テーマ:QT

STOP & PRAYER!(晩鐘から学ぶ)

ジャン=フランソワ・ミレー(Jean-François Millet/1814-1875)は、19世紀フランスの画家。大地とともに生きる農民の姿を、崇高な宗教的感情を込めて描いたミレーの作品は、早くから日本に紹介され、特に親しまれた。 彼の代表作、晩鐘(ばんしょう)には、畑で働いていた夫婦が教会の鐘の音に合わせて、仕事を止めて、き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬の感情だけでは真の信仰になれない!

キリストのためならば、命でも捨てますと誓うペテロに向かって、イエス様は答えた。 あなたが私のために命を捨てるの?かえってあなたは私を3回も知らないと否定するだろうと気づかせてあげた。信仰は人間の力や意思、一時の湧き上がる感情によるのではない。ただ1つ、それは神の愛と恵みによる。それが土台となっていないどんな誓いや決心も真の信仰にはなれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔に占領されたユダ!

彼はお金に目が遠くなり、悪魔に占領され、狂ったように行動する。自分の先生をお金のために裏切る、逮捕に協力するが、最後は良心の呵責で自殺する。もらったお金は自分のものにならず、命も含め何もかもすべて失った。これがサタン、つまり悪魔の狙いである。悪魔に占領されると、今も死後も台無しとなる。しかし、キリスが主人となっている人に悪魔は存在できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more