信仰進歩のための4スピリット;4C(Ⅰテモテ4:12-16)

「動画を観る」:https://youtu.be/E_tdwN966o8

1.聖書箇所(Ⅰテモテ4:12-16)
12 年が若いからといって、だれにも軽く見られないようにしなさい。かえって、ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔にも信者の模範になりなさい。
13 私が行くまで、聖書の朗読と勧めと教えとに専念しなさい。
14 長老たちによる按手を受けたとき、預言によって与えられた、あなたのうちにある聖霊の賜物を軽んじてはいけません。
15 これらの務めに心を砕き、しっかりやりなさい。そうすれば、あなたの進歩はすべての人に明らかになるでしょう。
16 自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。

12 Let no man despise thy youth; but be thou an example of the believers, in word, in conversation, in charity, in spirit, in faith, in purity.
13 Till I come, give attendance to reading, to exhortation, to doctrine.
14 Neglect not the gift that is in thee, which was given thee by prophecy, with the laying on of the hands of the presbytery.
15 Meditate upon these things; give thyself wholly to them; that thy profiting may appear to all.
16 Take heed unto thyself, and unto the doctrine; continue in them: for in doing this thou shalt both save thyself, and them that hear thee.

2.私たちへの教訓
1)Careful(気を付けるべきこと;人間はそれぞれ弱点があり、ついついやっちゃう面があるから)
①軽んじられないように(見本)(12節)

ことばにも、態度にも、愛にも、信仰にも、純潔(in word, in conversation, in charity, in spirit, in faith, in purity.)

・見本にはならなくても、人のつまずきにはならないように。
ローマ14:13 ですから、私たちは、もはや互いにさばき合うことのないようにしましょう。いや、それ以上に、兄弟にとって妨げになるもの、つまずきになるものを置かないように決心しなさい。

②聖霊の賜物を軽んじてはいけない(14節)
ガラテヤ6:7 思い違いをしてはいけません。神は侮られるような方ではありません。人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。

Ⅰペテロ4:10 それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。11 語る人があれば、神のことばにふさわしく語り、奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神があがめられるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン。

2.Concentration;専念すべき(Concentration)(13節)
ルカ10:41 主は答えて言われた。「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。42 しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。マリヤはその良いほうを選んだのです。彼女からそれを取り上げてはいけません。」

私たちには、なんでもできる力も、時間も、才能もなく、いくつかのことしかできない。ならば、何が大事なのか、それを考えて、永遠に後悔しない、何かをしていく必要がある。1つだけならば、信仰としか言えないが、少し広げるならば、以下のことが考えられる。

1)牧会をする指導者として:聖書の朗読と勧めと教え(to reading, to exhortation, to doctrine)
・聖書読み:自分の信仰を守り、豊かにするのが一番
・勧め:真理が分かるが、自分になかなか適用できず苦しむ人への励まし、奨励(個人的な交わり)
・教え:真理が何なのかに対する公的な教え;真理を教えること


2)牧会者ではない一般クリスチャンとして
・仕事・神との関係・奉仕・家庭など

・拡大鏡と火起し:レンズを光に通し、焦点を合わせて長く紙に当てていくと、火が起される。力や賜物が小さくても、集中すれば、必ず火はつく。
 
3.Commitment;これらの務めに心を砕き、しっかりやりなさい(Whole heart)(15節):心を込め

申命記10:12 イスラエルよ。今、あなたの神、主が、あなたに求めておられることは何か。それは、ただ、あなたの神、主を恐れ、主のすべての道に歩み、主を愛し、心を尽くし、精神を尽くしてあなたの神、主に仕え、

コロサイ3:23 何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。

・コミットまではしなくても、するときに心を込めてする。
・礼拝するときも、読む時も。短い時間での、質を求めて心から行う。

ヨハネ4:24 神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。」


4.Continue;あくまでそれを続けなさい(16節)

・継続の力:継続>> 一貫性 >> 安定 >> 神の答えとのジョンの成就

・ただ、始まるときに、ちゃんとした使命やビジョンがないと、簡単にやめるようになるので、何をするかも含め、しっかり祈って始める。

・続かないと、建物も1回くらい立てて、また崩れる。また立てて崩れることを繰り返しになる。なかなか建物は完成しない。

・長い長い年月を一滴一滴の水玉によって岩に穴ができる
ダウンロード.jpg

3.結果
信仰進歩のための4スピリット;4C.jpg

・力や賜物がなくても、続ける力、集中する決断があれば、必ず道は開かれる。これこそが、一番価値ある成功の恵みである。その過程において、多くの恵み、祝福が与えられる。

1)あなたの進歩はすべての人に明らかになるでしょう。
  信仰の成長はもちろん、成功のカギにもなる。

2)自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。
  自分だけではなく、人にも役に立つ。それどころか、救えるとなっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント