人間の悲劇への共通の原因(創世記2:9-17,3:1-6)

2:9神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。 2:10一つの川が、この園を潤すため、エデンから出ており、そこから分かれて、四つの源となっていた。 2:11第一のものの名はピションで、それはハビラの全土を巡って流れ、そこには金があった。 2:12その地の金は、良質で、また、そこには、ブドラフとしまめのうもある。 2:13第二の川の名はギホンで、クシュの全土を巡って流れる。 2:14第三の川の名はヒデケルで、それはアシュルの東を流れる。第四の川、それはユーフラテスである。 2:15神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。 2:16神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。 2:17しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」 3:1さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」 3:2女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。 3:3しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せにな…

続きを読む