弱物の代表格のテモテがそこまで愛され、用いられた理由! 약한 자의 대표격인 디모데가 아름답게 쓰임받게 된 이…

"というのは、神がわたしたちに下さったのは、臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである。テモテヘの第二の手紙 1:7 " 彼は偉大な使徒パウロにとって一番愛される弟子であった。偉大な働きをするパウロと比べると、彼は決して働きができる人でもない。彼はまた出身地もイスラエルではなく、当時のアジア、今のトルコ地域であり、彼はまたユダヤ人の母とギリシャ人の父を持ったハーフの人であり、ユダヤ人の観点からは軽蔑される対象である。おそらく父は、信仰もなかった可能性がある。その上、彼は小心な人であり、さらに体も弱く苦しんでいた。つまり、彼は総合的に弱くパウロと一緒に働きをするほどの人ではなかった。臆病者であった。それで、きょうの1:7で、パウロは彼に勵ましを与えている。神様は絶対に恐れを与えず、反対に力と愛を与えると励ます。つまり、絶えず神様から、力と愛をもらえれば良いとの話である。でも神様は弱い彼を用い、パウロも彼を誰よりも愛していた。彼は純粋かつ真実を持ってパウロを親のように心を合わせていたからである。それがパウロには、一番だった。働きが凄い人より、心を共にしてくれる彼に誰よりも愛情があった。これが最高の励みである。 私達も、力があり、何かができれば、愛される、用いられるという考えは間違いであり、人間中心の考え方である。それよりは、神様に、指導者に心を合わせていくことが、むしろもっと愛され、用いられる秘訣ではないか。 약한 자의 대표격인 디모데가 아름답게 쓰임받게 된 이유! "하나님이 …

続きを読む

信仰を支えるものとは(テトス2:11-15)

テトス2 11というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、 12私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、 13祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。 14キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわざに熱心なご自分の民を、ご自分のためにきよめるためでした。 15あなたは、これらのことを十分な権威をもって話し、勧め、また、責めなさい。だれにも軽んじられてはいけません。 ●恵みの語源: カリス(ギリシャ語)、GRACE、好意、親切、恩恵、感謝、プレゼント。 ●意味:もらえる資格が足りないにもかかわらず、神からただで与えられることへの感謝や喜び。     本来の私の姿や状況に比べて、神様が与えることが大きい、その両方の差によって感じる感動や感謝、喜びの心。     ここから恩返しの心が生まれる。 ・物心つく:恵みを知る。親への感謝がわかる。 ・パウロは、ひどい罪びとである自分に神様からの限りない愛や恩恵に感動されて、神の働きに専念した。罪が多いところに、恵みがあふれると告白する(ローマ5:20) 律法がはいって来たのは、違反が増し加わるためです。しかし、罪の増し加わるところには、恵みも満ちあふれました。 ●恵みは信仰の健康度の基準:神様の恵みを感じているかどうか…

続きを読む

金が主人となると人生は狂うが、金が奴隷となれば、その人生は輝く! 돈이 주인이되면 인생은 변질되지만, 돈이 노…

"金銭を愛することは、すべての悪の根である。ある人々は欲ばって金銭を求めたため、信仰から迷い出て、多くの苦痛をもって自分自身を刺しとおした。テモテヘの第一の手紙 6:10" 現代の人々にとって金は神様の代替品である。神様しか与えられない数々のことを、金が与えると勘違いするからである。ところで、この金は仕事からくるので、金と仕事はつながる。しかし、聖書は神にも金にも仕えることはできないと話す。 金が神となれは、金のためならはなんでも犠牲にする。信仰も神も金を作るための道具となる。なので、信仰が立つ場も成長できる場もない。金とつながらないと動かない人である。 しかし、神が金を支配する人には、金は素直に変貌し輝き始める。様々な立派な働きが出来る。また神は時に金をもたらすようになる。しかし、金が神や信仰をもたらすことはない。 したがって、現代を生きる私達は、神、金、仕事、この3つのバランスとを優先順位において気をつけなければならない。 돈이 주인이되면 인생은 변질되지만, 돈이 노예가되면 인생은 빛난다! "돈을 사랑함이 일만 악의 뿌리가 되나니 이것을 사모하는 자들이 미혹을 받아 믿음에서 떠나 많은 근심으로써 자기를 찔렀도다디모데전서 6:10"  현대의 사람들에게 돈은 하나님의 대체품이다.  하나님만이 줄 수 있는 수많은 것을 돈이 줄 있다고 착각하기 때문이다.  그런데 이 돈은 일에서 오는 것이기 때문에, 결국 돈은 …

続きを読む

完全犯罪に期待してはならない! 완전 범죄를 기대하지 말라!

"ある人々の罪は明白でたちまち裁かれますが、ほかの人々の罪は後になって明らかになります。 同じように、良い行いも明白です。そうでない場合でも、隠れたままのことはありません。テモテへの手紙一 5:24‭-‬25" 罪であれ、よい行ないであれ、必ず暴かれるし、必ず代価がある。遅くは、死後裁きの座にてである。しかし、それは最高の不幸である。その罪をどうしようもないからである。人々は、罪やよい行ないが明らかにならないから、罪に大胆になったり、よい行ないに励まなくなる。しかし、どちらも必ず明らかになるものである。罪には必ず裁きと刑罰があることを理解する時に、人間は罪を恐れ、悔い改め、救いに向かって進むようになる。罪に甘くてはならない。よい行ないに失望してもならない。きょうも罪の深刻さ、よい行ないによる輝きを考えて生活したい。 완전 범죄를 기대하지 말라! "어떤 사람들의 죄는 밝히 드러나 먼저 심판에 나아가고 어떤 사람들의 죄는 그 뒤를 좇나니 이와 같이 선행도 밝히 드러나고 그렇지 아니한 것도 숨길 수 없느니라디모데전서 5:24‭-‬25 "  죄든 착한 행실이든 반드시 드러나게 될 것이며, 반드시 그기에는 대가가 있다.  어떤 죄는 사후 심판대에서 드러나기도 한다.  하지만 그것은 최고의 불행이다.  그때는 그 죄를 어찌 할 수가 없기 때문이다.  사람들은 죄와 좋은 행위가 밝혀지지 않기 때문에…

続きを読む

毎日、体と霊の運動を忘れないように,! 매일 몸과 영의 운동을 잊지말라 !

体の運動は生きていく上においてなくてはならない、大事なことである。何日間、体の運動がないと、体は硬くなるか、病気になり動かなくなる。霊の運動もクリスチャンとして生きていく上において、なくてはならない。大事なことである。にもかかわらず、多くのクリスチャンは、霊の運動を大事にしない。それで、霊が硬くなり、病気になるか、力が入らない状態となってしまう。 もちろん、運動にとどまらず、訓練をすると、体は想像を超えるほど、変わっていく。日頃の運動こそ最高のことである。霊的運動や訓練の結果は、今も死後の天国でもなくならず輝くと約束されてある。つまり、永遠にその価値が認められ、残るのである。霊が硬くならないように、毎日霊を動かし、時には訓練をしましょう。そうすると、私達の霊はいつも最高の状態を保つようになるだろう。 매일 몸과 영의 운동을 잊지말라  몸의 운동이나 훈련은 살아가는 데있어서 없어서는 안되는, 소중한 것이다.  며칠 몸의 운동이 넘추개되면  몸은 딱딱해져 움직이지 못하게된다.  영적 운동도 기독교인으로 살아가는 데있어서 없어서는 안되는 소중한 것이다.  많은 그리스도인들은 영적 운동이나 훈련을 하지 않는다.  그래서 영혼이 딱딱해지고 병이 들거나  힘을 쓰지 못하는  상태가 되어 버린다.  물론 운동에 그치지 않고 훈련을하면 몸은 상상을 초월 할 정…

続きを読む

惑わす悪霊による信仰の変質(미혹의 악령에 의한 믿음의 변질)

悪霊はいつも信仰者の信仰を壊すのが、絶体絶命の仕事である。そのため、信仰者を誘惑し罪へ導くか、惑わして真理から変質して腐敗させたりする。ここで、惑わすという辞典的意味は、[① 正常な判断力を失わせて、人を不安におとしいれたり、混乱させたりする。]こととなっている。 信仰生活の中で一番一番致命的で不幸な一つが、こういう間違った悪魔の迷惑によって信仰が変質してしまうことである。こういう信仰変質から自分を守るためにも、みことばや祈りをしなければならない。5節には、みことばと祈りによってきよくされると、書かれている。つまり、みことばと祈りによって信仰が守られるようになるからである。これらを疎かにするときに、迷惑の霊は入り込み、信仰を壊してしまうのである。悪魔の誘惑と迷惑を注意すべきである。 미혹의 악령에 의한 신앙의 변질  귀신은 항상 신앙인의 믿음을 파괴하는 것이 절체절명의 일이다.  따라서 유혹하여 죄를 범하게 하시고 하고  미혹하여 진리에서 떠나 변질시키기도 한다.  여기에 서 미혹이라는 사전 적 의미는 [① 정상적인 판단력을 잃게하여 사람을 불안에 떨게하거나 혼란 시키거나한다.  ] 는 으니이다.  신앙 생활에서 가장 가장 치명적이고 불행한 것중의 하나가 이런 잘못된 마귀의 미혹에 의해 신앙이 변질되어 버리는 것이다.  이런 믿음 변질로부터 자신을 보호하기 위해서는…

続きを読む

悪魔の信仰崩しの戦略(創世記3:1-7)

まず、みなさん動画を観ましたか。 何を感じましたか。どのように思いましたか。 もちろん、ここに出てくる内容がそのままではありません。あくまでも聖書の内容を中心に作ったアニメです。 参考にしてくれればと思います。ことばを聞くだけよりも、視覚的なことがあれば、もっとインパクトがあり、長く残ります。 悪魔は、絶えずクリスチャンを惑わし、信仰を崩そうとしている。きょう、アニメで見たように、多くの人は悪魔の誘惑と自分の欲の煽りのセットによって間違った選択をして、信仰からどんどん遠ざかっている。 とくに、悪魔の強い働きの一つが、何だと思いますか。 神様のみことばへの信頼と確信を崩していくことです。 創世記3:2女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。3しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せになりました。」 エデンの園で悪魔が人間(エバ)の信仰を崩す糸口は、神のみことばの内容を歪めることから始めた。 神様は善悪の木の実を食べたら必ず死ぬと、命令したのに、悪魔とエバはそれを歪めた。 悪魔は巧みにみことばを変えて人を惑わす。 神様は、善悪の木の実以外はすべて食べてもよいと話したのに、悪魔はどんな木からも取って食べてはならないと話したか、と質問する。 韓国の聖書には、善悪の木の実を取って食べたら必ず死ぬと話したことに対し、エバは、「取って食べたら…

続きを読む