救われた者のあるべき姿(ピリピ2:12-13)

1.救いは新しく生まれることであり、コペルニカン レボルーションである。 皆さんは、イエス・キリストによって救われた者だと考えているのか、それとも救われたとは思えないのか。ならば、どういうことが障害物なのか。かなりの信じたという人の中でも、救いに対する誤解や異常がある場合が多くいる。きょうは、こういう問題をもって考えてみたい。 まず、この世の宗教には大きく分けて2つがある。仏教のように修行によって救いを受けることができるという宗教、これは人間が神に近づくために努力する追求の宗教ともいう。それに対し、キリスト教は、人間が神に近づくことは不可能だといい、逆に神が人間のほうに近づいてきたという宗教、時には啓示の宗教であり、神から無償で救いが与えられるという意味では恵みの宗教ともいう。 恵みの宗教を一番表しているのが、エペソ2:8-9である。基本的には、エペソ2:9によれば、行いによるのではなくキリストが十字架でしてくださったことを受け入れ、信じることによって救われるという約束を信じる人である。ここで、恵みとはギリシャ語で、「カリス」、「カリスマ」という。それは、値を払わずにただで与えられるプレゼントの概念である。 エペソ2:8 あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です。9行ないによるのではありません。だれも誇ることのないためです どころが、こういう救いという恵みはどういう人に与えられるかといえば、ヨハネ1…

続きを読む

人間の悲劇への共通の原因(創世記2:9-17,3:1-6)

2:9神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。 2:10一つの川が、この園を潤すため、エデンから出ており、そこから分かれて、四つの源となっていた。 2:11第一のものの名はピションで、それはハビラの全土を巡って流れ、そこには金があった。 2:12その地の金は、良質で、また、そこには、ブドラフとしまめのうもある。 2:13第二の川の名はギホンで、クシュの全土を巡って流れる。 2:14第三の川の名はヒデケルで、それはアシュルの東を流れる。第四の川、それはユーフラテスである。 2:15神である主は、人を取り、エデンの園に置き、そこを耕させ、またそこを守らせた。 2:16神である主は、人に命じて仰せられた。「あなたは、園のどの木からでも思いのまま食べてよい。 2:17しかし、善悪の知識の木からは取って食べてはならない。それを取って食べるその時、あなたは必ず死ぬ。」 3:1さて、神である主が造られたあらゆる野の獣のうちで、蛇が一番狡猾であった。蛇は女に言った。「あなたがたは、園のどんな木からも食べてはならない、と神は、ほんとうに言われたのですか。」 3:2女は蛇に言った。「私たちは、園にある木の実を食べてよいのです。 3:3しかし、園の中央にある木の実について、神は、『あなたがたは、それを食べてはならない。それに触れてもいけない。あなたがたが死ぬといけないからだ。』と仰せにな…

続きを読む

福音によって生かされ、福音のため生きる(ローマ1:14-17)

14私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債を負っています。15ですから、私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。16私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。17なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる。」と書いてあるとおりです。 1.福音のために生きる人の特徴 1)福音に負債意識を負っている人 福音とは、キリストがあなたの罪を赦し救うために、十字架の上であなたの罪を背負って死んでくださったこと、そしてそのイエス様をあなたの心に受け入れることで、あなたは救われるという約束である。  ・福音は恥ではなく、力であり救いである。   ・福音は信仰以外には自分のものとする方法がない。  ・知・情・意によって福音をしっかり受け入れる必要がある。知的に知るだけでは福音は始まらない。その福音が私のためであると感じるようになる必要がある。つまり、情がついてくることである。それができれば、受け入れたい意志が生まれるはずである。この情の問題は、聖霊の働きである。たまには、厳しい環境や試練を通して神様は一人の心の情の問題にタッチしてくださるのである。 2)最高のものを持つ者としての責任を感じる人 Ⅰペテロ1:18 ご承知のように、あなたがたが先祖から伝わっ…

続きを読む