アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「コラム」のブログ記事

みんなの「コラム」ブログ

タイトル 日 時
安楽の海に溺れて死んでいく自分を恐れること
「安んじている女たちよ、起きて、わが声を聞け。思い煩いなき娘たちよ、わが言葉に耳を傾けよ。 思い煩いなき女たちよ、一年あまりの日をすぎて、あなたがたは震えおののく。ぶどうの収穫がむなしく、実を取り入れる時が来ないからだ。 安んじている女たちよ、震え恐れよ。思い煩いなき女たちよ、震えおののけ。衣を脱ぎ、裸になって腰に荒布をまとえ。 良き畑のため、実り豊かなぶどうの木のために胸を打て。 いばら、おどろの生えているわが民の地のため、喜びに満ちている町にあるすべての喜びの家のために胸を打て。」 イザヤ書... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/15 20:29
十字架の道、十字架の敵の道(ピリピ3:17-21)
十字架の道、十字架の敵の道(ピリピ3:17-21) 実践 1) 私の主人はキリストと告白します。 2) 私の歩む方向を上り線に変えます。 3) 執着しているのは一つは何ですか、それを放棄する(主にゆだねる)と祈ります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 12:27
西中弁護士の本から考える
「同じように、若い人たちよ。長老たちに従いなさい。また、みな互に謙遜を身につけなさい。神は高ぶる者をしりぞけ、へりくだる者に恵みを賜うからである。」 ペテロの第一の手紙 5:5 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/08 20:37
祈らないということは、霊的死を選択したということ
クリスチャンがすべき大事なことの中でも一番重要なことであり根本的なことは祈りであるが、実に私たちの生活の中で一番無視されているのではないかという気がする。ほとんどの人たちは、祈りの実践を疲れさせる儀式として考えている。そしてその祈りの時間を最小限度に縮小させるか、しないことに対する正当化や弁明を作り安堵している。このような恐れからする心のこもっていない消極的で無気力な祈りは、祝福を導くよりは自分の呪いを増し加えるだけである(フランソワ・フェネロン) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 18:08
キリストの再臨の日の光景(ルカ21章)
25「また日と月と星とに、しるしが現れるであろう。そして、地上では、諸国民が悩み、海と大波とのとどろきにおじ惑い、」 26「人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。もろもろの天体が揺り動かされるからである。」ルカによる福音書 21:26 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/25 18:44
ことばと舌の力
ある設置美術家が「十字架にかける!」というタイトルの作品を作りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/04 19:18
信仰者にとっての小さいことへの忠実さ
「小事に忠実な人は、大事にも忠実である。そして、小事に不忠実な人は大事にも不忠実である。」 ルカによる福音書 16:10 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/27 18:30
1人にいるときのあなたが本当のあなたである。
人間は1人にいる時に本当の自分が出てしまう。誰かと一緒にいれば、その人の影響を受けるので本来の自分があまり出ないことが多い。悪さを意識的に抑え、よいものを出そうと努力するからである。しかし、人間は自分1人だけとなると、抑えていたのが、歯止めがなくなる。従って、人間の本当の姿はみんなと一緒にいる時ではなく、1人になった時に何ををするかを見れば簡単に分かる。1人になった時に、神様を意識してみんなといる時とあまり変わらない生活をするのか、それとも静かに頭を出して出てくる誘惑に負け密かな罪や悪に妥協する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 16:14
ダビデのソロモンへの2つの遺言
きょうのQT箇所を一緒に考えてみたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 19:02
キリストの弟子、キリストの吸血鬼
「それから、みんなの者に言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。」ルカによる福音書 9:23 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 18:26
好きな仕事・よくできる仕事・安定的な仕事・信仰に役立つ仕事
じょうずな仕事をする人を見たことがあるか。その人は王の前には立つが、身分の卑しい人の前には立たない。(箴言22:29) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/23 19:32
使命や仕事を立派に叶えるための要素(3C)
人間は一人だけではなかなか何かを実現することが難しくそう簡単には使命や仕事を立派に実現することはできない。そこまでではないが、ある程度形にすることさえも難しい。しかし、ある人たちは厳しい状況の中でも見事に大きな働きを実現する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 20:31
目標やビジョンの重要性とその必要性  
私たちの周りで成功している人たちのほとんどは、若い時から志、つまり目標やビジョンを立て、そして決断して実行していた人がほとんどである。身近には、この世の成功をした企業の社長らもそうである。霊的な面でも似たような人々が多い。つまり、目的のないまま流される人生、志もなくこの世の流れやお金に従って生きる、または周りの人たちに押されて生きる人生では自分の真の力を出すことができなく、もったいない人生を送るしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 19:02
黄色い手ぬぐいの実話
黄色い手ぬぐいの実話 3人の娘と妻を持ったビンゴは罪を犯してニューヨークの監獄で 4年を送りましたが、幸いなことに仮釈放され、今アメリカフロリダ州フォトラウドデの浜辺にある故郷ブロクリルに行くバスに身を乗せていました。しかし彼は非常に落ち着かない姿で席に座っていました。 それを見た隣の人が彼の都合を聞くと、やむ得ず彼は自分の状況を乗客らに詳細に説明しました。するとすべての乗客らもビンゴと同じ気持ちになってバスは沈黙に包まれました。今彼は自分の家に向かっていますが、果して自分の妻と娘たちが自分を受け入れてくれるかどうか... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/17 23:10
日帰りドライブ
日帰りドライブ 9月23日、教会の若い青年たちの日帰りドライブでした。佐賀の小城にある清水の滝周辺の観光でした。久しぶりの外出、こいとの出会い、見物など非常に楽しい時間でした。これからも色々出かけでみたい! 多くの写真を撮ったので右側の写真を観てください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/24 15:05
教会の夕食
教会の夕食 日曜礼拝の終わりに皆一緒に食事を食べるタイムです。 私たちは特別なことがないかぎり、日曜日には礼拝後に一緒に食事をします。 今週はカレーでしたが、色々なものが出てきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/15 08:14
猛暑と異常気候
日本の猛暑がどういうことなのか、その凄さが分かるこの頃ですね。約130名もの方がなくなるくらいの暑さにはただ呆然とします。特に今年の暑さは特別に凄いですね。中でも大変なのは暑さよりも実は湿気ですね。湿気のゆえに不快指数がかなり高くなっているからです。たしかに、この前釜山に行くようになりましたが、韓国も同じく暑いですが、湿気が少ないので全然気持ち悪くはなかったです。影に入るとすぐ涼しくなりました。アメリカもそうですね。砂漠のラスベガスを通るときも、日差しは凄かったのですが、影に入るとすぐ寒いほどで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/19 21:06
悪の平凡性
2次大戦の戦犯、アイヒマンの裁判がエルサレムで開かれ、そこで彼はこう抗弁しました。 ”私は命令に充実だっただけです。自分に下された国家の命令を充実に履行しただけで、自分ではなく他人でもその席にあった人はその任務を遂行したはずです” ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/20 10:16
荒野で育つ信仰
イスラエル民族は430年のエジフトでの生活(世の不信仰の支配)から解放されてから彼らには厳しい道が待ていました。それは大変厳しい40年間の荒野での生活でした。エジフトとカナンの間には絶対荒野があるということ、これを乗り越えて初めて信仰者として成長するということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/19 17:52
狼と狐
狼と狐 森の中の王、獅子が病気にかかると、多くの動物たちが見舞を来ました。ところで狐だけが見舞いの行列で抜けました。普段狐と仲が悪かった狼は良い機会だと思って獅子に話しました。“王のために森の中のすべての動物が見舞いに来たのに狐の姿だけ見えません。これは多分狐が前から王様に仕えるのを楽しまなかったからだでしょう” その言葉を聞いた獅子は激怒しました。そのとき、狐が現われました。外から狼の言葉を盗み聞きをした狐は落ち着いて言いました。“王様、私が遅く来たのは王様の病気を治療する薬を探すためでした”。する... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/13 12:14
結婚の原点
結婚の原点 最初のアダムとエバの結婚における神様の指針や原理はどういうことなのか勉強しえみましょう。 創世記2章18節から25節までを中心に考えてみましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/25 11:31
怠けの正体
私たちはよく怠けの人は仕事を全然しないという人と思います。反対に慌ただしくしているならば、怠けではないと勘違いします。しかし怠けの人も自分の好きな事は熱心にします。一日中ごろついてテレビだけ見る人がいるとしいましょう。ある日彼が一番好きなプログラムを見ているとき、急にテレビが故障してしまいました。彼はどのようにするでしょうか? すぐ起きてテレビ修理のために迅速に動くでしょう。重いテレビを持って修理屋に走るかもしれません。故障したテレビが彼を覚醒させて我に返るようにしたことでしょうか? そうではあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/09/16 10:49
不思議な裁判
ローマがイスラエルを支配する時でした。ローマの裁判官がイスラエル裁判所の裁判の姿を見に行きました。被告と原告がいて、先にそのうちの一人が言いました。“裁判官、私があの人の畑を買いまして、ある日畑を掘ると金塊がありました。私は畑だけを買っただけで金塊のお金を支払わなかったで、金塊は前の畑の所有者であるあの方のものです”。すると相手が言いました。“私はあの方に畑を売る時、畑にある土と石、草などのすべてを一緒に売りましたのでその畑にいた金塊もあの分のものです”。ローマの裁判官は本当に不思議な裁判だと思... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 11:26
一番愚かな人
ある家に僕一人が来ましたが、彼は非常に愚かな人でした。ある日主人はいたずらして彼に杖一つを与えながら “外に出て歩き回ってお前よりもっと愚かな者が見えたら杖を彼に与えなさい”と言いました。すると彼はその杖を受けて、 “主人様、用意ができていますか? 世を去る時にどのようにするか準備ができていますか?”と、主人に聞きました。主人は “いや、それはまだ準備していない”と返事しました。すると彼は “いや、人間は一日の旅をするときさえ完璧に準備するのに永遠の旅を発ちながら準備もしないのですか? こんなに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/05 11:14
無神論
無神論者と話す機会が多くあります。無神論の定義をはっきりしないと論じることが難しいときもありますが、一般には神の存在を認めないことといえます。しかし、無神論もある意味では、神を信じることはしませんが、何らかのことを信じて生きるという意味では、純粋な無神論とは言い難いかもしれません。しかし多くの無神論者と話しながらわかったことがいくつかあります。まず、彼らは聖書を読んだことも、聞いたこともあまりないということにびっくりします。詳細に聖書を調べたり、考えたりすることはあまりないということです。またあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/10 08:58
リンカーンの祈り
リンカーンの祈り エイブロヘムリンカーンは祈る大統領でした。南北戦争で北軍の戦況が不利になると1863年4月30日木曜日を「断食祈祷の日」として宣布して全国民の参加を訴えました。ある日、人気俳優ジェイムズモドックがリンカーンの招請でホワイトハウスに泊まったとき、夜明けになったとき、リンカーンの祈りの声に眠りから起こされたことがありました。リンカーンは兵士らを慰めるためにたびたび戦地を尋ねたがいつも切に祈りました。彼が祈る時間なら司令部幕舍の入口に‘白い手ぬぐい’がかけられていました。リンカーンは戦争が終わった後こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/05 10:24
結婚と愛
男女間の愛の期間は思ったより短いと言います。アメリカコーネル大学研究チームの研究結果によれば、男女が結婚すれば愛情を感じる期間が18ヶ月から 30ヶ月位という結論を得ました。この段階が終われば相手を見てもこれ以上胸がときめくとかは消えると言います。昔からハネムーンという言葉を使いますが、結婚後一定の時間が経てば、蜂蜜のような時間が平気になるからです。結婚後 3〜4年が経つと、破局を迎える夫婦が増えています。夫婦関係はいつまでも愛情だけ計算する事はできないのです。結婚には互いのために仕えることがな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/01 15:36
顔の変形
顔の変形 リンカーンは “人間の歳、四十になると自分の顔に対して責任を負わなければならない”と言いました。人の顔は自分の人生の内容によって作られるという話です。大統領になったリンカーンに、ある日友達が一人の要職に就く人を勧めてくれました。しかしリンカーンはその人の顔を見て断りました。その人の顔に真実性が見えないというのが理由でした。人は親が与えた顔を持って世の中に生まれますが、その後40年間の生きてきた人生の内容によって顔が変わってしまうということです。シェークスピールは “神様は私たちに善良な顔をくださ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/27 21:59
神がいないと話しなさい
東ドイツのある共産党先生が受け持っている教室で起こった実話です。彼は自分のクラス子供達に言いました。一人ずつ立って神はいないと言いなさいと言いました。それで子供皆がそうしました。先生が怖かったからです。しかしキリスト教家庭で育った8歳になった少女はそれを拒否しました。先生から激しく怒られました。しかし彼女はは最後までそれを言わなかったです。先生がまた怒りました。神がいないという文書を50回ノートに書いてきなさいと命じました。しかしその少女はそれも断りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/08 17:12
人間の悲劇と幸せ
イエス様は十字架にかかる前に逮捕されてから多くのことを話されましたが、なかでもほとんどは神様の御心に関する内容でした。私たちが大変なときこそ、神様の御心を考えなければならないのです。ある人は、私たちが神の御心を認めないか、受け入れないか、受容しないから、そこから悲劇が出発すると話しています。今のすべを神様の御心として受け入れるならば、そこから平安と幸せがあります。しかしそれを否定するような心になると、そこから葛藤が生じています。あなたの人生に起きたすべてを神の御心として受け入れてみてはどうですか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/09 07:46
母性愛と父性愛、キリストの愛
ある動物学者が母性愛と父性愛の中でどちらが強いのか試しました。残忍な試験でしたが、鉄板を熱くして鉄板周りに垣根を張って親猿と子猿を入れる実験でした。もちろん、逃げることができないようになっていました。まず、先に母親サルと子ザルを熱い鉄板に乗せました。しばらくして見ると、母親サルが死に、死んだ母親サルの背中の上に子猿が座っていました。母親サルが子のために死んだのです。今度は父親サルと子ザルを入れて見ました。同じくしばらくして見てみると、父親サルが子ザルの上に乗っていて、子ザルが死んでいました。これ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/28 22:47
阿蘇火山口で
阿蘇火山口で この前、親戚をつれて熊本の阿蘇火山口に行ってきました。そこの一番頂点には十字架模様のものがあり、写真を撮りました。そしてその後ろには、本当に熱いマグマの煙が上っていました。まるで、これが地獄だろうかという話をよくしますが、とにかく十字架と後ろの煙が妙な意味をもっているかのように見えて不思議でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/05/06 16:24

トップへ | みんなの「コラム」ブログ

JOY CHURCH(ジョイ教会)in福岡 コラムのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる