・他人との関係:赦す広い心、私の罪の赦しは、結局人を赦すことによって証明される。
自分の罪は赦されたのに、人の罪は赦さないというのはよくない。

●試みに合わせないでください。人との関係により、試みも誘惑もくるので、気を付けるべきである。
 愛をもって人間関係を保っていく必要がある。


2.どう祈るべきか(方法)
●実は祈りが答えられる一番よい方法はない。こう祈りなさいという方法も特にない。一番大事なことは、方法ではなくしつこく祈ることである。

 8節:あくまで頼み続けるなら、そのためには起き上がって、必要な物を与えるでしょう

・もちろん、すぐ答えてくださるのも当然ある。緊急な祈りに緊急に答えてくださる。しかし、時に神様はなぜ長い忍耐を求めるのか。すぐくれないのか。マジックのようにすぐはくれればよいのに。

・なぜ祈りに忍耐が要るのか。それは神様が訓練することである。物だけをもらっては逃げるようなことはよくない。動物的な付き合い。それよりはもっと神様との深い交わりを求めている。

・もう一つは、祈りの真実性を証明する機会である。時間がかかると、大体の人、熱のない人、本気ではない人は、去っていく。本当にどうしてももらわなければならない人、使命やビジョンがある人は、最後まで続けるだろう。そうでない、どうでもよい祈りをする人は、すぐやめてしまう。本気度のない人に恵みを与えても正しく使えない。神はそういう熱の入った、本気の人を探すためである。

・一回捕まえたら絶対見逃さない動物が多くの狩りをするのと同じである。

・なぜ、この人はずっとしつこくお願いすることができたのか。自分のことならば、できなかったはずである。自分のところにきたお客さんがいるので、しつこくお願いした。人のためにしたからである。つまり、神のため、人のための責任感を持つと祈りは、変わる。自分だけの祈り、自己中心的な祈りは意外と弱い。簡単にやめる。私たちは聖なる祈りが必要である。ミッション、使命、そういうのがないと、ゆがむ。人間的な成功だけを祈った人は、それが成功すると、高慢になるからである。

・ですから共に祈ることも大事である(水曜日の祈祷会にもぜひ参加することを祈る) 

・また、教会では後半部の祈りリストを作成し集める。

・祈らないと心に毒草が生まれる。その結果:不安、憂鬱、挫折、失望、苦いね、心配、高慢、自慢、比較、批判も生まれ、可笑しくなる。

・祈りの呼吸が止まると、窒息死、細胞が死に、組織、器官が死ぬ。

・哲学者、カントや、ウェスレーは、時間に忠実なキリスト者で、彼らは毎日決まった時間に祈りをしたと言われる。哲学者カントは、午後3時に必ず祈りの散策にでた。彼が有名になったのもこういう祈りの結果かも。

3.祈りの祝福
 13節:天の父が、求める人たちに、どうして聖霊を下さらないことがありましょう。

●神は祈れば、一番よいのを与える。

・ここでは、聖霊を下さるとなっている。すべてのことを与え、全知全能の働きをする聖霊が働き始めるという意味である。求めたからそれをすぐ与えるのではなく、聖霊が働き始める。

・聖霊が一番よい時に(クロノスではなく、カイロス)、おりにかなった助けを下さる。何がもっと良いのか、いついがもっと良いのかを考え、聖霊が答えてくださる。実際の祈りの答えは聖霊の働きである。たとえば、機械の部品が故障している時、メーカーにお願いすると、結局部品だけを送ってくれるのではなく、親切な会社は部品と一緒に、すべてを解決し直せるベテランの技術者も一緒に送ってくださるのと似ている。パンをくださいと祈ったのに、材料とパン技術者を送ってくださる意味かな?

エペソ3:20 どうか、私たちのうちに働く力によって、私たちの願うところ、思うところのすべてを越えて豊かに施すことのできる方に、

●その人の祈りの姿が分かれば、大体その人の信仰が分かる。
・大きな人は、大きな祈りから始まる。アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフ。
・祈れば人は変わるが、変わらないのは、祈らないか、祈っても情欲的な祈り、利己的な祈りばかり。
・祈りに失敗すれば、信仰は失敗。

私たちは何かをもらうらめにだけ祈るのではない。これを通して神様との交わりをする。また、祈りを通して、自分の信仰の本気度を表す。そして祈りを通して神の栄光をあがめる。そしてしつこく祈ることを通して、自分の信仰訓練をする。

時間があってもなくても、私たちは祈ることが大事である。まずは、何ががないことを弁明にするのではなく、神様に祈っていこう。祈りの旗をまずはあげよう。

<結びの祈り>
天の父なる神様、きょうの祈りの学びを感謝します。今までの祈りの生活を悔い改めます。どうでもよい祈り、偏狭な祈り、利己的な祈り、信仰のこもっていない祈り、しつこさのない祈り、小さいばかりの祈り、抽象的な祈りなどから、神の喜ばれる祈りへ成長していけますように。忙しいこと、散漫な生活、逆になった優先順位の生活を整え、祈りの時間をしっかり持つことができますように。祈りから私の信仰や将来を変える人となりますように。とくに、自分がしなければならない使命とビジョンをください。私の祈りを通して、神様、他人、自分が祝福されますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント