信仰者の船出(人生を効果的かつ最大限に生きる秘訣)(1コリント9:24-27)

24競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。 25また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。 26ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしてはいません。 27私は自分のからだを打ちたたいて従わせます。それは、私がほかの人に宣べ伝えておきながら、自分自身が失格者になるようなことのないためです。 ●信仰者の船出 2020年が明けました。船が出発するときはまずどこに行くかを計算して、すべてを定めて、それから船は出る。 大きい船がどこに行くか方向も目的も定めないでとりあえず動くというのはあり得ない。 私たちもこの船のように、一年間この世を航海するので、まずは目標と方向を定める必要がある。 1.なぜ計画が必要か ①立てないよりは一個でも有益があるはず 立てた計画のうち、どのくらい達成できるかわからないが、しかし、一個でも進むならば価値ある。あまりできないから計画立てること自体をしない人がいるが、それでも立てたほうがよい。 ②時間を大事にする(エペソ5:15-16) 時間を節約する方法:集中することと計画を持って臨む。 15そういうわけですから、賢くない人のようにではなく、賢い人のように歩んでいるかどうか、よくよ…

続きを読む