アクセスカウンタ

<<  2018年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
VIA DOLOROSAで出会ったイエス様(ルカ23:26-31)
26彼らは、イエスを引いて行く途中、いなかから出て来たシモンというクレネ人をつかまえ、この人に十字架を負わせてイエスのうしろから運ばせた。 27大ぜいの民衆やイエスのことを嘆き悲しむ女たちの群れが、イエスのあとについて行った。 28しかしイエスは、女たちのほうに向いて、こう言われた。「エルサレムの娘たち。わたしのことで泣いてはいけない。むしろ自分自身と、自分の子どもたちのことのために泣きなさい。 29なぜなら人々が、『不妊の女、子を産んだことのない胎、飲ませたことのない乳房は、幸いだ。』と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/25 15:20
「キリストの十字架から学ぶ信仰者の人生学」(イザヤ53:1-12)
イエス様は、2節で外側の外見においてまったく見栄えも輝きもなかったと書かれている。また3節に内面の精神的な面でも悲しみと蔑みでいっぱいであったとなっている。しかし、4節からの霊性においてはすごい面を見せてくださる。十字架での姿は実に素晴らしい。普通の人間は外側を注視し、内面の精神面は弱く、霊性は機能しないのか、しても弱いことが多い。イエス様とは真反対である。しかし、人間は深い霊において神様とつながるようになるので霊性こそ人間の根元であり、すべての力と祝福の源である。この霊が弱いと、だめである。人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/18 18:08
キリストの十字架上での7つのことば(マタイ27:42.46)
この7言は、イエス様が十字架の上で話されたことである。そこでは足と手が、体が釘で固定され、思い体が垂れていて少しも動くことができない時である。しかしイエス様はその瞬間にもしっかり仕事をされた。ならば、クリスチャンである私たちもいつまでも現役で働けるのである。何もできないその時も、ここまでできるので皆さんも死ぬその時まで働ける。定年したからすることがなくふらふらする理由がない。最近の日本において定年すると、本当に男はかわいそうな感じで家に閉じこもり、人間関係がなく厳しい人生を送る人が多い。男は仕事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/11 12:55
魂のオアシス、十字架(ヨハネ19:25)
ヨハネ19:25 兵士たちはこのようなことをしたが、イエスの十字架のそばには、イエスの母と母の姉妹と、クロパの妻のマリヤとマグダラのマリヤが立っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/03/04 15:03

<<  2018年3月のブログ記事  >> 

トップへ

JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡 2018年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる