この世の希望ではなく、生ける望みに生かされる! 이 세상의 희망이 아니라 하나님으로부터의 산소망으로 사는 사…

この世の希望ではなく、生ける望みに生かされる! ”Ⅰペテロ1:3 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。” この世においても希望は大事である。しかしこれは環境によって変わるか、最終的には死と共に消えてしまうのである。こういう世からくる希望もこの世の試練や苦しみを乗り越える力となる場合が多い。しかし、それも制限的で長続きはしない。 一方、神から来る生ける望みは人間からではなく全知全能の神からきたのである。その望みは、キリストの復活によって証明されたのである。この世では死こそ最高の力である。つまり死の前ではすべてが無力である。しかし、キリストの復活はこの死をも完全に無力化する、圧倒的な力である。そこに生ける望みがあり、それは信じる人々が受けるものである。死と共になくならない望みである。その望みに希望を置いて、きょうを生き、苦しみを乗り越えることを祈りたい。この生ける望みに絶対的な真のの希望がある。 이 세상의 희망이 아니라 하나님으로부터의 산소망으로 사는 사람! ”베드로전서1:3 찬송하리로다 우리 주 예수 그리스도의 아버지 하나님이 그 많으신 긍휼대로 예수 그리스도의 죽은 자 가운데서 부활하심으로 말미암아 우리를 거듭나게 하사 산 소망이 있게 하시며”…

続きを読む

人間はどのようにして救われるのか

きょうは詳細な内容は書きませんので、興味のある方は次の録画の動画を参考にしてください。 https://youtu.be/r8i-7YcojrQ 1.自分が罪人であると自覚し、認めること ローマ3:23すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、 2.罪は必ず厳しい代価と刑罰をもたらす ヘブル9:27そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっているように 3.罪とそれによる刑罰の問題の解決策であるキリストの十字架を理解し、認める Ⅰペテロ3:18キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。 4.キリストを救い主として受け入れる ヨハネ1:12しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。 イエス様を救い主として受け入れる祈り イエス様、私は罪人であることを知りました。その罪を告白し、その罪を悔い改めます。私を憐れみ、その罪から赦してください。そして私の罪と刑罰に対する、完全な解決者であり、救い主となったイエス様を、私の心の中にお迎えいたします、どうぞ、私の心の中にお入りください。そして私の人生をお導きください。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

続きを読む

厳しい時が来るのを忘れてはならない! 고통의 때가 온다는 것을 잊지 말라!

”1 聞きなさい。金持ちたち。あなたがたの上に迫って来る悲惨を思って泣き叫びなさい。2 あなたがたの富は腐っており、あなたがたの着物は虫に食われており、5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らし、快楽にふけり、殺される日にあたって自分の心を太らせました。”ヤコブ5:1,2,5 終わりの日に、ぜいたく、快楽に溺れ、自分の心や肉体を太らせていた人々への神様の警告である。彼らは魂や霊のマヒになり、神の声や警告も聞かず、自分の霊的無知と貧しさをもたらしていた。しかし、しばらくすると、その全ても終わるようになり、その富や贅沢もサビに変わり、肥えた心も一瞬にして泣き叫びと変わるという厳しい警告である。その時には、サビの痕跡が自分の愚かさを証言することに過ぎない。聖書はうそをつくことがなく、今までの様々な予言が実現したのである。私たちは終わりがあるという終点を考え今を生きる必要がある。 現代は、聞くべき、見るべきことより、見たいこと、聞きたいことへ心を奪われ、混乱と混沌が人々を破滅に向かわせている。こういう時代を賢く生きていかないと、私たちは自分も知らずのうち、心も霊も衰退してしまう。もう一度、神を考え、世の終わりを考え、今を賢く生きる必要がある。 통곡의 때가 온다는 것을 잊지 말라! ”1들으라 부한 자들아 너희에게 임할 고생을 인하여 울고 통곡하라 2너희 재물은 썩었고 너희 옷은 좀먹었으며 5너희가 땅에서 사치하고 연락하여 도살의 날에 너희 마음을 살지게 하였…

続きを読む

小さくて小さいモンスター(怪物)にパニック! 작고도 작은 몬스터 (괴물)에 의한 패닉!

"苦しめ、悲しめ、泣け。あなたがたの笑いを悲しみに、喜びを憂いに変えよ。 主のみまえにへりくだれ。そうすれば、主は、あなたがたを高くして下さるであろう。ヤコブの手紙 4:9‭-‬10" この前、人間の体の中のモンスターが舌であると話した。きょうは、体の中ではないモンスターの出現について考えてみたい。それは、今話題の目に見えないウィルスである。世界は戦争や核兵器によって滅びるのではないかと、心配していたが、今は目に見ることもないウィルスによってパニックに陥っている。 元々、モンスターとは、"神の警告"という意味のように、こういうモンスターが出現すると、人間は神のことを考える時になる場合が多い。聖書にも、罪が横行していたノアの時代には大洪水による裁きがあり、その後イスラエル民族がエジプトから脱出した時もエジプト全域にあぶやイナゴ、かえるが全土を覆い、パニックになったことがある。その一連のことでイスラエル民族は無事に脱出することができた。実に今、ウィルス以外にもアフリカで発生したイナゴの群れがアフリカからアジアに広がりつつあり、非常事態が起こっている。また、聖書に記事によると、昔アッシリアの首都ニネベが罪で滅びると神に言われ、彼らはみんな神に悔い改め、その滅びから助かったというところもある。 とにかく、こういうことが起こる時に、私達は神のことを考え、きょうのみことばのように謙遜にへりくだって悔い改め、祈りをする時間とすべきである。世はいつまでも続くなではなく、終わりがあるという聖書の話にも耳を傾け…

続きを読む

体の中の小さいモンスター(怪物)!

"舌は火である。不義の世界である。舌は、わたしたちの器官の一つとしてそなえられたものであるが、全身を汚し、生存の車輪を燃やし、自らは地獄の火で焼かれる。ヤコブの手紙 3:6" 元々、モンスターとは、"神の警告"という意味がある。つまり、モンスターの出現を通して神を思い出すということである。きょうの聖書箇所には、人間の体の中の非常に小さいが、制しうることのできないモンスターがあり、それが'"舌👅"であると書かれている。このモンスターは、人の人生を一気に破壊したり、燃やしたりするものであり、まさにこの舌を制する者こそ、自分と世界を制することのできる、真の意味での偉大な人と言える。したがって、私達は、舌というモンスターを使う時はいつも神の警告を考え、謹んで使うように気を付けるべきである。舌のちょっとした使い方によって、人が生かされたり、殺されたりするからである。きょうは、私の舌がモンスターではなくエンジェルになり、自分と人を生かす働きができるように祈りたい。今まで舌によるたくさんの罪や破壊を悔い改めたい。 몸 속 작은 몬스터 (괴물) "혀는 곧 불이요 불의의 세계라 혀는 우리 지체 중에서 온 몸을 더럽히고 생의 바퀴를 불사르나니 그 사르는 것이 지옥불에서 나느니라. 야고보서 3:6" 원래 몬스터는 "하나님의 경고"라는 의미이다. 즉, 몬스터의 출현을 통해 하나님의 경고를 받고 하나님을 기억하라는 것 이다. 오늘의 성경 구절은 인간…

続きを読む

わかりやすい信仰者として生きる(創世記26:1-6)

関連動画 → https://youtu.be/frcx25KIoQw 創世記の中の4大人物、その中のイサクには事実あまり大した記事がなかったりする。それで、イサクの説教は少ない。アブラハム、ヤコブ、ヨセフに比べると、地味だなと感じる。そしてアブラハムやヤコブ、ヨセフのように、とくにこれというのがあまりない。なぜだろうか。その理由を最後に理解できたらと思う。その解答は何なのかを考えながら聞いてほしい。 22章(7-9節):従順の人(少年の時期):神のみことばに素直に従う信仰 ■アブラハムがささげる時に素直に従う。普通ならば、従順しないために、もがきをする。しかし、彼はそうしなかった。ある意味、アブラハムより殺されるイサクが我慢したことこそ、もっと素晴らしい従順であるという。 ■人によっては、従うとはいえ、最後までもがきをし、そして完全に砕かれてやっと慕う。神様の声に暴れる人も多い。 ■イサクは反抗もない。まるで、イエス様の十字架での死と似ている。イサクはイエス様の模型、モデルである。 イザヤ53:7 彼は痛めつけられた。彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれて行く小羊のように、毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、彼は口を開かない。 ▶皆さんはどうですか。最近、神様に従順したという覚えがありますか。あるならば、その従順は皆さんの人生において大きな力となり、よい方向に導かれるはずでしょう。神様のあなたへの約束はそのままつながるようになったでしょう。もし、不…

続きを読む

●ライブ礼拝案内(2020.3.8)

ライブは10:50分から始まります。普段の礼拝のように準備をして望みましょう。録画は午後2時にアップロードします。 ●きょうの説教 わかりやすい信仰者として生きる(創世記26:1-6) ●動画 https://youtu.be/frcx25KIoQw

続きを読む