テーマ:説教

異邦人の求めることと生き方(マタイ6:24-34)

●今日のお金の位置:神様同等の力や威力を持っている 間違いなくお金は生きていく上において必要なものであり、なくてはならないものである。お金さえあれば、信仰といのち以外はほとんど解決できるほどその力は大きい。したがって、多くの人はお金のために人生をささげるようになる。お金のためならいのちも考えずになんでもする人が多い。 ●お金が奴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの案内

今年のクリスマスの案内です。 12月22日土曜日の夕方4時半から始まります。 1部はクリスマス記念礼拝、2部はクリスマスパーティです。 誰でも無料で参加できます。 クリスマスは、教会で過ごすべきだと思います。 クリスマスの真の意味を知り、教会でクリスマスを過ごすというのは大いに価値あることと思います。 時間可能な方はぜひ参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むしろ感謝の中毒(コロサイ4:2)

最近、中毒の問題が大きな社会問題となっている。お酒やギャンブル、薬物、薬などの様々なことがある。一回この中毒にはまってしまうと、多くのことを失う。最初は、遊び半分で軽い気持ちで始めたのが、ついその奴隷となってしまい、簡単にそこから抜けることができなくなってしまう。一回その世界に入ると、自力では解決できない。その弊害については話をする必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の労苦は無駄ではない(Ⅰコリント15:58)

Ⅰコリント15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。 きょうのメッセージは神学生の前田洋志兄弟です。 テキストはないのでご覧になりたい方は、以下の動画をご利用ください。 以下の写真は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見える世界、見えない世界のどちらを追求すべきですか(Ⅱコリント4:7-9, 16-18)

7 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。 8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。 9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イエス様の弟子として生きるとは(マタイ28:18-20)

<きょうのみことば:マタイ28:18-20> 18イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。「わたしには天においても、地においても、いっさいの権威が与えられています。 19それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、 20また、わたしがあなたがたに命じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国に入る人の真の姿(マタイ3:5-10)

●バリサイ人やサドカイ人とは 今日も同じであるが、イエス様当時も神様を信じると言いながら、全く聖書の教えに相応しくない人たちが多かった。その代表的な人たちが、バリサイ人、律法学者たちである。彼らは、頭や口では、本当に素晴らしい信者のように見えたが、行動や生き方は、少しも神様に相応しくなかった。まずは高慢、偽善などが特徴である。それで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコデモの信仰と人格

●ニコデモのイエス様との最初の出会い ヨハネ3:3イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」4ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎にはいって生まれることができましょうか。」 ●ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神様に知られているという恵み」ルカ福音書19:1〜10

今日の話しはクリスチャンになって長い人にとっては何度も何度も聴いた事のあるはなしです。 それはザアカイと呼ばれる人がイエス様に出会って人生が180度変わってしまった話しです。 ザアカイは取税人の頭と書いてますね。 取税人とは税をとりたてる仕事です。 当時ユダヤの国は、ローマ帝国の支配下でした。 ローマ帝国は、支配下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生最高の喜びと体験的信仰(ヨハネ15:7-16)

<聖書箇所:ヨハネ15:7-16> 7あなたがたがわたしにとどまり、わたしのことばがあなたがたにとどまるなら、何でもあなたがたのほしいものを求めなさい。そうすれば、あなたがたのためにそれがかなえられます。 8あなたがたが多くの実を結び、わたしの弟子となることによって、わたしの父は栄光をお受けになるのです。 9父がわたしを愛されたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔に餌を与えてはならない

Ⅰペテロ5:8 身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたけるししのように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。 黙示録8:3また、もうひとりの御使いが出て来て、金の香炉を持って祭壇のところに立った。彼にたくさんの香が与えられた。すべての聖徒の祈りとともに、御座の前にある金の祭壇の上にささ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報われる祈り(ヘブル11:6)

ヘブル11:6 信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。 上のヘブル11:6 節に出てくる神様は創造主の神様である。無から有を作り出す神である。3節にそれが出ている。Creatorの神である。その神様は私たちにご自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赦したいけど、赦せない(マタイ18:21-35)

きょうは、神学生説教の日で前田洋志兄弟からの説教です。テキストはありません。動画は次からです。https://youtu.be/bL4ofbk1pr0 <関連聖句:マタイ18:21-35> 21そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯したばあい、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古き人を脱ぎ捨て新しき人を着る(エペソ4:22-24)

●この説教の動画は以下からご覧いただけます。https://youtu.be/XQJVN6dERLY <先週の復習>ダニエル書:①歴史という歴史、それは個人であれ国であれ神様が導く ②この世には信仰をもって生きていこうとすると、何らかの迫害や試練を伴う ③その中でもダニエルとその友たちのように妥協せずに行けば必ず勝利できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニエルの夢から見る世界の歴史と教訓(ダニエル2:31-45)

きょうは、帝国の王の中でもおもにバビロンの王とその夢について考えてみる。動画を観たい方は次から観れます。https://youtu.be/z0x-CvACrq4 1)ネブガデネザル王の最初の夢(ダニエル2章):世界帝国の興亡盛衰の予言(アッシリア以外の4帝国) ●世界帝国歴史の聖書予言:アッシリア・バビロン・ペルシャ・ギリシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニエルと3人の友たちの信仰(ダニエル1:1-16)

ダニエル書は黙示録と一緒に難解な部分が多い。この部分の解釈が行き過ぎると、異端というレッテルが張られたりする。普遍的な解釈が必要である。 きょうからは、ダニエル書の歴史関連の学びをする。聖書のすばらしさを改めて考えることと思います。同時に、若いダニエルとその3人の友たちの信仰を考えてみたい。先週私が人間が神様に近づく道として、科学的接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生歴史の主管者(エレミヤ48:11-16)

'モアブはその幼い時から安らかで、酒が、沈んだおりの上にとどまって、器から器に、くみ移されなかったように、捕え移されなかったので、その味はなお存し、その香気も変ることがない。 主は言われる、それゆえ見よ、わたしがこれを傾ける者どもをつかわす日が来る。彼らはこれを傾け、その器をあけ、そのかめを砕く。 その時モアブはケモシのために恥をかく。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救われた者のあるべき姿(ピリピ2:12-13)

1.救いは新しく生まれることであり、コペルニカン レボルーションである。 皆さんは、イエス・キリストによって救われた者だと考えているのか、それとも救われたとは思えないのか。ならば、どういうことが障害物なのか。かなりの信じたという人の中でも、救いに対する誤解や異常がある場合が多くいる。きょうは、こういう問題をもって考えてみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安息日の新約的意味(出エジプト記20:8-11)

●安息日の意味:世の仕事を中止・休む・神様を敬う この世の仕事を中止し、神様との交わりに専念する。それによってその神の愛や恵み、力を受け、そして世に出て人々を愛し、働きをすることができる。 ・人間も6日働いて最低一日休むことが理想的であるといわれている。ロバの場合、一週間に一日休むと荷物を乗せて毎日30`マイルを走るが、それをし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しみの時の人生の生き方(詩編32:1-11)

この詩編は、詩編51編と共にダビデの代表的な懺悔のの詩である。彼がウリヤの妻を強姦し、その夫を死なせてから、罪の重さで苦しみながら書いたのが詩編51編であり、それから少し安定を取り戻してからこの詩編32を書いた。彼はその罪によってさまざまな問題や試練、苦しみに出会った。この詩編32は、あの苦しかった罪、しかもどうしようもなかった罪の経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶像を断固と避ける(1コリント10:14-15、出エジフト20:3-4)

イスラエル民族がそこまで神に叩かれたのは、偶像崇拝の問題。 荒野で全滅したのも偶像の問題。 なぜ神が偶像に厳しいか、それについて考えてみましょう。 1.偶像の種類 1)見える偶像(像や形をしている) 2)見えない偶像(心の中で神様と争う、または神様を弱める存在) 1ペテロ4:3 あなたがたは、異邦人たちがしたいと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音によって生かされ、福音のため生きる(ローマ1:14-17)

14私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債を負っています。15ですから、私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。16私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。17なぜなら、福音のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十字架、人間救いの計画と完成(創世記3:15、ヨハネ3:16)

1.十字架の道 キリストが人間の罪を背負って十字架の上で死ぬことで、人間の罪を贖い(償い)、それを受け入れる人は、救われるというのが、十字架の救いの道である。 2.人間歴史の初めからの変わらぬ救いの方法 十字架の死による救いの道は、急にキリストが作り出したのではない。人間の初めから神様が人間の救いのために計画された人間救いのた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信仰が見られない(ルカ18:1-8)

この話は、今の時代にびったりの話だと思います。ノンクリスチャンの方には関係のない話だけど、クリスチャンなのに、実際は信仰がないというこの話、悲しい話ではないだろうか。つまり、先週話したように信仰があるかのように見られ、また教会にもきて主よ!という人たちの中に、信仰が見られないというのは、残念な話である。 あまりにもよい時代に生まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは救われた者ですか、それとも捨てられた者ですか(Ⅱコリント13:5-7)

1.質問 機械を長く使うために、また人間も長く元気に生きるためには点検が大切である。それで健康診断が必要である。信仰も点検が必要である。 1)あなたが信仰に立っているのか ①自分を信頼して生きるのではなく、イエス様を信頼して生きようとしていますか。(〇 △ ✖)  選択は祈りをしてからしっかり信仰に照らし合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国人として生きる人たち:マタイ20:1-13

このぶどう園は、天国の一断面を見せてくれる。いや、神様の国、いや教会に通う2種類の人々について例えをして話している。仕事を得ることができなかった彼らが、ブドウ園の主人によって拾われ、働けるようになった。しかしその人たちの中には、2種類の人々が出てきた。1種類は、ここまでして価値のない自分を条件なくブドウ園の働きに雇ってくださり、また働い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、信仰が失われ、神を忘れてしまうのか。(詩篇50:17-23)

詩篇の記者、アサブは神殿で賛美する責任者の偉い人である。 彼は、礼拝の賛美責任者みたいな人である。 毎回、彼は多くの人の神殿での儀式や礼拝のような集まりを見ていて、そこから信じるという者の問題点や堕落の様子を指摘している。 1番目、人々が神殿に供え物は持ってくるのに、心は持ってこないという、非常に厳しい指摘をしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りの手を下ろしてはならない(出エジフト17:8-16)

•イスラエル民族は、エジフトから出て41日目に本格的な荒野が始まる場所まできた。そこは、レピデムと言うところだった。そこでイスラエルは二つの厳しい試練にぶつかった。 1つは、水がないことだった。それで民が指導者を恨み叫ぶと、神様から岩を叩くように言われ、そして水が出て問題が解決した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

掛け算祝福に生きる(マタイ13:3-8, 19-23)

<聖書本文> 3イエスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かされた。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。 4蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。 5また、別の種が土の薄い岩地に落ちた。土が深くなかったので、すぐに芽を出した。 6しかし、日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。 7また…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私から家族へ広がる信仰(信仰は買って守る)ヘブル16:31-34

使徒16:31 ふたりは、「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言った。 あなたが信じれば救われ、家族も救われるという約束である。 これは約束でもあり、同時に私たちの責任でもある。個人ががしっかりしないと、それはできない。私に任された一番大事なことである。 私が信じれば、自然と家族が救わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more