泣きなさいと言われたイエス様 울어야 산다고 말씀하신 예수님

QT
泣きなさいと言われたイエス様 ルカによる福音23:28 しかしイエスは、女たちのほうに向いて、こう言われた。「エルサレムの娘たち。わたしのことで泣いてはいけない。むしろ自分自身と、自分の子どもたちのことのために泣きなさい。 イエス様が十字架を背負って歩くときに、多くの女たちがついてきながら、イエス様の苦しみに同情して泣いていた。その時に、イエス様はこのことばを投げた。私のためではなく、自…

続きを読む

天路歴程から学ぶ:信仰の巡礼の道で遭遇する敵(詩編23:4、71:16)

屈辱の谷でアボルオンとの遭遇:彼は滅びの都市の支配者 アブルオンが怒った理由 ①お前は滅びの都市にいた時、私に忠誠を誓ったのではないか ②お前は居眠りで大事な天使からの巻物を落としたのでは ③お前は密かにこの世の幸福を求めたのでは ④私の支配権が奪われたから黙れない ⑤私に忠誠すると、賃金2倍払うよう。 (主人公の答え:その賃金は死ではないか。それでは生きていけない(ローマ6:…

続きを読む

直接復讐の剣をあげるか、それとも神へゆだねる祈りの手をあげるか 직접 복습 칼을 들것인가, 아니면 하나님께 맡기는 기도의 손을 들것인가

QT
直接復讐の剣をあげるか、それとも神へゆだねる祈りの手をあげるか ルカ22:38 彼らは言った。「主よ。このとおり、ここに剣が二振りあります。」イエスは彼らに、「それで十分。」と言われた。39 それからイエスは出て、いつものようにオリーブ山に行かれ、弟子たちも従った。 今最後の晩餐を終えたイエス様は、しばらくすると逮捕され、十字架の死を迎えるようになることを知っていた。それで、自分を捕…

続きを読む

「天路歴程」から学ぶ <天の都への旅路2>:狭い門からの旅路(マタイ7:13-14)

1.狭い門 「たたきなさい。そうすれば開かれるのです。」と門のところに書かれていた。 ✪狭い門の門番(善意氏) ・その門から遠くないところに悪魔、ベルゼブルが住んでいて、狭い門に入ろうとする人たちに矢を打ち、攻撃をするので、たまに狭い門まできては、死ぬことがあるので、狭い門に着いたらすぐ中に入ることが必要である。 ※(セリフは池谷敏雄訳の天路歴程から引用) ・門番の質問に主人公…

続きを読む

聖書的リーダーシップと指導者像 성경적 리더쉽과 지도자상

QT
聖書的リーダーシップと指導者像 ルカ22:26 だが、あなたがたは、それではいけません。あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。また、治める人は仕える人のようでありなさい。27 食卓に着く人と給仕する者と、どちらが偉いでしょう。むろん、食卓に着く人でしょう。しかしわたしは、あなたがたのうちにあって給仕する者のようにしています。 人間は基本的に仕えられるのに慣れて…

続きを読む

まだ実現していない聖書の預言 아직 실현되지 않은 예언의 날

QT
まだ実現していない聖書の預言成就の日 ルカ21:25 そして、日と月と星には、前兆が現われ、地上では、諸国の民が、海と波が荒れどよめくために不安に陥って悩み、26 人々は、その住むすべての所を襲おうとしていることを予想して、恐ろしさのあまり気を失います。天の万象が揺り動かされるからです。 聖書の多くの預言の中の、まだ残っている一つが、キリストがもう一度この世に来られるという話、つまり世の…

続きを読む

「天路歴程」から学ぶ   <天の都への旅路1 - 滅びの町から狭い門へ>

●ジョン・バニヤン(John Bunyan) ジョン・バニヤンは、英国のバッドフォード(Bedford)の小さな町、エルストウから生まれた。はんだ付けをする家庭で自分もその仕事をした。彼は内乱、共和政、王政復帰、宗教戦争など困難な時期を経て波乱万丈な人生を生きた。16歳の時に兵士として徴集され、3年間の戦闘に参加してたりした戦闘に参加した仲間が死ぬ光景も何度も目撃した。仲間が自分の代わりに…

続きを読む