危機と正直

危機は本物と偽物を明らかにします。何が泡で何が実体なのかも暴いてくれ、真実と嘘も明らかになります。 危機への対処過程において骨の折れるような経験を通して、軽くなって新しい機会を迎えることができたりします。 ただし、危機をチャンスにするためには、「正直」が必要です。 ブランドの価値が最も大きく暴落する場合はいつでしょうか。製品の欠陥よりも、それを隠そうとする偽りがあらわれる瞬間です。 信頼…

続きを読む

ギデオン編:神様に用いられた凡人(士師記6:1-17)

1.召しを受けるギデオン(1-16) 6:7 イスラエル人がミデヤン人のために主に叫び求めたとき ●同じパターンが繰り返される。イスラエル民族が偶像崇拝の罪を犯す。それで、苦しみに合わせる。彼らは神の叫び救いを求める。すると、神様は助けられる。 神様は、何回も彼らの悪さがあっても無視しないで救いの手を伸ばす。私たちも、時にはこのように繰り返し罪を犯すかもしれない。でも、いつでも…

続きを読む

ソーシャル ディスタンスと スピリチュアル ディスタンス  사회적 거리 두기와 영적 거리두기

ゼカリヤ7:13 「呼ばれたときも、彼らは聞かなかった。そのように、彼らが呼んでも、わたしは聞かない。」と万軍の主は仰せられる。 最近、コロナのことで人々は社会的距離(Social distance;ソーシャル ディスタンス)を続けることになり、そこからさまざまな苦しみを感じている。今まで感じたことのない、人との関係を断つことによる苦しみである。約3-4か月のこの経験から、人々は人間同士の…

続きを読む

素直な従順、完全な備えと導き(士師記4:1-10、14,16、21)

動画:https://youtu.be/0jG1dNh7mvA <関連聖書のみことば> 1イスラエルの子らは、主の目に悪であることを重ねて行った。エフデは死んでいた。 2主は、ハツォルを治めていたカナンの王ヤビンの手に彼らを売り渡された。ヤビンの軍の長はシセラで、ハロシェテ・ハ・ゴイムに住んでいた。 3すると、イスラエルの子らは主に叫び求めた。ヤビンには鉄の戦車が九百台あり、そのうえ…

続きを読む

角に角で戦うのではなく、職人にゆだねる! 뿔에는 뿔로 싸우지 말고 대장장이에게 맡겨야 한다!

QT
ゼカリヤ1:18私が目を上げて見ると、なんと、四つの角があった。20そのとき、主は四人の職人を私に見せてくださった。 ゼカリヤはハガイと一緒に、バビロン捕虜帰還後のイスラエル民族の新しい歩みについて、予言していた祭司であり、予言者である。彼は8つの幻を見るようになる。そのうち、この幻は2番目である。そこには、イスラエルを苦しませる4つの力強い周辺国、つまり4つの角が出る。そして今度はそれら…

続きを読む

信仰回復を優先しなさい[ハガイ書 2:1-9]

1 第七の月の二十一日に、預言者ハガイを通して、次のような主のことばがあった。 2 「シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアと、民の残りの者に次のように言え。 3 『あなたがたの中で、かつての栄光に輝くこの宮を見たことがある、生き残りの者はだれか。あなたがたは今、これをどう見ているのか。あなたがたの目には、まるで無いに等しいのではないか。 4 しかし…

続きを読む