イエス様の弟子として生きるとは(マタイ28:18-20)

<きょうのみことば:マタイ28:18-20> 18イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。 19それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、 20また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」 <説教本文>「 動画を視聴する方 https://youtu.be/GgLPkvjINc4」 この聖句はイエス様がこの世を去る時に、残した遺言のようなもので、ある意味一番大事なことだと思います。イエス様は弟子を作るように言われています。単純にクリスチャンや救われた人ではなく、弟子をつくりだすようにと命じている。19節にバプテスマを授けるとは、人の救いのことである。しかし、それだけではなく、その彼らをもっとみことばを教え、守るように訓練して、弟子までに成長させるようにと言われた。多分、これを見ると、少なくとも弟子はイエス様が考える理想的な信仰者であり、キリストの心に適う人だと思うことができる。 弟子とは、一言でいうと、イエス様の生き方を見習い、その生き方にしたがって生きる人、いわゆる小さいイエス様である。 弟子(Disciple)の英語の意味は、訓練(discilpline)の意味がある。弟子は訓練なしにはできない。つまり、自分…

続きを読む