四旬節始まる「灰の水曜日」...意味と由来は

イースターの日にちは毎年変わる。今年のイースターの日程は、3月6日から始まる。この日は、四旬節が始まる「灰の水曜日(Ash Wednesday)」である。そしてこの日からイースターの4月21日までに日曜日を除いての40日間を「四旬節(Lent)」と呼ぶ。 毎年繰り返すが、四旬節(四旬節)の名称自体が四十日(ラテン語でquadragesima)」という意味である。 初代教会では、イースター夜明けに洗礼が施され、洗礼予備者たちが「悔い改め」を通じて洗礼を準備していた期間が40日であった。すでに洗礼を受けた信者も自分たちが受けた洗礼を振り返って、自分自身を改めることに力を注いでいた。 灰の水曜日とイースターの日付は毎年変わる。旧暦基準だからである。 325年ニカイア公会議では、春分(3月20-21日)以降の満月が浮かんだ日の次の週をイースターの日曜日に決めた。 クリスチャンにおいて四十日間は、象徴的な数字である。四旬節は、イエス様が荒野で誘惑を受け40日の象徴的な数字である。モーセは40日断食で祈り、イエス様も復活後40日間弟子たちと一緒にされた。各教会では、四旬節を迎え、四十日早天祈祷会をよく行う。 聖徒たちは四旬節期間、人間を救うために受けたイエスの十字架の受難に焦点を当て、イエス様を集中的に黙想する。私の必要を求めるより、イエス様の道を私たちも従っていけるような祈りの態度を持たなければならない。 ◈灰の水曜日の元の意味 四旬節の初日はいつも水曜日で…

続きを読む

教会Q&A

教会に対する簡単は質問に答えます。 1.教会に行きたいですが、どうすればよいのですか? A)教会には誰でも自由に出入りをすることができます。国籍、人種、年齢、性別を問わず自由にいつでも教会にくることも、電話をすることも大歓迎です。日曜日の礼拝にきてもいいし、平日いつ訪問してきてももかまいません。前もって電話してくれてもよいですが、そうでなくて突然きても全然大丈夫です。教会はいつでも相談や祈り、カウンセリングができます。もちろん、基本的に教会で行なわれるすべての活動は無料です。 2.ノンクリスチャンでも教会に行くのは大丈夫ですか? A)まったく大丈夫です。礼拝の時には教会から聖書など必要なものをお貸ししますので、簡単な服装でお越しください。礼拝のときには献金をすることもできますが、それは個人で自由にすることです。金額に関係ありませんし、用意していないときはしなくて結構です。 3.JOYCHURCHの特徴は何ですか? A)この教会には、若い人が主流です。牧師は長い間大学に研究者として勤めたので、若い人が自然と集まってきています。日本人が主流ですが、少人数の韓国人、中国人、アメリカ人などもいます。また、色々な国の人との交流を持ったり、海外に行ったりして学ぶ機会も多くあります。そのために英語教室も運営しています。月最後の日曜日礼拝のときは、簡単なパーティを行なったり、月ごとの誕生日パーティをしてりして家族のような暖かい教会を目指しています。もちろん、若い人だけではありま…

続きを読む

誕生日お祝い

教会の7月誕生日のお祝いを行いました。 朱さん、とよき、美奈子でした。 きれいなテーブルを作って楽しい歌とケーキを分かち合いました。 また、けいちゃんは霊的な誕生日ということで、一緒にお祝いをしました。 先月6月17日、クリスチャンとなりました。 約5年近くJOYで共に交流を持ちましたが、やはりその中でじぶんなりにクリスチャンとなる告白をしたようです。 おめでとうございます。

続きを読む

教会の母

この前の母の日には教会の2人のお母さんに簡単なプレゼントをしました。 いつも教会の食事、掃除、祈りなどで影で支えてくれる母たちの仕事に本当に感謝します。 やはり家庭であれ、教会であれ、多くの奉仕や細かい仕え等をしてくださるお母さんたちの役割は実に大きいです。教会がスムーズに走るようになるためにはこのように後ろで支えてくれる方々の仕事が非常に大事です。どうぞ、これからも主の豊かな恵みがあり、教会に多くの母が誕生することを祈ります。また教会の一人ひとりも感謝を忘れないようにすることは必要かと思います。どうぞ、色々と忙しいとは思いますが、主の為に健康な体でいてください。その間の奉仕に大変感謝します。

続きを読む

宣教師らの集まり

さる1週間、東アジアの某国で宣教をしている韓国人宣教師ら4組が日本にきました。カンファレンスや交わり、そして長崎のキリスト教遺跡などを見て帰りました。楽しい時間でした。とくに長崎の26聖人の遺跡を見てかなりの衝撃を受けたようです。26聖人の中には子供も2人がいて彼らを殺すとき、執行官が何とか彼らをころさないためにキリストを否認するよう説得したが、子供たちはそれを聞かず大胆に殉教を選んだようです。本当に日本は想像以上迫害と殉教が多かった国です。先祖たちの素晴らしい信仰を見習ってこの国の信仰のために生きる多くの人々が現れることを祈ります。

続きを読む

正木先生の説教

きょうは、久しぶりに正木先生が来られて、説教をしていただきました。82歳の高齢にもかかわらず青年以上の迫力で話をしてくださいました。とても楽しくしかも感動深く聞きました。伝道のためなら、すべてを捨てて勇敢に出ていく姿は凄いですね。また、先生の人生のなかで一番感動的だったのは、何でも人間的な観点や基準からではなく神様の示されるみことばにしたがって決めるというか、従順することでした。今日の殆どの若者はちっぽけな頭で損得を考えて何かを決めたり、信仰を考えたりするのに、先生はどんな代価や試練があっても神様がみことばで示された場合は、それに従えたことですね。これこそ、素直さであり、年寄りには難しいことですが、先生は年をとってもシンプルで素直ですから、これが若さの秘訣ではないかと思いました。若いわれらがむしろ恥ずかしくなりました。来年にはJOYの皆も先生のようにみことばを大事にし、そのみことばに従って生きる人生になるようにしましょう。これが信仰者の姿です。

続きを読む

クリスマス会

23日JOYではクリスマス会を行いました。多くの方が参加してくださいました。また多くの方が食べ物などを持ってきてくださり、楽しい食事もできました。キャンドルサービスやサンタの登場など盛り上がりました。とくに最近救われた3人には特別なプレゼントがありました。これからも彼らが立派なクリスチャンとして成長していくことを祈ります。また来年にはもっと多くの方が共にできることを信じます。今年の様々な祝福を神様に感謝します。

続きを読む

ゴールデンルールセミナーと韓国訪問

8月11日、私と家内は釜山に行きました。そして母親がいる田舎の老人病院に行き、母親と一緒に外のホテルで1泊をしました。故郷を見たり、きれいな川や山を見るのは新鮮な気分でした。人間は回帰性動物と言います。自分の生まれた故郷を慕う存在なのです。その後、釜山の友人や親戚を会いまして、食事などをしましたが、韓国食に慣れていないからか、お腹を壊したりしました。もちろん、韓国焼肉など美味しくてついつい過食をしたりするのも原因でしたね。いつ食べても韓国本場の焼肉の味はやはり美味しいですね。 8月14日にソウルに行きまして、今回の講師である田上さんとお会いしました。私たちは韓国ソウルのヨイドにあるクリスチャン企業が運営するレクシントンホテルに泊まるようになりました。ホテル関係者から50%OFFで泊めてもらったからでした。そしてその真向かいには世界で単一教団では一番大きいといわれるヨイド純福音教会がありました。2回行きましたが、本当に想像できないほど大きい教会でした。その人数にびっくりしました。名前を書いたカード(一枚が一人分)を収納した棚が下から上まで100M以上の長い列を作ってびっしりしまっていたからでした。人数の計算ができなくなりました。二人はそこで祈りました。いつか日本にも教会の成長があるように。 その後、15日から16日にかけてはソウル梨花女子大学の近くでゴールデンビジネスセミナーを持ちました。約100名程度の集まりでした。ただし参加した人々は本当に熱心に聞いてくれました。二日が終…

続きを読む

教会の成長及び訓練教材の紹介

JOYでは、一人ひとりを大事に、そしてイエス様のよい弟子として成長していけるように丁寧に教えていきます。それぞれの段階に合った勉強を個人的に、または小グループで行います。そのために、本教会牧師の30年にわたる、長い間の弟子訓練への経験を土台にした教材を開発しています。以下、簡単に紹介します。 1.求道者用(または入門書)   ● 読み物 : アンソロポ(人間と宗教、特にキリスト教の基本的な主張や人間の有様)   ● 読み物 : 道しるべ(聖書の紹介、神様やイエス様の紹介、人間と信仰の必要性)   ● 問答式 : トマス上、下(福音とは何か、信仰とは何かという、基本的な福音中心のディスカッション用教材でクリスチャンノンクリスチャンを問わず楽しく勉強できる)   ● 問答式 : 幸せへの招待(信仰への入門書として、最初から段階的に福音の勉強ができるように構成されている。人間の幸せとは死後を含め、永遠の観点から考え、神様は私達に最高の幸せのための環境や条件を満たしていることであり、そのために私たちは何をすべきかに対する内容である。)   ● 和の福音(日本人が理解しやすいように福音や信仰出発、罪、救い、天国などを体系的に説明している。求道者のためにも、クリスチャンの勉強のためにも用いることができます) 2.伝道用の小冊子(伝道用に非常によいかと思います。ポケット用のA6サ…

続きを読む

イースター

今日はイースターでした。イエス様の復活を祝う行事であり、キリスト教ではクリスマスとともに2大行事です。一部ではイエスキリストの苦難と復活に対する映画を観て、2部ではメッセージがありました。多くの人は死んだらすべてが終わりだと考える、これこそ多くの人間の一番致命的な勘違いの1つである。死んだら終わりだから、死を万事の解決策だと思う。ですから、自殺や殺人が簡単にでき、死んだら終わりだから罪に大胆になる。そして、快楽主義というか、生きている間に楽しむのが最高だという勘違いをする。しかし、聖書は死は終わりではなく、その後さばきがあり、また最終的には復活するようになると話している。運転で一番よくない運転は「だろう」運転である。多分、こうしても大丈夫だろうという、軽い気持ちでの勘違いや錯覚は事故を起こしてしまう。皆さんの人生にも聖書は勘違いをしてはならないと、方向を変えなさいと警告をしている。今の自分の死に対する勘違いこそ、人生の「だろう」運転だろう。そこを考え直してほしいと聖書は話す。もし、復活がないならば、あえてキリスト教をとくに信じる理由がない。つまり、すべての宗教は全部同じである。仏教であれ、神社であれ、イスラムであれ、関係ない。しかし、キリスト教だけは十字架の死とその後の復活がある。イエス様が人間の罪を背負って十字架で死なれた、その神の愛はキリスト教だけにある。また、死んですべてがむなしく終わってしまったのではなく、キリストが復活することによってイエスは本当に神の子であり、救い主であるというのを証明…

続きを読む

アジア宣教の素晴らしさ

3月22日の日曜日礼拝には、JOYに来ているアメリカ留学生エミリの両親がきました。お父さんのアダムス牧師先生から礼拝の説教をいただきました。素晴らしい時間でした。ルカの福音15章から「失われたことと見つかったこと」について話していただきました。神様に目を向けることの必要性を教えていただきました。また、賛美も疲労してもらいましたが、本当に音楽の家族でよかったです。そのご両親は南アジアの危険な6カ国を移動しながら宣教をする宣教師です。その証しを聞きますと、本当に貧しい国にいるクリスチャンたちの涙溢れる生き方、またいのち賭けでの信仰生活の証しを聞いてとても感動しました。日本にいる私たちは、不幸なのか、幸福なのか、考えさせられました。

続きを読む

教会活動の紹介

福岡所在のJOY CHURCHは、クリスチャン、ノンクリスチャンを問わず、誰もが楽しめるようにとさまざまな活動を行っています。いつでも、だれでもご自由に参加できます。殆どの活動は無料です。 ⚫日曜礼拝 : 毎週日曜日11:00〜12:10 ⚫Sharing : 毎週日曜日12:10~12:40 ⚫子供(KIDS)日曜学校 : 毎週日曜日11:30~12:30(毎回100円献金) 教会音楽、讚美、ゴスペル、ゲーム、ダンス、英語、聖書のお話などをもって楽しく過ごします。小さい時から声や体をもって自分を表現することは非常によいのです。小さい時から情緒を豊かにし、グローバル的でリーダーシップのある子供として成長していけるように手助けをしていきます。基本は無料ですが、毎回100円献金願います。   ⚫ファミリーゴスペル : 毎月2回(毎月第1・3週の土曜日;講師の先生は第3週目にソウルからきます)10:30~12:30(1ヶ月500円) 子供連れの若いママたちがカフェでゴスペルを歌い、おしゃべりをしたり、育児情報をわかち合う解放の時間です。 ⚫大人韓国話・日本語教室などもあります。時間等はお問い合わせください。 ⚫その他 : 個人聖書勉強、国際交流などを行なっております。 もっと詳しい活動は以下です。 http://joychurch.at.webry.info/200902/ar…

続きを読む

神にゆだねるとは

詩篇37:5には、「神にゆだねなさい。主が成し遂げてくださる」と書いてある。ここで神にゆだねるとはどういうことでしょうか。3つの意味として考えることができると思います。1つ目は、自分の狭い考えや理論を主のみことばに屈服させ、必要な場合は自分の考えを捨てることを意味する。私たちの中にはかなり古く使い道のないのが多くある。それはゴミのようなものであり、それを捨てるとこころも身もきれいになる。つまり、軽くなるのである。2つ目は、神様のみことばに従順するという意味である。こういう人はシンプルです。自分の知恵や力で生きる人はとても複雑でわけが分からないことが多くある。しかし神様に従順する人は単純になれる。3つ目は、主に自分のすべての荷物や責任を委託するという意味である。完全に神様に引き渡すということであり、そのとき初めて人は非常に楽になる。なぜ、ストレスを感じ、なぜ重くなるのかといえば、荷物を全部自分が背負っているからである。それを神様にゆだねれば、本当に楽になるのは間違いないでしょう。

続きを読む

アブラハムの信仰旅行の特徴

アブラハムは信仰旅行に出ますが、この旅行の特徴は信仰がベースとなっているということです。人間的な観点や視野からではなく、只管神様のみことばへの完全なる信頼が基礎となっています。ですから、彼は離れるときも、イサクを捧げるときも、すべて理屈や論理によって動いたわけではありません。 人間の考えや理論を捨て、神様のことばに頼ってほとんどの決断をおろしました。私たちはどうでしょう。人生いろいろな決断のときがありますが、どのくらい信仰にたって決断しているでしょうか。 でも信仰者は、どんなことがあっても最終的には信仰の観点にたって何かを決め、動くのが必要です。重要な人生の岐路でどのような結論を出すかは、あなたの人生を左右する大きなきっかけになるに違いないでしょう。

続きを読む

アブラハムとともにする信仰旅行

今日は新婚旅行ではなく、信仰旅行について考えてみます。アブラハムはよく信仰の祖先といいます。それほど、アブラハムは信仰に関しては絶対的な模範者です。一般に信仰旅行は離れることから出発します。アブラハムも年をとって親戚や家族と一緒に故郷で残りの人生を過ごそうと思ったはずでしょう。しかし、神様は故郷、新関、家族を離れて新しいところに出て行きなさいと話しました。本当に青天霹靂です。しかし彼はすぐそれに従いました。このように信仰は離れることからですね。自分のなれたこと、故郷、考え、罪、わがまま、家族などから離れることがたまに必要となります。もちろん、これはあくまでも地域的なことではありますが、必ずしもそれだけではなく、根本的に心も、実際の距離的にも必要でしょう。このような慣れたことが信仰を妨害するだけではなく、信仰そのものが危なくするからです。ノンクリスチャンもクリスチャンも今までの自分だけの生き方、高慢、罪、不信、神を知らないと否定したことなどから、神様に向かって、新しい地を向かって出て行く決断が必要です。決して逃げるのではなく、離れることですね。逃げることは信仰においては一番してはならないことですが、離れることは絶対私たちがしなければならないことです。皆さんはどうでしょう。信仰旅行に旅たってみたいと思いませんか。または、既に旅たった人は、しっかり離れることから出発できたでしょうか。

続きを読む

JOY福岡キリスト教会活動紹介:キッズ&ユースの日曜学校・英会話と韓国語の教会講座・賛美とゴスペル会

JOY福岡キリスト教会活動紹介:キッズ&ユースの日曜学校・英会話と韓国語の教会講座・賛美とゴスペル会 JOY CHURCHでは、クリスチャンノンクリスチャンを問わず多くの皆さんと交流を行っております。ゴスペルや賛美を歌うことや、英会話や韓国語を習うことなど、いくつかのプログラムを持っております。この教会には、教会付属のカフェがありますので皆が楽しく過ごし活動をすることができます。基本的にはほとんどが無料か、無料に近いボランティアの活動です。 1. 教会言語教室(英会話・韓国語・外国人のための日本語;只今休み中です。) 毎週日曜日午後3時から1時間(毎回500円で参加できます) 2. キッズ・ユースのための日曜学校(KIDS DREAM CAFE) 毎週日曜日11時半から12時半まで(一回100円献金) JOY CHURCHでは、日曜学校として教会での健全な子供の育成の一環として、KIDS DREAM CAFEを運営しています。小さいときから情緒豊かな子供、厳しい社会で生きるわが子をグローバルな観点でリーダーシップのある子供として育てることを教会のミッションとしています。 担当はそれぞれ専門の先生4人が担当しています。美術、リトミック、英語の先生です。 ●美術、図工、リトミックなどをもって子供の創造性を引き出す。 ●歌やゲーム、道具、アニメを用いての英語に慣れる ●振り付けやダンスをしながら楽しく遊び、自分を表現する ●聖…

続きを読む

JOY CHURCH 福岡教会へのアクセス

教会住所   〒812-0045 福岡市博多区東公園4-5NKS2F 電話   092-643-5534 E-mail   joyskan@gmail.com 位置   JR吉塚駅前の市民病院から道路挟んで真向側東公園入口 アクセス方法   JR吉塚駅から徒歩4分、地下鉄「馬出九大病院前」から7分、バスでは吉塚駅前、警察本部などから5分前後

続きを読む