高慢と謙遜がもたらす結果(Ⅰ歷代21:1-3)

ダビデの人生における大きな罪 ➊性的な堕落(Ⅱサムエル11):ウリヤの妻で、エリアムの娘バテ・シェバを奪う。そしてその夫のウリヤを殺す。これは、肉の欲による罪である。 ➋人口調査(周りの全ての国を全部降伏させた):ダビデが王となり、周りの国々を征服し、国力が最高になったときに、突然人口調査を行った。これは、暮らし向きの自慢、つまり高慢の罪である。 ダビデは、男としてよくはまる二つの…

続きを読む

聖書的悪とは 성경적인 악이란

聖書的悪とは 詩編10:4   悪者は高慢を顔に表わして、神を尋ね求めない。その思いは「神はいない。」の一言に尽きる。 この聖書のことばには、かなり戸惑いを感じる。というのは、この聖句を逆に読むと、神を求めない者、「神はいない」という者は、悪人であるという話となるからである。しかし、この世には神を求めない者、神はいないという人の中には、よい人もたくさんいると思うからである…

続きを読む

感謝によって極められた信仰(詩編50:14-15)

先週、感謝リスト10個を書いて見ましたか。どうでしたか。 詩編50:14 感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ。15 苦難の日にはわたしを呼び求めよ。わたしはあなたを助け出そう。あなたはわたしをあがめよう。」 1. 感謝を失った人生 神様との関係にも同じ。感謝の心で生きる信仰者は、自分が幸せである。それは、他人を平安にする。神に喜ばれる。 人間関係にも、…

続きを読む

人間のむなしい思いと誤解(神の束縛から離れよう) 인간의 헛된 생각과 오해 (하나님의 속박에서 떠나자)

QT
人間のむなしい思いと誤解(神の束縛から離れよう) 詩編2:3 「さあ、彼らのかせを打ち砕き、彼らの綱を、解き捨てよう。」 4 天の御座に着いておられる方は笑う。主はその者どもをあざけられる。 多くの人は、縛られることを嫌がる。しかし、人によっては、縛られると思うこともあれば、人によっては守られている垣根と思うこともある。聖書の神はどうだろうか。人間を縛る方だろうか。それとも、人間を守…

続きを読む

「命の思い」・「死の思い」 「생명의 생각」・「죽음의 생각」

QT
「命の思い」・「死の思い」 ルカ24:37 彼らは驚き恐れて、霊を見ているのだと思った。38 すると、イエスは言われた。「なぜ取り乱しているのですか。どうして心に疑いを起こすのですか。 イエス様が復活されて、弟子たちのいるところに現れた。彼らはみんな驚いた。彼らはイエス様を見て疑いに包まれた。そして怖がり、平安を失い、心が乱れてしまった。もちろん、彼らは、のちにイエス様の話を聞いて平…

続きを読む

心が燃え熱くなる感動はどこから 마음이 뜨거워지는 감동은 어디서 오는가

QT
心が燃え熱くなる感動はどこから ルカ24:31 それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。 キリストが復活して、エマオに向かう二人の弟子に現れた。彼らは最近不可解なキリストの復活の出来事について話す最中であった。そこで、イエス様は二人にその復活のことを、聖書を用いて説明をし、やっと彼らは理解をした。そしてある家に泊まりに入ったときに、彼らの…

続きを読む

この世で一番運がよかった人 세상에서 가장 운이 좋았던 사람

QT
この世で一番運がよかった人 ルカ23:40 ころが、もうひとりのほうが答えて、彼をたしなめて言った。「おまえは神をも恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受けているではないか。42 して言った。「イエスさま。あなたの御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください。」43 イエスは、彼に言われた。「まことに、あなたに告げます。あなたはきょう、わたしとともにパラダイスにいます。」 イエ…

続きを読む