原始福音から見る神の愛と信仰(創世記3:14-16, 12:1-4)

3:14神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。 3:15わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」 3:16女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」 17 土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。 きょうからは、聖書の各巻の学びをしていきたい。 創世記は、すべての始まり(宇宙万物・人間・罪…)である。 創世記の最初の1-11章までは、主に罪と裁きというパターンが繰り返す。4つの大きな事件が記録されている。最初の大きな出来ことは、1-2章での宇宙万物の創造、3章で人間が罪を犯しそれに対する裁き、6章では人間の性的な罪とノアの洪水、11章では人間のバベル塔とそれに対する裁き。つまり、罪に対する厳しい刑罰と裁きが繰り返す。 3章のエバの不従順の罪、6章のノア時代の性的堕落、11章の高慢の罪。これが人間の大きな罪であり、罪の代表的なものである。 1-11章まで人間の罪とそれに対する裁きだが、同じパターンである。しかし、それでも人間の罪の問題は解決にならなか…

続きを読む

偶然のように見える必然があるだけ! 우연처럼 보이는 필연이있을뿐!

"ルツは行って、刈る人たちのあとに従い、畑で落ち穂を拾ったが、彼女ははからずもエリメレクの一族であるボアズの畑の部分にきた。ルツ記 2:3" モアブから帰ってきたルツは、食べ物もなく早速仕事に出るようにした。それは、社会の弱者のために行われる、刈り取りの時に落ちる穂を拾うことである。その仕事のために畑に出たルツは、偶然のようにボアズ(後に夫となる)の畑に行くようになった。そこで出会ったボアズから励ましと仕事の許可をもらった。このボアズという男は、自分の畑で働く人に神の祝福を祈る素晴らしい人であり、働く人たちからも祝福を祈ってもらえる信仰と人望のある人である。その彼の畑についたのは、偶然なのか、それとも神の導きなのか。もちろん、それは偶然のように思われる必然、つまり神の導きである。私達クリスチャンの人生に起こる様々なことはすべて、神の導きと認知の上で起こる。私達の髪の毛のことまで知っている神には当たり前のことである。この信仰がないと、人生にさまよい、苦しみ、信仰がいつもふらふらする。祈れば、必ずルツのように神様からの機会、答えが訪れる。それは、偶然のように思われるかもしれないが、神の導きの必然である。失望せずに信仰と祈りにしたがって歩めば、その時は来る。ボアズの畑のような神の恵みに出会う時が。  우연처럼 보이는 필연이있을뿐! "룻은 가서 깍는 사람들 뒤에 따라 밭에서 이삭을 주워했지만, 그녀는 뜻밖에도 엘리멜렉의 가문 인 보아스의 밭 부분에왔다.  룻기 …

続きを読む

世で一番胸が温まる感動のドラマの女主人公! 세상에서 가장 가슴이 따뜻해지는 감동의 드라마의 여주인공!

ナオミに言った、「いいえ、わたしたちは一緒にあなたの民のところへ帰ります」。ルツ記 1:10 彼女は、当時においては一番の弱者であった。イスラエルが一番嫌うモアブの民族、それも夫が亡くなった若い寡婦、また嫁いた夫の家の男は3人全員が何かの呪いを受けたように、全員死んでしまった。完璧な母子家庭(?)である。またイスラエルから飢饉を逃れるために来たこの家は、イスラエル人であってもそれほど信仰も尊敬ももらえなかったはずである。なのに、ルツは今自分も全く知らないイスラエルについていくことを決めた。彼女のこの決断は、信仰的な決断とも言える。ここから感動のドラマは始まる。皆が助けてあげたくなる女であった。のちに、この決断は想像できない、素晴らしい展開に発展する。一番の弱者の一人が巻き起こすこの話には、これからいくつもの逆転のドラマが生まれる。 今日、完璧な環境や条件だけを待って、動き出せない、または少しの問題や足りないところがあると、不平不満したり、前に進むことを恐れる人が多いのではないか。しかし、この若い、しかも弱そうな女の決断はけっして乱暴な衝動ではなかった。信仰的な全身全霊を尽くした決断であった。彼女のことを考えると、いつも心が温まり、力をもらう。私達が進むべきことはなんだろうか。 세상에서 가장 가슴이 따뜻해지는 감동의 드라마의 여주인공!  "나오미에게 말 하였다. "아니, 우리는 함께 당신의 백성에게로 돌아갑니다 룻기 1:10"  그녀는 당시…

続きを読む

真理には耳を傾ける人が少なく寂しい道!? 진리에 귀기울이는 사람이 적어 외로운 길!?

"なぜなら、人々が真理のことばを耳ざわりだと敬遠し、自分につごうの良い話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。テモテへの手紙Ⅱ 4:3" 昔も今も人々は、真理に耳を傾けはしない。代わりに、自分が好きな話や快楽的な話には、お金を払ってでも群がる。そこに殆どの人が長蛇の列を作って集まる。決して寂しくなく、楽しい。その上、末梢神経を刺激してくれて中毒になってしまう。それに比べると、真理の話はかなり違う。末梢神経を大事にし、楽しい話になれている人には、最初はなかなか難しい。その面白さを知るには、少しの我慢が必要である。刺激よりは、内面からの大きな悟りと喜びの響きがくる。 聖書にも、マタイ7:13.14に、狭い問から入りなさいと話す。しかしその門に入る人は少ない。むしろ広い門に、夜も昼に人だかりで賑わう。 "狭い門を通らなければ、天の国に入ることはできません。人を滅びに導く道は広く、多くの人がその楽な道を進み、広い門から入って行きます。 しかし、いのちに至る門は小さく、その道は狭いので、ほんのわずかな人しか見つけることができません。マタイの福音書 7:13‭-‬14 " 広い門には真の命、永遠の命がなく、滅びの道であると話す。最後は、死への絶壁にぶつかり、避けることは不可能である。入るときは、道も広く皆で楽しく歩きやすかったのと対照的である。反対に、狭い、命の門の入口近くは、人が少なく魅力的な道ではなかったが、どんどん広くなり、最終的には永遠の命、天国が現われる。この広い道から狭い道への移動…

続きを読む

「心からの愛を捧げる信仰」マルコ14:3〜9(By 堀川)

イエス様に高価な香油を捧げる女性から学ぶ信仰のあり方。 この場面には3つの意味がある。 ①イエスを救い主とする意味 油を注ぐということは、イエスを主、王の王とする意味あいがある。 ※当時イスラエルでは王様になるときに油を注ぐ儀式があった。 ②贖い主とする意味 遺体に香油を塗るということをしていた当時は、イエスが贖いの十字架にかかる準備をしていた。つまり香油を注ぐという意味はイエスを贖い主とする信仰告白である。 ③主に全てを捧げる意味 300デナリ、つまり300万円くらいの高価な香油を捧げるという行為はまさに自分の全てを捧げる意味がある。 私たちはなかなか全てを捧げる信仰を持つのは難しいが、 出来る事に心を込めて信仰生活を送ることが捧げることになっていくと思います。

続きを読む

世の終わりの時代に信仰の2つの大きな敵 말세에 믿음의 두가지 큰 적

"その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知らぬ者、神聖を汚す者、テモテヘの第二の手紙 3:2" 世の終わりの時代の特徴として一番最初出る2つが、自分を愛する利己主義であり、二番目がお金を愛する拝金主義である。二千年前のパウロの恐ろしい予言である。つまり、自分の快楽のためにお金に没頭する時代である。ここから、他人をかえりみる愛の共同体が壊れ、またお金が神となる偶像崇拝により、数々の悪や副作用が現れ、信仰が脅かされる時代を迎える。信仰に生きることが難しい時代になる。 しかし、真の信仰はこういうのに打勝たなければならない。教会がこのような傾向のなかでも萎縮されることなく信仰を守るために、もっと力を発揮する必要がある。私達も、拝金主義、個人利己主義という偶像崇拝に転落してはならない。これこそ、信仰の一番の敵だからである。信仰に生きるのが益々難しい時代である。下手すると、信仰から脱落するしかない時代である。 말세에서의 믿음의 두가지 큰 적  "사람들은 자기를 사랑하며 돈을 사랑하며 자긍하며 교만하며 훼방하며 부모를 거역하며 감사 치 아니하며 거룩하지 아니하며 디모데 후서 3 : 2"  말세 시대의 특징으로 가장 먼저 나오는 두 가지가 자신을 사랑하는 이기주의와,  돈을 사랑하는 배금주의이다.  이천 년 전 바울의 무서운 예언이다.&n…

続きを読む

神様の国になくてはならない人の特徴(하나님 나라의에 없어서는 안될 사람의 특징)

"そして、あなたが多くの証人の前でわたしから聞いたことを、さらにほかの者たちにも教えることのできるような忠実な人々に、ゆだねなさい。" テモテヘの第二の手紙 2:2  ◎他人に教えることができる、忠実な人私達はまず自分が神様の前で忠実な人として成長することが必要である。 しかし、それで自分の信仰が充分ではなく半分の信仰に過ぎない。次は、その信仰を他の忠実な人、しかも他人に教えることができる人を見つけ、その人に働きを委ねることで、やっと自分の信仰の役割は完成する。 こうすることで、次の世代が起され、神の国が広がり、使命が繋がっていく。 このような使命を果たすために、求められる人が、他人に教えることができる、忠実な人である。 それを英語では、Teachable&faithful person、である。神様は、昔も今もこれからもこういう人を探している。 하나님 나라에서 없어서는 안될 사람의 특징 "또 네가 많은 증인 앞에서 내게들은 바를 충성 된 사람들에게 부탁하라 저희가 또 다른 사람들을 가르 칠수 있으리라. " 디모데 후서 2 : 2  ◎ 타인에게 가르 칠 수있는 충성된 사람  우리는 먼저 자신이 하나님 앞에서 충실한 사람으로 성장하는 것이 필요하다.  하지만 그것만으로 자신의 믿음이나 역할을 다하는 것은 아니다.  아것으로는 오삽퍼센트의 신앙이다.  자기가 성장…

続きを読む