テーマ:求道・入門

原始福音から見る神の愛と信仰(創世記3:14-16, 12:1-4)

3:14神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。 3:15わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪魔の信仰崩しの戦略(創世記3:1-7)

まず、みなさん動画を観ましたか。 何を感じましたか。どのように思いましたか。 もちろん、ここに出てくる内容がそのままではありません。あくまでも聖書の内容を中心に作ったアニメです。 参考にしてくれればと思います。ことばを聞くだけよりも、視覚的なことがあれば、もっとインパクトがあり、長く残ります。 悪魔は、絶えずクリスチャンを惑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信仰者の船出(人生を効果的かつ最大限に生きる秘訣)(1コリント9:24-27)

24競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 25また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。 26ですから、私は決勝点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファイナルアンサー(マルコ5:25-34)

この女は何歳なのかはわからないが、12年間も血が止まらない病気で苦しんでいた。当時はこういう血の病気は汚れた病気とされ、人からも遠ざけられていた。レビ記15章にはこういう人と接触すると、その人も汚れるとされる。またものもそれに触れると、汚れるとする時代であった。なので、人と接触してはいけない、本当にかわしそうな人だった。 レビ15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一年の振り返り(信仰の充電と放電)ローマ12章1-3

ローマ12:1そういうわけですから、兄弟たち。私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。2この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの喜び

きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。(ルカ2:11)  人々はクリスマスを楽しい日だと思う。たまに聖書がわかる人は、キリストの誕生と言う。もっと聖書が分かる人は、クリスマスは神が人間となった日と話す。それは人間を神に導くための唯一の方法とも理解する。つまり、神が人間となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異邦人の求めることと生き方(マタイ6:24-34)

●今日のお金の位置:神様同等の力や威力を持っている 間違いなくお金は生きていく上において必要なものであり、なくてはならないものである。お金さえあれば、信仰といのち以外はほとんど解決できるほどその力は大きい。したがって、多くの人はお金のために人生をささげるようになる。お金のためならいのちも考えずになんでもする人が多い。 ●お金が奴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマスの案内

今年のクリスマスの案内です。 12月22日土曜日の夕方4時半から始まります。 1部はクリスマス記念礼拝、2部はクリスマスパーティです。 誰でも無料で参加できます。 クリスマスは、教会で過ごすべきだと思います。 クリスマスの真の意味を知り、教会でクリスマスを過ごすというのは大いに価値あることと思います。 時間可能な方はぜひ参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むしろ感謝の中毒(コロサイ4:2)

最近、中毒の問題が大きな社会問題となっている。お酒やギャンブル、薬物、薬などの様々なことがある。一回この中毒にはまってしまうと、多くのことを失う。最初は、遊び半分で軽い気持ちで始めたのが、ついその奴隷となってしまい、簡単にそこから抜けることができなくなってしまう。一回その世界に入ると、自力では解決できない。その弊害については話をする必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の労苦は無駄ではない(Ⅰコリント15:58)

Ⅰコリント15:58 ですから、私の愛する兄弟たちよ。堅く立って、動かされることなく、いつも主のわざに励みなさい。あなたがたは自分たちの労苦が、主にあってむだでないことを知っているのですから。 きょうのメッセージは神学生の前田洋志兄弟です。 テキストはないのでご覧になりたい方は、以下の動画をご利用ください。 以下の写真は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見える世界、見えない世界のどちらを追求すべきですか(Ⅱコリント4:7-9, 16-18)

7 私たちは、この宝を、土の器の中に入れているのです。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものでないことが明らかにされるためです。 8 私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方にくれていますが、行きづまることはありません。 9 迫害されていますが、見捨てられることはありません。倒さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国に入る人の真の姿(マタイ3:5-10)

●バリサイ人やサドカイ人とは 今日も同じであるが、イエス様当時も神様を信じると言いながら、全く聖書の教えに相応しくない人たちが多かった。その代表的な人たちが、バリサイ人、律法学者たちである。彼らは、頭や口では、本当に素晴らしい信者のように見えたが、行動や生き方は、少しも神様に相応しくなかった。まずは高慢、偽善などが特徴である。それで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコデモの信仰と人格

●ニコデモのイエス様との最初の出会い ヨハネ3:3イエスは答えて言われた。「まことに、まことに、あなたに告げます。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」4ニコデモは言った。「人は、老年になっていて、どのようにして生まれることができるのですか。もう一度、母の胎にはいって生まれることができましょうか。」 ●ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「神様に知られているという恵み」ルカ福音書19:1〜10

今日の話しはクリスチャンになって長い人にとっては何度も何度も聴いた事のあるはなしです。 それはザアカイと呼ばれる人がイエス様に出会って人生が180度変わってしまった話しです。 ザアカイは取税人の頭と書いてますね。 取税人とは税をとりたてる仕事です。 当時ユダヤの国は、ローマ帝国の支配下でした。 ローマ帝国は、支配下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古き人を脱ぎ捨て新しき人を着る(エペソ4:22-24)

●この説教の動画は以下からご覧いただけます。https://youtu.be/XQJVN6dERLY <先週の復習>ダニエル書:①歴史という歴史、それは個人であれ国であれ神様が導く ②この世には信仰をもって生きていこうとすると、何らかの迫害や試練を伴う ③その中でもダニエルとその友たちのように妥協せずに行けば必ず勝利できる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニエルの夢から見る世界の歴史と教訓(ダニエル2:31-45)

きょうは、帝国の王の中でもおもにバビロンの王とその夢について考えてみる。動画を観たい方は次から観れます。https://youtu.be/z0x-CvACrq4 1)ネブガデネザル王の最初の夢(ダニエル2章):世界帝国の興亡盛衰の予言(アッシリア以外の4帝国) ●世界帝国歴史の聖書予言:アッシリア・バビロン・ペルシャ・ギリシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニエルと3人の友たちの信仰(ダニエル1:1-16)

ダニエル書は黙示録と一緒に難解な部分が多い。この部分の解釈が行き過ぎると、異端というレッテルが張られたりする。普遍的な解釈が必要である。 きょうからは、ダニエル書の歴史関連の学びをする。聖書のすばらしさを改めて考えることと思います。同時に、若いダニエルとその3人の友たちの信仰を考えてみたい。先週私が人間が神様に近づく道として、科学的接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生歴史の主管者(エレミヤ48:11-16)

'モアブはその幼い時から安らかで、酒が、沈んだおりの上にとどまって、器から器に、くみ移されなかったように、捕え移されなかったので、その味はなお存し、その香気も変ることがない。 主は言われる、それゆえ見よ、わたしがこれを傾ける者どもをつかわす日が来る。彼らはこれを傾け、その器をあけ、そのかめを砕く。 その時モアブはケモシのために恥をかく。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

救われた者のあるべき姿(ピリピ2:12-13)

1.救いは新しく生まれることであり、コペルニカン レボルーションである。 皆さんは、イエス・キリストによって救われた者だと考えているのか、それとも救われたとは思えないのか。ならば、どういうことが障害物なのか。かなりの信じたという人の中でも、救いに対する誤解や異常がある場合が多くいる。きょうは、こういう問題をもって考えてみたい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しみの時の人生の生き方(詩編32:1-11)

この詩編は、詩編51編と共にダビデの代表的な懺悔のの詩である。彼がウリヤの妻を強姦し、その夫を死なせてから、罪の重さで苦しみながら書いたのが詩編51編であり、それから少し安定を取り戻してからこの詩編32を書いた。彼はその罪によってさまざまな問題や試練、苦しみに出会った。この詩編32は、あの苦しかった罪、しかもどうしようもなかった罪の経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶像を断固と避ける(1コリント10:14-15、出エジフト20:3-4)

イスラエル民族がそこまで神に叩かれたのは、偶像崇拝の問題。 荒野で全滅したのも偶像の問題。 なぜ神が偶像に厳しいか、それについて考えてみましょう。 1.偶像の種類 1)見える偶像(像や形をしている) 2)見えない偶像(心の中で神様と争う、または神様を弱める存在) 1ペテロ4:3 あなたがたは、異邦人たちがしたいと思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の悲劇への共通の原因(創世記2:9-17,3:1-6)

2:9神である主は、その土地から、見るからに好ましく食べるのに良いすべての木を生えさせた。園の中央には、いのちの木、それから善悪の知識の木とを生えさせた。 2:10一つの川が、この園を潤すため、エデンから出ており、そこから分かれて、四つの源となっていた。 2:11第一のものの名はピションで、それはハビラの全土を巡って流れ、そこには金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福音によって生かされ、福音のため生きる(ローマ1:14-17)

14私は、ギリシヤ人にも未開人にも、知識のある人にも知識のない人にも、返さなければならない負債を負っています。15ですから、私としては、ローマにいるあなたがたにも、ぜひ福音を伝えたいのです。16私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。17なぜなら、福音のうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

十字架、人間救いの計画と完成(創世記3:15、ヨハネ3:16)

1.十字架の道 キリストが人間の罪を背負って十字架の上で死ぬことで、人間の罪を贖い(償い)、それを受け入れる人は、救われるというのが、十字架の救いの道である。 2.人間歴史の初めからの変わらぬ救いの方法 十字架の死による救いの道は、急にキリストが作り出したのではない。人間の初めから神様が人間の救いのために計画された人間救いのた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは救われた者ですか、それとも捨てられた者ですか(Ⅱコリント13:5-7)

1.質問 機械を長く使うために、また人間も長く元気に生きるためには点検が大切である。それで健康診断が必要である。信仰も点検が必要である。 1)あなたが信仰に立っているのか ①自分を信頼して生きるのではなく、イエス様を信頼して生きようとしていますか。(〇 △ ✖)  選択は祈りをしてからしっかり信仰に照らし合わせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国人として生きる人たち:マタイ20:1-13

このぶどう園は、天国の一断面を見せてくれる。いや、神様の国、いや教会に通う2種類の人々について例えをして話している。仕事を得ることができなかった彼らが、ブドウ園の主人によって拾われ、働けるようになった。しかしその人たちの中には、2種類の人々が出てきた。1種類は、ここまでして価値のない自分を条件なくブドウ園の働きに雇ってくださり、また働い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、信仰が失われ、神を忘れてしまうのか。(詩篇50:17-23)

詩篇の記者、アサブは神殿で賛美する責任者の偉い人である。 彼は、礼拝の賛美責任者みたいな人である。 毎回、彼は多くの人の神殿での儀式や礼拝のような集まりを見ていて、そこから信じるという者の問題点や堕落の様子を指摘している。 1番目、人々が神殿に供え物は持ってくるのに、心は持ってこないという、非常に厳しい指摘をしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死に教えられ、復活から答えてもらう(ヨハネ11:25-26)

ヨハネ1125イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。26また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか。」 イースターは、どういうことでしょうか。皆さんはご存知でしょうか。 イエス様の復活を祝うことですか。しかし、そのイエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝の告白か後悔の嘆きか

十字架上の七言 1: “そのとき、イエスはこう言われた。「父よ。彼らをお赦しください。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。”(ルカ23:34). 2: “イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」”(ルカ23:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

井戸で得た新しい人生(ヨハネ4:1-18)

1.背景 4 しかし、サマリヤを通って行かなければならなかった。 9 そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。―ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかったからである。― イスラエル人によるサマリヤ人へのひどい差別があった。 不通は、ユダヤ、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more