10月行事案内

1.10月22日には、特別集会をします。大阪弟子教会の金沢牧師を迎えての集会です。元ヤクザから 牧師へ変えられた方の熱いメッセージです。誰でも自由に参加できます。それが終わると昼食もあります。すべては無料です。 2.10月29日、秋のJOY DAY! 宗像グローバルアリーナにて楽しいバイキング食事やスポーツなど楽しいひと時を持ちます。子供も楽しめる時間ですので皆さん参加願います。初めての方でも結構です。参加費は大人千円です。小学生以下は無料です。中高生は500円です。

続きを読む

春のJOY GOSPEL FESTIVAL&FELLOWSHIPの案内

韓国の若いクリスチャンバンドによるゴスペルライブと交流会に皆さんをご招待いたします。13日(日曜日)の午前中の礼拝から参加を歓迎します。昼食は韓国料理によるパーティと国際交流の場となります。ついでに翌日の14日の午前中はゴスペルワークショップも行います。この機会にイベントに参加してみませんか。13日参加予定の方はご連絡お願いします。参加費は無料です。 ◆3月13日(日曜日)  ●10:30〜11:30 礼拝中の賛美に「ヘイブン」参加  ●11:30〜13:30 韓国料理と国際交流  ●13:30〜14:40 ゴスペルバンド「ヘイブン」によるコンサート(JOY参加有り)  ★時間が許される方は礼拝の時間から参加してください。 ◆3月14日(月曜日)  ●10:00〜11:30 ゴスペル交流及び食事会(軽食無料) ◆開催場所&日時  ●場所 JOY CHURCH 福岡市博多区東公園4-5  ●電話 092-643-5534  info@joychurch.jp  ●担当(お問い合わせ等):ヤン   ★予約なしでも大丈夫ですが可能な方は一言よろしくです!(FACEBOOKにコメットでもOK)

続きを読む

<2015年最後の説教の要約:1年を振り返る>

1.感謝をささげるしかない一年だった 詩編32:10 悪者には心の痛みが多い。しかし、主に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。 サムエルジョンソンは、"感謝は高貴な人格をもった人だけができる。低い人格ではけっして感謝を発することができない。"と言いました。 不平不満の態度と姿勢を捨てることである。こういう態度を持ったままではどんなにお金や名誉があって決して幸せにはならない。あんなに多い感謝は見ないでよくないことばかりを見るのは何かがおかしい。自分はもっとひどくどんでもないのに人のことを不平不満、非難するのもどうだろう。批判する自分はどうなんだろう、私がその立場になったならばそうなるかもしれない。たぶんその人には何かがあったかもしれないと、思う力が必要ではないか。新しい年には不平不満、非難より感謝の人となろう。あなたが幸せになっていないのは、お金や環境が悪いからではない。あなたの態度や感謝の気持ちがないのが一番の原因である。感謝は(Thank)は英語のThink(考える)と似ている。つまり感謝は深く考えるときにどんどん出てくるものだということである。 一年間の神様の導きと守りに感謝しよう。その方は、”イザヤ48:17あなたを贖う主、イスラエルの聖なる方はこう仰せられる。「わたしは、あなたの神、主である。わたしは、あなたに益になることを教え、あなたの歩むべき道にあなたを導く。”としている。その方は私が行きたいん道にではなく、歩むべき道への導くと約束いている。一年間、私が行き…

続きを読む

真の幸せのための3つの平和(Ⅱコリント5:18-20)

1.創造主神との平和 :私たちの永遠なる幸せ、魂の幸せのために 5:18 これらのことはすべて、神から出ているのです。神は、キリストによって、私たちをご自分と和解させ、また和解の務めを私たちに与えてくださいました。5:19 すなわち、神は、キリストにあって、この世をご自分と和解させ、違反行為の責めを人々に負わせないで、和解のことばを私たちにゆだねられたのです。5:20 こういうわけで、私たちはキリストの使節なのです。ちょうど神が私たちを通して懇願しておられるようです。私たちは、キリストに代わって、あなたがたに願います。神の和解を受け入れなさい。 人間が自分の出所を知ること、自分のかえるどころを知ること、それがすべてのことのなかでも一番大事な知識であり、これがはっきりすると、もっと知恵のある人生を送ることができる。これがないか、崩れてしまうと、すべてがゆがみ、混乱するようになる。決して関係を切ろうとして切ることができない方との和解こそ、一番重要なことである。あなたを造り、あなたに最大の影響力を持っておられる神様との関係が正常であることが必要である。あなたが帰るべき方との関係をしっかり回復することが何よりも大事である。この方は、あなたの創造主、あなたの救い主、あなたの裁き主、あなたの永遠の助けぬし、保護者である。この方との不和は、あなたの魂に決定的な影響を及ぼすのである。あなたの体が元気だからすべてがよいわけではない。あなたの永遠に生きる魂が元気ではない限り、あなたは幸せとは言えない。…

続きを読む

JOY CHURCHのクリスマス案内

      <クリスマス案内>      ○ひにち:2014年12月21日夜5時から      ○場所:2階礼拝堂と1階カフェ      ○1部(17:00-18:00):クリスマス礼拝      ○2部(18:00-19:00):クリスマスパーティ      ○3部(19:00-20:00):クリスマスキャロル       ※子供たちにはサンタからのプレゼント有り       ※参加費:無料       ※ノンクリスチャンの方、大歓迎       ※予約はメールや電話で行なってもよいし、しなくても大丈夫です。 JOY CHURCHでは、2014年クリスマスの礼拝を上記のように開催いたします。 ○誰でも気軽に参加できる! ○予約なしでも参加できる! ○無料で参加できる! クリスマスは、教会で過ごすのが一番のことですね。 未だにクリスマスの意味がまったく分からない方がほとんどである日本において、クリスマスはただの遊びの楽しい時間だと思う方が多いですが、クリスマスはイエス・キリストがこの世においでになった、生まれた日です。 つまり、人間を救うために人間の罪を背負って十字架で死なれた、救い主が生まれた日なのです。だから、この日は教会で過ごすのが一番よいとのことですね。 ぜひ、教会に行ったことのない方もこのときを通して教会に来られるのはよいことではないでしょうか。 近くに教会がいれば、そこに一回行かれてみてはどうで…

続きを読む

「ゴスペル・教会紹介(At Fukuoka-shi and Kitakyusyu)」

<北九州 WORSHIP and GOSPEL NIGHT紹介> JOY CHURCHは、以下のように北九州での集会を行ないます。ゴスペル好きな人募集します。参加して一緒に歌いましょう。WORSHIP NIGHTに参加したい方、教会を探している方、または聖書などに興味のある方も大歓迎です。参加費は無料! 私たちは正統のプロテスタント教会です。癒されたい方、歌い方、ぜひ参加してください。 ◉ 場所:Katemusic Cafe(北九州西小倉駅から徒歩3分)  福岡県北九州市小倉北区大門2-3-6 葭本(ヨシモト)ビル1F Tel:093-561-8314 ◉ 開催日:11月14日(金)、28日(金)、12月12日(金)、23日(祭日、火曜日) ◉ 時間:夜7時半~9時(最長の時間) ◉ 内容:歌う(Sing)、癒される(Healing)、食べる(Eat)、学ぶ(Learn)、交わる(Fellowship) (S・H・E・L・F)時間になるように願っています。 ◉ 場所オープン:夜6時から9時まで ◉ 支援者募集:賛美やゴスペル等の歌・楽器等で参加できる方、祈り、参加者等 <福岡市 JOY CHURCH 活動紹介> ◉ 場所 福岡市博多区東公園4-5(東公園の市民病院側の入口付近) ◉ ゴスペルカフェ ゴスペルが好きな方のために毎週ゴスペル…

続きを読む

旧年・新年のリセット:エベン・エゼル

サムエル7:12そこでサムエルは一つの石を取り、それをミツパとシェンの間に置き、それにエベン・エゼルという名をつけ、「ここまで主が私たちを助けてくださった。」と言った。 新しい一年が始まった。この正月はある意味去年と今年の境目であるが、新しい年をリセットするときでもある。そのためにはまず一年をふりかえ、過去のことを整理をする必要がある。そうでないと過去に引っ張られ前に進めないからである。クリスチャンとして過去の正しい処理の方法は3つがある。1何目は、悔い改めることである。過去のすべての間違いや罪などはこの悔い改めを通して決別する必要がある。これこそ神様が人間に与えてくださった最高の過去整理法である。罪深い人間が前に向かって新しく生きるためには、つまり罪深い過去と決別できる方法はこれしかない。2番目が、赦しである。誰かを赦してあげないままでは永遠にその問題から離れることができない。誰かの間違いや問題、罪を許すことが必要である。3番目は感謝することである。良かったことも試練も、大変だったことも全て感謝することである。きょうのみことばのように神様がここまで助けてくださったと告白すること、それを記念して石を立てる、つまり感謝の印をしっかりすることが必要である。こういうことを通して私たちは去る一年を整理し、新しい一年を迎える必要がある。 また、新しい一年の出発点に立っている私たちは、一体どのようにして一年の航海をすることができるか。3つのことがなければ航海は失敗する。1番目は、どこに行くかと…

続きを読む

ファミリーゴスペルのメンバーのKBCラジオ番組出演

11月20日、12時半からKBCのラジオ番組に SEED OF JOYのファミリーゴスペルのメンバーが呼ばれ、出演するようになりました。10分間でしたが、まずamazing graceを歌った後、代表のさなえさんとの対談の形式でした。これからも大きく成長し、多くの方にゴスペルの感動を届けて欲しいですね。

続きを読む

サムエルの歌とメッセージ

きょうはサムエルさんが福岡の国際会議場での午後の行事参加のためにきまして、午前中JOYの礼拝で歌を歌ってもらいました。何とも言えない切ないというか、悲しそうで意味深い歌を歌ってもらい感謝でした。人生で悩んだ痕跡の強い歌が多かったですね。静かでありながら、とても迫力もある歌はよかったです。 JOY CHURCHでは、ゴスペルレッスンを昔から行っています。毎週、1,3週目の土曜日の午前10:30からJOY CAFEにて行います。1週目は自主練習、3週目は韓国からゴスペル講師が来て丁寧に教えてくれています。場合によっては個人レッスンもします。参加費などは1ヶ月1000円です。ぜひ近くにいて興味のある方は、随時見学もできますので参加してみてはどうでしょうか。 日韓ゴスペルコンサート ①https://youtu.be/N0CrUe2Clfs   ②https://youtu.be/768lRJAHh30 ⑶https://youtu.be/d2NE7-PkdGk JOYゴスペルチーム ①https://youtu.be/Cy84vtp0Kmk

続きを読む

短期宣教師、黄さんのお話

今週は香港から短期宣教師、黄さんがきましてきょう色々と証しをしてくれました。彼女は東北の被災地で1年間奉仕をしてからしばらく香港に帰り、その後また日本にきて東北でボランティアーした後、福岡にきてくれました。きょうは、彼女の信仰の証しや東北での活動などを話してくれました。とても純粋で只管神様のみことばだけにたより、しっかりそのみことばにしたがって生きるというのが印象的でした。またこれから神学に異黒いう話でしたので神様に大きく用いられることを強く祈ります。

続きを読む

人間をとる漁師(ルカ5:1-11)

1.群衆がイエス に押し迫るようにして神のことばを聞いたとき、イエスはゲネサレ湖の岸べに立っておられたが、 2.岸べに小舟が二そうあるのをご覧になった。漁師たちは、その舟から降りて網を洗っていた。 3.イエスは、そのうちの一つの、シモンの持ち舟にのり、陸から少し漕ぎ出すように頼まれた。そしてイエスはすわって、舟から群衆を敎えられた。 4.話が終わると、シモン に、「深みに漕ぎ出して、網をおろして魚をとりなさい。」と言われた。 5.するとシモンが答えて言った。「先生。私たちは、夜通し働きましたが、何一つとれませんでした。でもおことばどおり、網をおろしてみましょう。」 6.そして、そのとおりにすると、たくさんの魚がはいり、網は破れそうになった。 7.そこで別の舟にいた仲間の者たちに合図をして、助けに来てくれるように賴んだ。彼らがやって来て、そして魚を両方の舟いっぱいに上げたところ、二そうとも沈みそうになった。 8.これを見たシモン・ペテロ は、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ。私のような者から離れてください。私は、罪深い人間ですから。」と言った。 9.それは、大漁のため、彼もいっしょにいたみなの者も、ひどく驚いたからである。 10.シモンの仲間であったゼベダイの子ヤコブやヨハネも同じであった。イエスはシモンにこう言われた。「こわがらなくてもよい。これから後、あなたは人間をとるようになるのです。」 11.彼らは、舟を陸に着けると、何もかも捨てて、イエスに従った。 …

続きを読む

5月6日、JOY PICNIC

JOYでは5月6日、ゴールデンウィークの最後の日にPICNICに行きました。福岡から1時間くらいの佐賀県のどんぐり村に行きました。動物と触れ合ったり、散歩をしたりして楽しい時間を過ごしました。本当によい時間でした。よい天気に恵まれました。その後は近くにある北山ダムを周りを一周して帰りました。ダムの周りを走りながらリフレッシュすることができてよかったです。また、遊びに行きたいほど自然に囲まれた癒しの場所でした。

続きを読む

教会カフェの新設

教会のカフェをオープンしようということで祈ってきました。かなりの工事を経てやっと完成間近です。多くの方に気軽に来ていただけるカフェになるように、また平安と愛と仕えを感じるところであってほしいと願っています。 以下のように用いられればと願っています。 1.いのちの泉(ヨハネ4:13-14) ヨハネ4:13 イエスは答えて言われた。「この水を飲む者はだれでも、また渴きます。 14 しかし,わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。」 2.希望の灯台(詩107:30) 詩107:30波がないだので彼らは喜んだ。 そして主は、彼らをその望む港に導かれた. 3.憩いの場(マタイ福音書11:28) マタイ11:28 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。 4.繋がる架け橋(使徒17:19) 使徒17:19 そこで彼らは、パウロをアレオパゴスに連れて行ってこう言った。「あなたの語っているその新しい敎えがどんなものであるか、知らせていただけませんか.

続きを読む

カフェ工事のお知らせ

JOY CHURCHでは今カフェ工事を行なっています。 3月中には完成する予定です。 ゴスペルや伝道、言語教室など、用いられることを祈っています。

続きを読む

新年の挨拶のみことば(ヤコブ4:13-17)

13 聞きなさい。 「きょうか、あす、これこれの町に行き、そこに一年いて、商売をして、もうけよう。」と言う人たち。 14 あなたがたには、あすのことはわからないのです。あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現われて、それから消えてしまう霧にすぎません。 15 むしろ、あなたがたはこう言うべきです。「主のみこころなら、私たちは生きていて、このことを、または、あのことをしよう。」 16 ところがこのとおり、あなたがたはむなしい誇りをもって高ぶっています。そのような高ぶりは、すべて悪いことです。 17 こういうわけで、なすべき正しいことを知っていながら行なわないなら、それはその人の罪です。 新年おめでとうございます。2013年になりました。 よい時間を過ごしていることと思います。 今年は皆さんにとってもっとも素晴らしい年となることを祈ります。 先週、教会では去る一年の評価をしました。今週は、今年の計画を立てたいと思います。先週は去年のハイライトを10個書いてみました。 主がそこに関与してくださったこと感謝します。 ジョイチャーチでは、元旦礼拝を行いません。そこでその代わりに、一つみことばを送りたいと思います。それはヤコブ4:13-17です。 ある金持ちの話しですが、彼は多分、一年の初めにこのような計画を立てたかもしれません。今年は、お金をたくさんもうける計画を立てたようです。ただしここでお金を儲けることが悪いというこ…

続きを読む

Joy Churchのビジョンと理念

ジョイチャーチは、世界的に認められている正統性のあるプロテスタントの教会で多くの若者が中心となっている活気あふれる教会です。宗教臭い、または宗教怖いという根強い偏見や心配を持っている日本人にとって教会とはなかなか馴染みにくいところかも知れません。しかしそれとは裏腹に盛大なクリスマスのシーズンや今や癒しとパワーをもたらすゴスペル、誰もが結婚式は教会でという身近な存在にもなっているのです。どこよりも純粋で愛があり、本来の自分らしさを取り戻せるところだと思います。 この教会は開かれた場所でグローバル化を心かけ、多くの方の良さや才能を生かすことに力を入れています。信仰と愛と希望をもってこの世の忙しさや流れに飲まされずに人生を充実に生きていける力を養うことも大事だと思っています。またあまり考えたくない人間の弱さや死、死後のことも忘れずに今を生きる力にしたいと願っています。 強い絆で助け合う教会として互いの人間力、仕事力、グローバル力を高め、社会に貢献し、世界の一人として生きることができることを掲げて活動を行なっています。ぜひ皆さんも時間が許される範囲で教会の礼拝や聖書学び、各種のイベントなどにも足を運んでみてはいかがでしょうか。全く宗教臭くないパワフルなジョイチャーチは、皆さんのご参加をお待ちしています。

続きを読む

秋のJOYの野外BBQ

10月28日、JOYでは野外BBQ時間を持ちます。 恒例の行事ですが、多くの方の参加をお待ちします。 9時から礼拝を始め、10時前に終わり、10時20分には出発しようと思います。 場所は、東区の長谷ダムです。 参加費は、1000円ですが、初めて来られる方は500円です。 現地には11時ころ着くと思います。 教会に来るか、直接長谷ダムに11時までに来てもいいでしょう。 午後2時ころに解散しますが、希望者に限り、脇田温泉と篠栗の山奥のお茶屋、わらびやでのコーヒーの巡りもセットで企画しています。希望する方は、準備をしてください。セット企画への参加費は500円です。一部教会が補助します。 ちなみに、天気のことですが、今予報上は雨になっていますが、たとえ雨となっても強行します。 ただし、野外でのバーベキューは無理なので教会で焼肉パーティとします。午後の企画はそのまま行います。 2次回の参加有無は当日で結構です。 それでは、皆さんのご協力をお願いします。

続きを読む

みことばの暗記大会

<皆真剣勝負で頑張りました> きょうは久しぶりに暗記大会を開きました。みことばを暗記することの重要性を知るということで行いました。今回は確信の5つとAシリーズ、12個で行いました。実際神に移していくことにしました。結果は色々とありましたが、自分の暗記姿勢や暗記への意欲等を見ることができたのではないかと思います。普段、みことばに触れ、聖書を読み、重要で大事なみことばを暗記することは非常に重要なことだと思います。きょうは、岡本がー1点、つまり一文字間違いで一番よかったですね。ただ、1ヶ月後もう一度リベンジするチャンスを持ちたいなと思っています。今度こそ本当にバッチリできるように頑張りましょう。

続きを読む

ワシのような最高の青春 : 罪が赦され、赦すことができる人(詩103:3-5)

<みことば> 3主はあなたのすべての不義をゆるし、あなたのすべての病をいやし、 4あなたのいのちを墓からあがないいだし、いつくしみと、あわれみとをあなたにこうむらせ、 5あなたの生きながらえるかぎり、良き物をもってあなたを飽き足らせられる。こうしてあなたは若返って、わしのように新たになる。 <説教> 美しく健全な青春をおくることは、非常に大事である。人間がなぜ力が出てこなく、なぜ元気がないか、なぜ人生を虚しいことに費やしてしまうだろうか。人間に元気を失わせ、やる気や使命を失わせ、幸せや生きる意味をうしなわせることがいくつかある。私も昔こういうことに対する確信がなく、長い間さまよっていた。なんのために生きるか、なにをして生きれば良いのか、がわからなく、その故に人生はつらかった。したがって、お酒や異性、タバコなどを求め続けるようになった。しかしなにを探せばよいかがわからなかった。結局はそこからも解答は見つからなかった。そのときに、私は聖書に触れた。まさか考えてもなかったこの本から人生の新たな発見をするようになったのは本当に幸いだった。それから私はここにあるすべてを経験するようになった。 今考えてみると、私はこのみことばの通りの人生を生きるようになり、感謝である。それは、神様、イエス様との出会いだった。 あなたが神様に出会えば、あなたの人生は再び新しくなる。今までのさまよいから、今までの苦しみや不満足から変わるようになる。昔私もお酒が入ればな…

続きを読む

6月17日、JOY SPORTS DAYのお知らせ

JOYでは、,今週の日曜日の礼拝後、東区にある長谷ダムでバーベーキュをします。同時に、SPORTSも行います。多くの方の参加をお待ちします。どういう方でも歓迎します。礼拝は、朝9時から行い、9時45分に終わります。 以下 1.時期:6月17日(10時に教会から出発) 2.場所:東区長谷ダム 3.行事内容:バーベーキュとスポーツ 4.解散:2時半 5.その後、お風呂等行く方同士で行きますのでお風呂の準備をしてきてください。 6.参加費:既存のメンバーは1000円、初めての参加者:500円 7.お問い合わせ:092ー643-5534 8.担当者:堀川・前田 以上です。

続きを読む

JOYの復活祭

マタイ福音書28:1-7節で復活のイエス様から考えてみよう。キリスト教の存在理由、またはキリスト教が他の宗教と全く違う理由はなんだろう。それは十字架と復活である。十字架は人間の罪に対する神様の解決策であり、復活は人間の死に対する神様の解決策である。人間の根本的な悩みは、罪による様々な苦痛、そして死に対する不安や恐怖である。どの宗教に行って聞いてみてもこれらに対する哲学っぽい話しはあるものの、実際その解決に対する明快な答えはない。どういう宗教にも罪の解決に対する完全な解決策はない。イエス様のように人間の罪を背負って自ら罪の解決の道を見せてくれた宗教はない。ほとんどがよい行ないを持って罪を償っていくようにと話している。つまり、自分で頑張りなさいということであるが、それだけでは完璧な助けにはならない。釈迦や孔子などのすべての宗教創始者は全部死んでお墓の中に入れられている。それはそういう方も死に縛られる一人の人間であることを物語る証拠である。死んだ神を拝むのでは真の救いにはならない。生きている、しかも死をもコンロールできる真の生ける神を知るべきである。きっと、あなたの人生にも復活の奇跡の朝が訪れるだろう。イエス様の遺体をおさめたお墓の入口に置かれていた重い石が取り除かれたように、あなたの人生の前に置かれているどうしようもない、障壁や死の恐怖、苦しみ、暗闇の力もキリストの復活への信仰によって取り除かれるだろう。復活の生ける神の力による一筋の明るい光があなたの人生に注がれるに違いない。あなたの人生…

続きを読む

行いをもって信仰を全うする(ヘブル11:1-12)

きょうは教会で一年の計画書を作る時間を一日中持ちました。去年の反省と今年の計画、祈りリストなどを作りました。朝11時から午後5時までに頑張りました。まだ今年の計画を作っていない方は、メールでの添付(PEP表)を中心に行なってみてください。 <聖書箇所> ヘブル 11:1 信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。 11:2 昔の人たちは、この信仰のゆえに神に認められました。 11:3 信仰によって、わたしたちは、この世界が神の言葉によって創造され、従って見えるものは、目に見えているものからできたのではないことが分かるのです。 11:4 信仰によって、アベルはカインより優れたいけにえを神に献げ、その信仰によって、正しい者であると証明されました。神が彼の献げ物を認められたからです。アベルは死にましたが、信仰によってまだ語っています。 11:5 信仰によって、エノクは死を経験しないように、天に移されました。神が彼を移されたので、見えなくなったのです。移される前に、神に喜ばれていたことが証明されていたからです。 11:6 信仰がなければ、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。 11:7 信仰によって、ノアはまだ見ていない事柄について神のお告げを受けたとき、恐れかしこみながら、自分の家族を救うために箱舟を造り、その信仰によって…

続きを読む

<新年説教>行動するクリスチャン:3「行」信者として生きる(ヤコブ1:22-25, 2:20-24)

あけましておめでとうございます。今年も主にあって1つになり、ともに歩みましょう。以下の写真はJOYで行なったクリスマス関係の写真です。23日、カフェでのクリスマス会、25日の教会でのクリスマス会などの写真です。その後、新年説教が続きます。 <聖書本文> ヤコブ 1:22 また、みことばを実行する人になりなさい。自分を欺いて、ただ聞くだけの者であってはいけません。 1:23 みことばを聞いても行なわない人がいるなら、その人は自分の生まれつきの顔を鏡で見る人のようです。 1:24 自分をながめてから立ち去ると、すぐにそれがどのようであったかを忘れてしまいます。 1:25 ところが、完全な律法、すなわち自由の律法を一心に見つめて離れない人は、すぐに忘れる聞き手にはならないで、事を実行する人になります。こういう人は、その行ないによって祝福されます。 2:20 ああ愚かな人よ。あなたは行ないのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。 2:21 私たちの父アブラハムは、その子イサクを祭壇にささげたとき、行ないによって義と認められたではありませんか。 2:22 あなたの見ているとおり、彼の信仰は彼の行ないとともに働いたのであり、信仰は行ないによって全うされ、 2:23 そして、「アブラハムは神を信じ、その信仰が彼の義とみなされた。」という聖書のことばが実現し、彼は神の友と呼ばれたのです。 2:24 人は行ないによって義と認められるのであって、信仰だけによるのではないことが…

続きを読む

JOY感謝祭

イギリスで信仰の迫害を受けてホルランドへ"巡礼の道"を発った清教徒たちはアムステルダムとラングデンでしばらく信仰の自由を享受しながら住んでいた.その後イギリスのエリザベト1世が女王に即位すると(1558), 再びイギリスへ戻ろうと決心した. しかしイギリスのエリザベト女王は清教徒たちの入国を承諾しなかった. それで清教徒たちは故国の地に定着することができず,新たに大西洋を渡ってアメリカに行くことを決心した. 1620年 9月 29日イギリスの宗派主義者(English Sectanians) 60人, 乗務員 6人の101人(男72人, 女29人)がメイフラワー号に乗ってアメリカに向かって出発した. 2ヶ月後きびしい航海の結果、1620年 11月9日メサツセツ州ケープカード港に到着した. そこで彼らは飢えと寒さ, そしてインディアンの襲撃に対する恐怖の中で始めての冬を迎えたが約半数が壊血病, 肺炎などの疾病にかかって死んでしまった. 1621年 2月28日まで50人が世を去りほぼ毎日2, 3人ずつ死んだ. しかし清教徒たちは改革の意志と神様の祝福を受けるという一念でウィルリアムブレドポド(William Bradford)の指導の下、定着のため熱心に開拓した. 1621年3月からインディアンたちと清教徒たちの間に紛争もあったが, 相互協力及び不可侵条約を結んでインディアンたちからとうもろこしと小麦, 耕作法など多くの助けを受けるようになった. 特に清教徒たちは食糧不…

続きを読む

JOY FESTIVAL(収穫感謝祭)のお知らせ(11月20日)

JOY CHURCHでは、11月20日にJOY FSTIVAL(収穫感謝祭)を行ないます。収穫感謝祭は清教徒の人たちが一年努力して収穫した実をもってきて神様に感謝をささげ、また皆と分かち合った祭りです。私たちも皆と一緒にわいわい教会で時間を過ごしたいと思います。基本的には誰もが無料ですのでどうぞ多く参加をしてください。 1.日付:2011年11月20日(日曜日)   第1部(11:00~12:00) - 聖書と証し   第2部(12:0~13:30) - 料理と交流 2.参加費:無料ですが、ただし心のある方は、料理1品作ってきたら嬉しいです。 3.できるだけ国際的な交流や楽しい料理の時間になるように考えています。多くの方、誰でもご自由に参加してください。

続きを読む

JOYカンファレンスを終えて

JOYでは、10月29日と30日にかけて特別カンファレンスを行ないました。今回正樹先生にきていただき、楽しい時間を持つことができました。4つのメッセージをいただき、多くの感動と祝福の中で終わりました。力強いみことば、ありのままみことばに従って生きる姿を通して多くの恵みをいただきました。感謝します。人生の意味、神のために生きることの祝福、みことばへの正しい姿などを学びました。本当に力になったことと思います。ぜひ、そのみことばを聴いてくださいませんか?きっと大きな恵みとなるでしょう。感動すると思います。

続きを読む

カンファレンスのお知らせ(10月29夜ー10月30日夕方)

今回、10月の29日から30日の間にカンファレンスを開きたいと思います。今回はルーテルアワーのラジオで福音放送を長い間行なわれた正木茂先生にきていただきます。高齢にも関わらず若い人の信仰のために奉仕をしてくださり感謝です。日程は以下のようになっています。 1.日時:10月29日(土曜日):夜7時から8時半まで 2.10月30日(日曜日)   1)1セッション:11:00-12:20分   2)2セッション:13:30-14:50分   3)3セッション:15:30-14:50分 テーマは、最初の日から福音 結婚と家庭生活・主のために生きささげるとは・福音を伝えて生きる生活のことを話していただきますが、変更の可能性もあります。 最初の日は、誰でもいいので多くの方に呼びかけてください。 二日目は、既存のメンバーのための時間となります。 若い皆さんの人生によい恵みと成長への糧となると信じます。 そのためにそれぞれよい心の準備をもって参加するようにしましょう。

続きを読む

2回目JOY DRIVE(10月9日)の報告と10月16日の野外BBQの案内

この前の10月10日の休みには門司港のレトロに行きました。そこの焼きカレーがおいしいとの事で行って参りました。12人で行きまして確かに焼きカレーはおいしかったですね! 教会でもチャンレンジして作ってみたいくらいのおいしさでした。チーズと卵がのっていて非常に面白い味でした。その日はレトロの所を歩いたり、海をみながら時間をすごしたりしてゆっくりと楽しい一時を過ごして来ました。今度の日曜日はまた礼拝後BBQがあります。スポーツもできればと思っています。JOYはJOYでいいかな? 疑問がありますが、よく遊ぶのも信仰に必要だと思います。これからもJOYはJOYしながら信仰にも頑張りましょう。 今週日曜日(10月16日)の野外BBQは9時から教会の礼拝を始めて10時に礼拝終了、10時15分に教会を出発して小戸公園に行きます。そこからBBQとSPORTSをします。参加費は1000円、新しい方は500円です。誰でも参加可能です。

続きを読む