敬虔な人、神を恐れる家庭(使徒10:1-7)

<聖書箇所> 1さて、カイザリヤにコルネリオという人がいて、イタリヤ隊という部隊の百人隊長であった。 2彼は敬虔な人で、全家族とともに神を恐れかしこみ、ユダヤの人々に多くの施しをなし、いつも神に祈りをしていたが、 3ある日の午後三時ごろ、幻の中で、はっきりと神の御使いを見た。御使いは彼のところに来て、「コルネリオ。」と呼んだ。 4彼は、御使いを見つめていると、恐ろしくなって、「主よ。何で…

続きを読む

なぜ神は善悪の木を作り、人間を罪の罠にかかるようにしたのか(創世記2:16-17)

創世記2:16神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。17しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」 まずは、この善悪を知る木がなかったならば、人間は罪を犯さず、問題なく神とよい関係の中で今まで生きただろうか。 ①善悪の知識の木は、人間を制限する、拘束する、罪の罠にかけるためのもの…

続きを読む

人間創造と堕落から見えてくる神様の愛(なぜ神は人間を罪を犯さない存在にできなかったのか)(Ⅰペテロ3:15, 創世記1:26-27)

Ⅰペテロ3:15 むしろ、心の中でキリストを主としてあがめなさい。そして、あなたがたのうちにある希望について説明を求める人には、だれにでもいつでも弁明できる用意をしていなさい。 1.なぜ、神は人間を罪を犯さない存在(ロボットのような)にできなかったのか。 もちろん、神は人間を罪を犯せないロボットのように作ることができたでしょう。しかし.なぜ? 最高の関係、真の価値ある関係を保つため…

続きを読む

ギデオン編:神様に用いられた凡人(士師記6:1-17)

1.召しを受けるギデオン(1-16) 6:7 イスラエル人がミデヤン人のために主に叫び求めたとき ●同じパターンが繰り返される。イスラエル民族が偶像崇拝の罪を犯す。それで、苦しみに合わせる。彼らは神の叫び救いを求める。すると、神様は助けられる。 神様は、何回も彼らの悪さがあっても無視しないで救いの手を伸ばす。私たちも、時にはこのように繰り返し罪を犯すかもしれない。でも、いつでも…

続きを読む

ソーシャル ディスタンスと スピリチュアル ディスタンス  사회적 거리 두기와 영적 거리두기

ゼカリヤ7:13 「呼ばれたときも、彼らは聞かなかった。そのように、彼らが呼んでも、わたしは聞かない。」と万軍の主は仰せられる。 最近、コロナのことで人々は社会的距離(Social distance;ソーシャル ディスタンス)を続けることになり、そこからさまざまな苦しみを感じている。今まで感じたことのない、人との関係を断つことによる苦しみである。約3-4か月のこの経験から、人々は人間同士の…

続きを読む

素直な従順、完全な備えと導き(士師記4:1-10、14,16、21)

動画:https://youtu.be/0jG1dNh7mvA <関連聖書のみことば> 1イスラエルの子らは、主の目に悪であることを重ねて行った。エフデは死んでいた。 2主は、ハツォルを治めていたカナンの王ヤビンの手に彼らを売り渡された。ヤビンの軍の長はシセラで、ハロシェテ・ハ・ゴイムに住んでいた。 3すると、イスラエルの子らは主に叫び求めた。ヤビンには鉄の戦車が九百台あり、そのうえ…

続きを読む

信仰回復を優先しなさい[ハガイ書 2:1-9]

1 第七の月の二十一日に、預言者ハガイを通して、次のような主のことばがあった。 2 「シェアルティエルの子、ユダの総督ゼルバベルと、エホツァダクの子、大祭司ヨシュアと、民の残りの者に次のように言え。 3 『あなたがたの中で、かつての栄光に輝くこの宮を見たことがある、生き残りの者はだれか。あなたがたは今、これをどう見ているのか。あなたがたの目には、まるで無いに等しいのではないか。 4 しかし…

続きを読む

不信仰との融合、それとも信仰の戦い(士師記3:1-9)

Ⅰ.信仰のリトマス試験紙:残された住民たち 1 次が、主が残しておかれた異邦の民である。主がそうされたのは、カナンでの戦いを全く知らないすべてのイスラエルを試みるためであり、 2 ただ、イスラエルの次世代の者、特にまだ戦いを知らない者たちに、戦いを教え、知らせるためであった。 3 すなわち、ペリシテ人の五人の領主たち、またすべてのカナン人、シドン人、そしてヒビ人である。ヒビ人は、バアル…

続きを読む

高慢の毒薬 교만의 독약

ゼパニヤ2:10 これは、彼らの高慢のためだ。彼らが万軍の主の民をそしり、これに向かって高ぶったからだ。 きょうのこの話は、イスラエル民族を苦しめていて、また神様の話を聞かなかった国、BC7C時代のイスラエル近隣国である、モアブとアンモンに対する神様の警告である。神様は、9節にてモアブとアンモンがソドムとコモラのように、完全に滅びると予言していた。その滅びの原因を高慢だと指摘する。つまり、…

続きを読む

不信仰的妥協の結末(士師2:1-10)

(動画は https://youtu.be/XvpsA5gQeZ8)士師記は、BC1100ころ、イスラエルが400年余りのエジプトによる奴隷生活からかいほうされ、40年の厳しい荒野を通ってやっと到着した、カナンという夢の地での定着時代が背景である。約300年間続いたと思われる。 先に以下の聖句を二つ読んでから始めます。 出エジプト3:8 わたしが下って来たのは、彼らをエジプトの手から救い出し…

続きを読む

苦しみとの向き合い方(詩編119:66-77)

「詩編119:66-77」 「色分けの意味」 ■苦しみに対する態度(①②③) ■みことばの役割や有益(④⑤⑥⑦)  ■みことばに対する態度(⑧⑨⑩⑪)  66 良い判断と知識(④)を私に教えてください。私はあなたの仰せを信じています。 67 苦しみにあう前には、私は迷い出ていました。しかし今は、あなたのみことばを守ります。(①) 68 あなたは、いつくしみ深く、良くしてくださるお方…

続きを読む

起きて祈っていなさい(ルカ22:39-46)

「聖句」 39それからイエスは出て行き、いつものようにオリーブ山に行かれた。弟子たちもイエスに従った。 40いつもの場所に来ると、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。 41そして、ご自分は弟子たちから離れて、石を投げて届くほどのところに行き、ひざまずいて祈られた。 42「父よ、みこころなら、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの願いではなく、…

続きを読む

神に用いられたヨセフの信仰のカギ(39:1-10)

2020.4.19 日曜礼拝  ●動画  https://youtu.be/vu1dXBGTh24 ヨセフの簡単な要約(BC19世紀) •17歳に兄弟たちに妬まれ、エジフトの商人たちに銀20で売られ、そのエジフトでは最初政府高官のポティファルという人の奴隷となり、次は牢に入れられたが、そこから劇的にエジフトの総理となった(30歳)。 •多くの人は、世の成功や世に惑わされて、神を捨て…

続きを読む

2020年4月12日、イースター礼拝

ライブ中に問題が発生しました。新しく録画と編集をし直しましたので、まだならばどうぞ! ●2020年4月12日 イースター礼拝メッセージ(きょうはテキストはありません)  https://youtu.be/2A99hbntSgA ●礼拝で歌ったソングも一緒に聞いてください。  ・イエスの愛:https://youtu.be/cDWpyhEDYOM  ・乳の涙:https:/…

続きを読む

献金口座の案内

献金は教会に来た時にするか、または以下の電信振り込みを利用することができます。 必要な方は以下の口座をご利用ください。 1.口座案内(郵貯口座から送るときに使用) ・銀行名:郵貯銀行 ・口座番号:01770-5-172130 ・口座名称: JOY CHURCH(ジョイ チャーチ)  ※払い込み書が必要な場合は郵便局のものを使ってください。 2.他銀行から振込の場合の口…

続きを読む

十字架の黙想

きょうは、教会歴によると、イエス様が十字架を背負い死なれる日であります。 そして、三日後の日曜によみがえることで、その日をイースターとして祝っています。クリスチャンではなくても、わかっておくとためになるかもしれません。イースターはコロナのことで、行事ができませんが、皆さんにもこういうよみがえりの祝福が共にしますように祈ります。 https://youtu.be/JKnZMMOHf_Q

続きを読む

レント期間中の黙想祈り

https://youtu.be/tVaPAQ6PDLg 「君もそこにいたのか」 私も間違いなくそこにいた。 私は、イエス様が誰かも、 その方がなぜ十字架にかかるかもわからないまま、 イエス様を十字架につけることに 何の呵責も感じずにみんなと一緒にしていた。 もちろん、物理的にはその日、そこにいたわけではないが、 霊的に私はそこにいたのを悟る。 そして私の今の罪や悪…

続きを読む

ヤコブに留まらずイスラエルに変わっていく(中心聖句;創世記32:24-32)

彼はイサクとはあまりにも違う生き方である。親子であるが、正反対である。ヤコブにお関する記事もかなり長い。彼の人生も波乱万丈であった。彼の人生と信仰に学ぶところが多い。 1.ハランでの訓練(図の①) ●ヤコブは青少年時、出来の悪い青年だった。騙す、長者の権利奪う、人の足を引っ張るものでした。兄には悪いことをしたので、彼は逃げるしかなかった。 ●ハランで厳しい人、厳しい環境に出会って、20…

続きを読む

三位の神の助けによって平安を保ちなさい(ヨハネ14:1,16,18,16:7,20,33)

関連youtube:https://youtu.be/7ePuT2dXXwM 14:1あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。 14:16 わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。 14:18わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません。わたしは…

続きを読む

人間はどのようにして救われるのか

きょうは詳細な内容は書きませんので、興味のある方は次の録画の動画を参考にしてください。 https://youtu.be/r8i-7YcojrQ 1.自分が罪人であると自覚し、認めること ローマ3:23すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、 2.罪は必ず厳しい代価と刑罰をもたらす ヘブル9:27そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けるこ…

続きを読む

厳しい時が来るのを忘れてはならない! 고통의 때가 온다는 것을 잊지 말라!

”1 聞きなさい。金持ちたち。あなたがたの上に迫って来る悲惨を思って泣き叫びなさい。2 あなたがたの富は腐っており、あなたがたの着物は虫に食われており、5 あなたがたは、地上でぜいたくに暮らし、快楽にふけり、殺される日にあたって自分の心を太らせました。”ヤコブ5:1,2,5 終わりの日に、ぜいたく、快楽に溺れ、自分の心や肉体を太らせていた人々への神様の警告である。彼らは魂や霊のマヒになり、…

続きを読む

わかりやすい信仰者として生きる(創世記26:1-6)

関連動画 → https://youtu.be/frcx25KIoQw 創世記の中の4大人物、その中のイサクには事実あまり大した記事がなかったりする。それで、イサクの説教は少ない。アブラハム、ヤコブ、ヨセフに比べると、地味だなと感じる。そしてアブラハムやヤコブ、ヨセフのように、とくにこれというのがあまりない。なぜだろうか。その理由を最後に理解できたらと思う。その解答は何なのかを考えながら聞…

続きを読む

信仰の道のりで出会う様々な様々なこと(創世記11:31-12:3)

動画サイト:https://youtu.be/yGfQOp_Ew0Y ●ハラン(一部訳ではカラン)に定住することで約束が遅れる 11:31テラは、その息子アブラムと、ハランの子で自分の孫のロトと、息子のアブラムの妻である嫁のサライとを伴い、彼らはカナンの地に行くために、カルデヤ人のウルからいっしょに出かけた。しかし、彼らはカランまで来て、そこに住みついた。32テラの一生は二百五年であった…

続きを読む

原始福音から見る神の愛と信仰(創世記3:14-16, 12:1-4)

3:14神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。 3:15わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」 3:16女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもり…

続きを読む

「心からの愛を捧げる信仰」マルコ14:3〜9(By 堀川)

イエス様に高価な香油を捧げる女性から学ぶ信仰のあり方。 この場面には3つの意味がある。 ①イエスを救い主とする意味 油を注ぐということは、イエスを主、王の王とする意味あいがある。 ※当時イスラエルでは王様になるときに油を注ぐ儀式があった。 ②贖い主とする意味 遺体に香油を塗るということをしていた当時は、イエスが贖いの十字架にかかる準備をしていた。つまり香油を注ぐという意味…

続きを読む

信仰を支えるものとは(テトス2:11-15)

テトス2 11というのは、すべての人を救う神の恵みが現われ、 12私たちに、不敬虔とこの世の欲とを捨て、この時代にあって、慎み深く、正しく、敬虔に生活し、 13祝福された望み、すなわち、大いなる神であり私たちの救い主であるキリスト・イエスの栄光ある現われを待ち望むようにと教えさとしたからです。 14キリストが私たちのためにご自身をささげられたのは、私たちをすべての不法から贖い出し、良いわ…

続きを読む

悪魔の信仰崩しの戦略(創世記3:1-7)

まず、みなさん動画を観ましたか。 何を感じましたか。どのように思いましたか。 もちろん、ここに出てくる内容がそのままではありません。あくまでも聖書の内容を中心に作ったアニメです。 参考にしてくれればと思います。ことばを聞くだけよりも、視覚的なことがあれば、もっとインパクトがあり、長く残ります。 悪魔は、絶えずクリスチャンを惑わし、信仰を崩そうとしている。きょう、アニメで見たように、多…

続きを読む

喜びに満たされた体験信仰(ヨハネ15:5-12)

これは今年の教会のテーマである。しばらくの前に一回、この主題で話したことがある。もう一度考えてみよう。信仰者にとって一番の喜びはどういう時なんだろうか。それは、神様が私に関わり、その方のよい働きをわたしに示してくださる時である。いくら苦しみがあっても、いくら大変なことがあっても神様が私のために働いてくださるしるしが現れると、人は喜べる。また苦しみも乗り越えられる。これを私は体験信仰と呼びたい。人…

続きを読む

信仰者の船出(人生を効果的かつ最大限に生きる秘訣)(1コリント9:24-27)

24競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 25また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。 26ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような…

続きを読む