先週(2020.10.4)の説教のうち、ダニエル9:25でのメシアが出現する預言の実現時期に対する計算に一部間違いがあり、修正します。

ダニエル9:25 それゆえ、エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシヤなるひとりの君が来るまで、七週と六十二週あることを知り、かつ悟りなさい。その間に、しかも不安な時代に、エルサレムは広場と街路とをもって、建て直されるでしょう。

<ダニエルの預言からメシアの出現時期計算>
BC540年頃書かれたダニエル9:25節は、イスラエルでメシア(キリスト)が出現する時期について予言である。そこには、「エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシヤなるひとりの君が来るまで、七週と六十二週あること」となっている。その計算法を以下に書く。

※「エルサレムを建て直せ」(ダニエル9:25節)という命令は、ペルシャのアルタシャスタ王(アルタクセルクセス;BC465~424)のBC445年である。そこから、7週と62週後(=69週)にメシアが来るとと予言されていた(ダニエル9:25)。これを計算すると、1週が7なので、69×7すると(単位;年)、483年である。しかし、これはあくまでも聖書の一年の360日を基準としたので、今日の一年365日に換算すると476年になる。それで、命令が出たBC445年に476年を加えると、AD31年となる。実際、細かい実際の日付、閏月などを考慮すると、AD32年となり、キリストがヨハネからバプテスマを受け、天から「私の愛する子」(ルカ3:21,22)と、メシアとして正式に認められ、働きを始められた年と一致する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント