直接復讐の剣をあげるか、それとも神へゆだねる祈りの手をあげるか 직접 복습 칼을 들것인가, 아니면 하나님께 맡기는 기도의 손을 들것인가

QT
直接復讐の剣をあげるか、それとも神へゆだねる祈りの手をあげるか ルカ22:38 彼らは言った。「主よ。このとおり、ここに剣が二振りあります。」イエスは彼らに、「それで十分。」と言われた。39 それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った。 今最後の晩餐を終えたイエス様は、しばらくすると逮捕され、十字架の死を迎えるようになることを知っていた。それで、自分を捕…

続きを読む

「天路歴程」から学ぶ <天の都への旅路2>:狭い門からの旅路(マタイ7:13-14)

1.狭い門 「たたきなさい。そうすれば開かれるのです。」と門のところに書かれていた。 ✪狭い門の門番(善意氏) ・その門から遠くないところに悪魔、ベルゼブルが住んでいて、狭い門に入ろうとする人たちに矢を打ち、攻撃をするので、たまに狭い門まできては、死ぬことがあるので、狭い門に着いたらすぐ中に入ることが必要である。 ※(セリフは池谷敏雄訳の天路歴程から引用) ・門番の質問に主人公…

続きを読む

聖書的リーダーシップと指導者像 성경적 리더쉽과 지도자상

QT
聖書的リーダーシップと指導者像 ルカ22:26 だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。27 食卓に着く人と給仕する者と、どちらが偉いでしょう。むろん、食卓に着く人でしょう。しかしわたしは、あなたがたのうちにあって給仕する者のようにしています。 人間は基本的に仕えられるのに慣れて…

続きを読む

まだ実現していない聖書の預言 아직 실현되지 않은 예언의 날

QT
まだ実現していない聖書の預言成就の日 ルカ21:25 そして、日と月と星には、前兆が現われ、地上では、諸国の民が、海と波が荒れどよめくために不安に陥って悩み、26 人々は、その住むすべての所を襲おうとしていることを予想して、恐ろしさのあまり気を失います。天の万象が揺り動かされるからです。 聖書の多くの預言の中の、まだ残っている一つが、キリストがもう一度この世に来られるという話、つまり世の…

続きを読む

「天路歴程」から学ぶ   <天の都への旅路1 - 滅びの町から狭い門へ>

●ジョン・バニヤン(John Bunyan) ジョン・バニヤンは、英国のバッドフォード(Bedford)の小さな町、エルストウから生まれた。はんだ付けをする家庭で自分もその仕事をした。彼は内乱、共和政、王政復帰、宗教戦争など困難な時期を経て波乱万丈な人生を生きた。16歳の時に兵士として徴集され、3年間の戦闘に参加してたりした戦闘に参加した仲間が死ぬ光景も何度も目撃した。仲間が自分の代わりに…

続きを読む

死後天国の様子の下見  사후 천국의 모습 미리 맛보기

QT
死後天国の様子の下見 ルカ20:35 次の世にはいるのにふさわしく、死人の中から復活するのにふさわしい、と認められる人たちは、めとることも、とつぐこともありません。36 彼らはもう死ぬことができないからです。彼らは御使いのようであり、また、復活の子として神の子どもだからです。 きょうの内容は、死後の復活を否定する部類のサドカイ人たちとイエス様とのQ&Aである。彼らは、難しい問題をもっ…

続きを読む

真理に対するいろいろな反応 진리에 대한 여러 반응

QT
真理に対するいろいろな反応 ルカ20:19 律法学者、祭司長たちは、イエスが自分たちをさしてこのたとえを話されたと気づいたので、この際イエスに手をかけて捕えようとしたが、やはり民衆を恐れた。 ある時、一番聖書的な知識や理解があるだろうと思われる、階級の人々(祭司長、律法学者、長老)が、イエス様と会っていた。そこで、彼らもイエス様に負けないために、いやイエス様を困らせるために、いろんな…

続きを読む

神様に用いられる喜び(Ⅰコリント1:26-31)

●私たちが死に天国に行った時に、どういうことで神に褒められるだろうか。 ①神のために仕えたこと(ミナ、タラントの例え)  ②人のために仕えたこと(マタイ25:32-46) ※人間は基本的には、自分だけのために自分に仕えて終わるようになる。 ●旧約での例)オテニエル、エフデ、シャムガル(士師記3:8-31) ・オテニエル(名前の意味;神の力) ヨシュアと共にしたガレブの甥、信…

続きを読む

どんどん大きくなる、どんどん小さくなる信仰(信仰における格差) 신앙의 빈일빈 부익부

QT
どんどん大きくなる、どんどん小さくなる信仰(信仰の実の格差) ルカ19:20 もうひとりが来て言った。『ご主人さま。さあ、ここにあなたの一ミナがございます。私はふろしきに包んでしまっておきました。 21 あなたは計算の細かい、きびしい方ですから、恐ろしゅうございました。あなたはお預けにならなかったものをも取り立て、お蒔きにならなかったものをも刈り取る方ですから。』 ある高官が王位を取…

続きを読む

黙ってはならない. 機会を生かしなさい! 조용히 있지말고 기회를 살려라!

QT
黙ってはならない. 機会を生かしなさい! ルカ18:39 彼を黙らせようとして、先頭にいた人々がたしなめたが、盲人は、ますます「ダビデの子よ。私をあわれんでください。」と叫び立てた。 イエス様がエリコという地域を通るようになった時に、一人の盲人の方が、イエス様に声をあげて「助けてください」と、大声で叫んだ。それを聞いた周りの人々は、彼を「静かにしろ」と黙らせようとした。それに対し…

続きを読む

先週(2020.10.4)の説教のうち、ダニエル9:25でのメシアが出現する預言の実現時期に対する計算に一部間違いがあり、修正します。

ダニエル9:25 それゆえ、エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシヤなるひとりの君が来るまで、七週と六十二週あることを知り、かつ悟りなさい。その間に、しかも不安な時代に、エルサレムは広場と街路とをもって、建て直されるでしょう。 <ダニエルの預言からメシアの出現時期計算> BC540年頃書かれたダニエル9:25節は、イスラエルでメシア(キリスト)が出現する時期について予言である。そ…

続きを読む

バリサイ人のような高慢な信仰者となっていくのか、それとも純粋な信仰者となっていくのかを決めるのは 바리새인처럼 교만한 신앙인이 되어 갈지, 아니면 순수한 신앙인이 될지를 결정하는 것은

QT
バリサイ人のような高慢な信仰者となっていくのか、それとも純粋な信仰者となっていくのかを決めるのは ルカ18:11 パリサイ人は、立って、心の中でこんな祈りをした。『神よ。私はほかの人々のようにゆする者、不正な者、姦淫する者ではなく、ことにこの取税人のようではないことを、感謝します。 ルカ18:13 ところが、取税人は遠く離れて立ち、目を天に向けようともせず、自分の胸をたたいて言った。『神…

続きを読む

その日を覚えて、この日を生きる信仰者(ルカ17:20-37)

<神の世界と歴史の大まかな区分> 1. キリストの初臨 2. キリストの十字架の死 3. キリストの復活 : 聖書の中にはキリストのことについては、約350回の預言。全部成就した。ありえないことである。 4. 教会形成(ペンテコステ) :使徒2:1-3 5. 教会時代(今の時代): 6. キリスト者の携挙(再臨の前段階) :Ⅰテサロニケ4:16,17 7. 7年大患難 …

続きを読む